logo

地震による電気火災を防止する「感震ブレーカー」普及への取り組み強化 業界初!感震機能付ブレーカー開発

日東工業株式会社 2017年04月10日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

平成29年4月10日

日東工業株式会社

地震による電気火災を防止する
「感震ブレーカー」普及への取り組み強化
業界初!感震機能付ブレーカー開発

 日東工業株式会社(本社:愛知県長久手市、取締役社長 佐々木 拓郎)は、業界初となる感震リレーとブレーカーが一体化した「感震機能付ブレーカー」を開発しました。
家庭用ホーム分電盤および産業用分電盤に取付け可能で、住宅以外の工場、飲食店などにも使用範囲が広がり、「感震ブレーカー」の普及促進に貢献します。

■ 感震機能付ブレーカーの主な特長
(1)感震リレーとブレーカーが一体のため、基本タイプのホーム分電盤と同じレイアウト、分岐回路数で感震機能の追加が可能です。<業界初>
(2)増設用タイプは既設分電盤の一次側(電線からの入力側)に取付け可能にしたことで、ホーム分電盤およ
び産業用分電盤などすべてのメーカーの分電盤に対応可能です。
(3)感震検知でブレーカーが動作した場合、ランプ点灯により漏電ではないことをお知らせします。<業界初>
(4)震度5強相当以上の地震波感知から自動遮断までの時間を3分、1分、即時より選択可能です。
(5)感震センサーに3軸加速度センサーを採用し、横揺れに加え縦揺れも検出可能です。

■ 販売目標  年間1万台(感震機能付ブレーカー、感震機能付ホーム分電盤)

■ 発売時期  平成29年8月発売予定

■  感震機能を搭載したホーム分電盤、増設ユニットの従来比較
新設用
【新製品】感震機能付ホーム分電盤
遮断時間 3分、1分、即時(切替可能)
感震遮断表示 感震機能によりブレーカーが動作した場合、ブレーカー投入時ランプが橙色に点灯
分岐取付スペース  必要なし
価格(円) 42,000(分岐10回路機種)~
【従来製品】感震リレー付ホーム分電盤
遮断時間 3分
感震遮断表示 なし
分岐取付スペース  2回路必要
価格(円) 47,100(分岐10回路機種)~

増設用 
【新製品】感震機能付ブレーカーユニット
遮断時間 3分、1分、即時(切替可能)
感震遮断表示 感震機能によりブレーカーが動作した場合、ブレーカー投入時ランプが橙色に点灯
既設ホーム分電盤  メーカーに関係なく取付け可能 
価格(円) 31,000(30A)~ 
【従来製品】感震リレー
遮断時間 3分(固定)
感震遮断表示 なし
既設ホーム分電盤   日東工業製ホーム分電盤
価格(円)20,500

■ 参考資料
感震ブレーカーとは
 一定以上の震度の地震が発生した時に、自動的に電気の供給を遮断し、電気が原因による火災を防ぐ機器全般のこと。
東日本大震災における火災原因の66%(※1)は電気関係の出火と言われており、大地震発生後の電気復旧時に発生する「復電(通電)火災」を防ぐ有効手段として、近年「感震ブレーカー」が注目されています。
電気火災発生を防止するために、内閣府の“首都圏直下地震対策検討ワーキンググループ”は、木造住宅密集市街地での普及率を25%以上に引き上げる目標を提言しており、「感震ブレーカー」の設置に関する補助金を出す自治体も少しずつ増えています。
※1. 大規模地震時の電気火災の発生抑制に関する検討会「大規模地震時の電気火災の発生抑制対策の検討と推進について」(平成27年3月)より
感震動作機能
・震度5強相当以上の地震を感知すると、設定時間の間電源ランプの点滅およびブザーが鳴動した後、ブレーカーを自動遮断します。
・地震波感知から自動遮断するまでの間に停電が発生すると、復電時にブレーカーを自動遮断します。
・停電後8秒以内に地震波を感知すると、復電時にブレーカーを自動遮断します。
復電(通電)火災とは
停電が発生し、その後電気が復旧した際、破損した電源コードなどに再び電気が通ることが原因で火災が起こる現象。
以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事