logo

ドコモ・ヘルスケアが健康経営支援のためのサービスを拡充 従業員の日々の健康データを見える化「健康サポートLink」の提供開始 ~健康経営のはじめの一歩を、手軽に歩数をフックとした健康増進施策から~

ドコモ・ヘルスケア株式会社 2017年04月11日 10時30分
From PR TIMES



 ドコモ・ヘルスケア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:和泉 正幸、以下ドコモ・ヘルスケア)は、従業員の健康データの管理サービス「WM(わたしムーヴ) for business」をリニューアルし、新たな法人向けサービスとして、従業員の日常の歩数や血圧、体重等の健康データをクラウド上で一元管理し、会社や組織の健康状態の見える化をサポートする「健康サポートLink」(URL:リンク)を2017年4月18日(火)より提供開始します。
[画像1: リンク ]


 近年健康経営の取り組みを模索する企業が増えていますが、その一方、「どんな取り組みをしたら良いのかわからない」「効果検証がしづらく、取り組みが一過性で終わりがち」「機器の購入や大規模なシステムの導入は避けたい」などの課題に悩む企業も少なくありません。ドコモ・ヘルスケアは本サービスにより、企業が健康経営に取り組むにあたって重要となる、従業員の日々の健康データを定量的に提供します。また特に歩数データについては、新たに歩数計等の機器を購入することなく従業員のスマートフォンで計測・蓄積出来ることから、健康経営のはじめの一歩として、歩数をフックとした取り組みを初期投資や運用稼働を抑えて実施することができます。

1.サービスの特長と導入メリット
1. 従業員のスマートフォンを活用することで、機器の購入や大規模なシステムの導入の必要なく、歩数をフックとした健康増進施策を開始できます(ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド(R)」や対応する歩数計での計測も可能)。
2. 従業員が計測した健康データはスマートフォンを介して日々更新され、最新のデータをもとにランキング化や分析が可能。健康施策の事務作業を簡易化できます。
3. 体重、血圧等のデータにも対応し、個人や組織単位での定量的な健康状態の現状把握が可能。施策の効果検証など、健康経営のPDCAに活用できるほか、従業員一人ひとりへの健康指導等にも活用できます。

 <活用例>
 ・ 従業員のスマートフォンを活用して、全社で組織対抗の歩数対抗戦を実施。
 ・ 産業医や保健師が、従業員一人ひとりの日々の健康データにもとづいて面談を実施。
 ・ 歩数やBMI値から運動不足の組織を把握するなど、組織別の健康データをもとに施策を立案・効果測定。

2.主な機能
1. 利用者(従業員)が計測した健康データを、クラウド上で一元管理
従業員が計測した歩数、消費カロリー、体重、睡眠状態・時間、血圧、体脂肪率等の健康データを、スマートフォンを介してクラウド上で一元管理。
2. 健康データはCSV出力が可能なほか、グラフ表示や集計(ランキングや組織単位の平均値確認など)が可能。
メンバーの登録情報の編集なども、管理画面から簡単にできます。
[画像2: リンク ]


ドコモ・ヘルスケアでは、これまで個人のお客様向けのヘルスケアサービスの提供と、会員数380万人を超える健康データプラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」の運営から培ったノウハウを活かし、健康サポートLinkをはじめとする、企業の多様な課題に対応するサービスラインナップで健康経営の推進をサポートしてまいります。

*ムーヴバンドは、ドコモ・ヘルスケアの登録商標です。
*健康サポートLinkのロゴは、ドコモ・ヘルスケアの商標です。


「健康サポートLink」サービス概要
1. 提供開始日
2017年4月18日(火)

2. サービスロゴ

[画像3: リンク ]


3. サービスURL
リンク

4. サービスの特長と導入メリット
1. 従業員のスマートフォンを活用することで、機器の購入やシステムの導入の必要なく、歩数をフックとした健康増進施策を開始できます(リストバンド型活動量計「ムーヴバンド」や対応する歩数計での計測も可能)。
2. 従業員が計測した健康データはスマートフォンを介して日々更新され、最新のデータをもとにランキング化や分析が可能。健康施策の事務作業を簡易化できます。
3. 体重、血圧等のデータにも対応し、個人や組織単位での定量的な健康状態の現状把握が可能。施策の効果検証など、健康経営のPDCAに活用できるほか、従業員一人ひとりへの健康指導にも役立ちます。

 <活用例>
 ・ 産業医が従業員一人一人の日々の健康データにもとづいて、面談を実施。
 ・ 組織ごとの健康データの傾向から、取り組みの必要な組織を把握。
 ・ 従業員のスマートフォンを活用して、全社で組織対抗の歩数対抗戦を実施。
[画像4: リンク ]


4. 機能・対応機器
1. 利用者(従業員)が計測した健康データを、クラウド上で一元管理
従業員が計測した歩数、消費カロリー、体重、睡眠状態・時間、血圧、体脂肪率等の健康データを、スマートフォンを介してクラウド上で一元管理。
2. 健康データはCSV出力が可能なほか、グラフ表示や集計(ランキングや組織単位の平均値確認など)が可能。
メンバーの登録情報の編集なども、管理画面から簡単にできます。
[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。