logo

クリニック向けの遠隔画像診断サービス「京都ProMed CL」をリニューアル。初期費用を無料化!

京都プロメド株式会社 2017年04月18日 18時45分
From 共同通信PRワイヤー

平成29年4月11日

京都プロメド株式会社 リンク

クリニック向けの遠隔画像診断サービス「京都ProMed CL」をリニューアル。暗号化通信によるセキュリティ強化、画像アップロードのスピード化、さらに初期費用を無料に!

 高品質、高セキュリティの遠隔画像診断を提供する京都プロメド株式会社(京都市上京区/代表取締役兼画像診断センター長:河上 聡)は、小規模医療機関(以下:クリニック)向けサービス「京都ProMed CL」をリニューアル。


【背景】
 CTやMRIなど検査装置の導入が増え、検査件数が増加し続けているにもかかわらず、医療機関では放射線診断専門医の数が不足しているという現状である。これを補うしくみの一つが遠隔画像診断サービスである。

 この遠隔画像診断サービスを導入するには、専用回線や設備を準備する必要がある。しかしクリニックや中小病院のように規模が小さくなるほど、初期投資やランニングコストの負担が課題となり導入が難しい。「読影は必要だがコストが問題なので、なんとか方法を考えてほしい」という要望に応え、京都ProMed CLを開発。
より多くの医療機関でご活用いただくべく、この度サービス内容をリニューアルした。

【京都ProMed CLについて】
 京都ProMed CLは、パソコンと通常のインターネット環境があればすぐに導入ができるのが特長である。従来のサービスでは画像送信や読影依頼に手間がかかる操作が多かったが、自社開発の専用ツールを使用することで画像の自動アップロードが可能になり、読影依頼時の手間も軽減した。これまでもセキュリティ面は十分に配慮していたが、今回さらに、一時的VPN接続と情報の暗号化通信により安全に情報を共有できるようになった。診断レポートは従来通り当日または翌日には返却。緊急時には1時間以内の対応もしている。

【画像: リンク

【詳細はこちらへ】リンク

【リニューアルポイント】
1.VPN接続、暗号化通信で大事な情報がより安全に

患者様名を含む読影依頼と診断レポート配信は、一時的VPN接続下で情報を暗号化して通信するため、安全に情報の共有・配信が可能に。

2.画像のアップロードをより早く、より簡単に

従来のサービスは画像送信に手間がかかり、読影依頼者の負担が大きかったが、今回、自社開発の画像アップロードシステムにより画像送信が大幅に改良。

3.初期費用を完全無料化 

自社での専用ツール開発により、導入費用を削減し、初期費用を無料化。また専用ツール導入による作業量軽減に伴い、一件あたりの読影料も標準タイプと同一料金に改定(値下げ)。

【代表からのごあいさつ】

「新しくした「京都ProMed CL」をぜひ、ご検討いただきたく思います。システムを自社開発できたことで、同時にこちらの手間も大幅に軽減できました。そのため、従来初期設定にかかった費用も不要となり、また1件あたりの読影料も通常のシステムと同じにできました。読影内容は当然従来通りであり、より多くの医療機関様に貢献できるかと思っています。」



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事