logo

熊本震災からもうすぐ1年、ブッキング・ドットコムも熊本の復興を応援!

Booking.com Japan K.K. 2017年04月10日 16時06分
From PR TIMES

~力宿る熊本県内のパワースポットと宿泊施設を発表~

[2017年4月10日:日本発表] 世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン 以下:ブッキング・ドットコム)は、熊本震災から1年に際し、復興応援の一環として、熊本県内に多く点在する各パワースポットをご紹介するとともに、ブッキング・ドットコムが各パワースポットの訪問に便がよく、且つレビュースコアの高い宿泊施設を厳選し、発表いたしました。今年は、熊本復興支援も兼ねて、熊本を訪れてみてはいかがでしょうか? カッコ内のデータは、ブッキング・ドットコムの約1億1000 万件以上あるレビューを元に算出しています(2017年4月6日時点)*。



[画像1: リンク ]


■熊本のパワースポット1.押戸石

[画像2: リンク ]

熊本県阿蘇郡南小国町の標高845mに位置しており、黒川温泉より車で30分のところにある、草原の丘に突如現れる巨大群です。ピラミッドの形をした巨岩石やシュメール文字が刻まれた石がいくつか点在しており、太古の自然の神秘な力を感じられる場所として知る人ぞ知る熊本県内のパワースポットです。

黒川温泉 お宿 のし湯(9.7)
リンク
[画像3: リンク ]

お宿 のし湯 は、1993年にゲートボール場があった場所に露天風呂を造ったところから始まりました。料理長が作るこだわりの料理は、産地にこだわらず全国からよいものを仕入れ、旬にこだわった食事を提供しています。家族やグループ向きの温泉付き離れや、大人限定の内風呂付客室など、プライベートを重視したい人には「離れ」もおすすめです。

お宿 華坊(8.5)
リンク
[画像4: リンク ]

季節を感じる料理は地のものを中心に提供しており、熊本の郷土料理、名物馬刺し、ニジマスや南小国のお米など、出来る限り熊本の食材を使っています。四季折々で様々表情を楽しむことができる露天風呂があり、全ての客室にも内湯や露天風呂が備わっています。

■熊本のパワースポット2.加藤神社

[画像5: リンク ]

加藤神社は、熊本市の熊本城内本丸にあり、熊本発展の礎となっている加藤清正公をお祀りする神社です。勝負運・学問・福徳円満 などのご利益があるといわれています。熊本城内ではありますが、現在加藤神社へのお参りは可能となっています。

ホテル日光熊本(9.1)
リンク
[画像6: リンク ]

ホテル日航熊本は市内中心部に位置し、熊本城を望む客室を提供しています。熊本城や官庁街、西日本最大級のショッピングアーケードにも徒歩で行くことができる絶景のロケーションです。ホテルはフランス料理の「レ・セレブリテ」、広東料理の「桃李」を併設し、「弁慶」ではすばらしい景色を眺めながら和食を楽しめます。

熊本ホテルキャッスル(8.5)
リンク
[画像7: リンク ]

熊本ホテルキャッスルは熊本城から徒歩7分に位置し、レストラン4軒、モダンな客室を提供しているホテルです。結婚式を挙げられるチャペルや、3種類の披露宴会場を設置してあり、フランス語で天守閣を意味するレストラン「トゥール ド シャトー」では、熊本城の雄姿を眺めながら、披露宴をとりおこなうことができます。

■熊本のパワースポット3.不動岩

[画像8: リンク ]

山鹿市北東、標高389mのなだらかな丘陵にある、3つの巨大な岩が不動岩です。この名の由来は、平安時代、山伏たちが山中にこもり、不動明王を神様としてまつり、修行したことに由来しています。不動岩は日本列島が出来るはるか以前、5億年以上も前の古生代の「変はんれい岩」からできており、太古からの神秘の力を感じることができるといわれる、パワースポットの一つです。

山鹿温泉 清流荘(9.2)
リンク
[画像9: リンク ]

天然温泉と足湯で有名な山鹿温泉清流荘は、菊池川沿いに位置する歴史的な宿泊施設です。豊富な湯量をたたえる山鹿温泉は、まろやかで柔らかな肌ざわりが特徴です。水鏡庵の情緒豊かな中庭には、足湯があり、誰でも気軽に利用することができます。

平山温泉 上田屋 本館(-)
リンク
[画像10: リンク ]

山鹿市に位置し、熊本市から31kmの平山温泉 上田屋 本館は、九州山鹿の奥座敷といわれる平山の丘の上に位置し、露天風呂から大自然を眺望することができます。また、日本の四季を感じられる季節の料理は人気で、熊本の海の幸、山の幸を贅沢に楽しむことができます。

■熊本のパワースポット4.阿蘇神社

[画像11: リンク ]

2500余年の歴史を持つと伝えられる阿蘇神社。阿蘇市内の一の宮町宮地の街中を通ると、大楼門が目に飛び込んできます。拝殿の右手には、古代より神石として伝承保存されている願掛け石がり、願い事が叶うといわれています。また、境内の右側には、縁結びの松「高砂の松」があり、男性は左から2回、女性は右から2回まわるとご利益があるとされています。

蘇山郷(9)
リンク
[画像12: リンク ]

蘇山郷は阿蘇内牧温泉街に位置する伝統的な和風の旅館です。レストラン「木漏れ日」では特別な和食の朝食セット、伝統的な和食料理の夕食を用意しています。1階にある和室の居間スペースと、小上がり風の畳スペースにベッドマットがあるタイプのデザイナーズルーム古里では、屋根付き露天風呂を備え、自然の景色を楽しむことができます。

親和苑(8.8)
リンク
[画像13: リンク ]

親和苑は、豊富な天然の泉源をもった100%天然温泉の静かな旅館です。自慢の料理は丹念に育てられた自家製栽培の野菜や旬の素材をふんだんに使っており、大自然の恵みを肌で感じ、味わうことができます。森の中の小道を通っていく露天風呂は格別で、途中には囲炉裏の休憩所もあります。

■熊本のパワースポット5.高森殿の杉

[画像14: リンク ]

阿蘇郡にある南外輪山の中腹、九州自然歩道沿いの牧野内の杉林の中にあり、注目を浴びている話題のパワースポットです。もともとこのあたりは、高森城主や家来が島津藩との戦いで敗れ自害し、お墓があった場所で、かつての高森城主が祀られています。幹周りが10mを超える1対の杉の大木は樹齢400年を超えるといわれており、最近では、縁結びの後利益があると評判です。

ホテル夢しずく(8.8)
リンク
[画像15: リンク ]

夢しずくには、日帰りで利用できる大露天風呂をはじめ、ゆっくりとくつろげる休憩スペースなどがあり、短い時間の滞在でも十分にリラックスすることができます。「和」を基本としたデザインの各部屋は、周りの自然と調和した、落ち着いた雰囲気で、阿蘇の水を満喫できる庭園も散策するにはもってこいです。少しぬめりがあり、まろやかに肌になじむおお湯は「美人の湯」とも言われ女性に人気の温泉です。

ホテルグリーンピア南阿蘇 (8.1)
リンク
[画像16: リンク ]

ホテルグリーンピア南阿蘇は南阿蘇村に位置し、中岳まで11kmのところに位置しています。天然温泉露天風呂をはじめスパ施設や地元で収穫した野菜や黒毛和牛を楽しめるレストラン、また式場や宴会場などの施設も整っています。お土産コーナーでは、熊本の各種名産品や地元で収穫された農産品など、熊本の産物をはばひろく取り揃えています。

日本におけるブッキング・ドットコム
2009年に渋谷に最初のオフィスを開設。現在約350名の従業員が日本国内のオフィスで働いており、内200名がインハウスのカスタマーサービスのスタッフです。国内に、6つのオフィス(東京に2ヶ所、大阪、福岡、札幌、沖縄)があります。現在、国内では約11,000軒以上の宿泊施設の予約が可能(2016年12月時点)です。

Booking.com(ブッキング・ドットコム)について
ブッキング・ドットコムは、ホテルをはじめとする様々な宿泊施設のオンライン予約における世界的なリーダーです。独立系の小規模宿泊施設から5つ星の豪華ホテルまで、お客様の旅行スタイルやニーズに合った宿泊施設を、最安値保証かつ予約手数料無料でご提供しています。当社の予約サイトは、40以上の言語に対応しており、パソコン、スマートフォン、タブレットなど様々なデジタル機器からいつでもどこでもアクセス可能で、227の国と地域、9万6,000ヶ所以上の目的地、そして115万軒以上の宿泊施設(うち約59万軒は長期滞在型宿泊施設)の宿泊予約が可能です。また、実際に宿泊施設に泊まったユーザーだけが投稿できるクチコミを1億1000万件以上掲載しており、観光・レジャー、ビジネスでのご利用と幅広いお客様のニーズに対応する宿泊予約サイトです。19年を超える経験をもとに、世界各国・184のオフィス、14,000名以上の社員、日本語を含む多

言語で対応する24時間対応のカスタマーサービスが、お客様に最高の宿泊体験を提供するべく日々努力しています。

1996年に設立した、Booking.com B.V.はBooking.com™(リンク)の運営会社で、The Priceline Group(NASDAQ: PCLN)グループのメンバーです。さらに詳しい情報は、リンクをご参照ください。また、Twitter、Instagram、Facebook、Pinterestの公式アカウントを開設しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事