logo

連載終了に対する読者の嘆きに電子書店が呼応 異色の名作『ガタガール』の復活を応援!

株式会社ブックウォーカー 2017年04月07日 12時26分
From PR TIMES

マンガ誌「月刊少年シリウス」編集長公認RTキャンペーン



株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)では、2017年4月7日(金)より電子書籍総合ストアBOOK☆WALKERにて、株式会社講談社が刊行する『ガタガール』最新刊の発売を記念したキャンペーンを行います。

[画像: リンク ]


『ガタガール』は、マンガ誌「月刊少年シリウス」にて、2016年5月号から2017年4月号まで連載されていた作品で、「干潟」をテーマにした一風変わったマンガです。
「湿地帯の生物」を語るというマニアックなテーマと可憐な女子中学生ヒロイン。そのギャップと、「干潟」の話題になるとテンションが上がって饒舌になる、「ヤマガール(山系女子)」ならぬ「ガタガール(干潟系女子)」なヒロインの、ウザカワイさが大きな魅力です。

2017年1月末に、作者である小原ヨシツグ氏は、連載打ち切りと2巻が発売できないという危機に際して、自ら連載継続の嘆願をツイッターに投稿し、マンガファンのみならずマニアックな生物好きにも支持され、当初150程度だった本人のツイッターフォロワー数は10倍の1,500フォロワーまで増加。Amazonランキングで30,000位程度だった1巻も一時的に165位、講談社カテゴリーでは9位まで上昇する結果となりました(通称「ガタガール保全運動」)。
残念ながら連載自体は2月に発売した号で終了となりましたが、2巻に関しては、この運動の効果もあり、無事刊行されることが決定しました。

この一連の流れに対し、電子書籍ストアBOOK☆WALKERのコミック担当者が元々作品のファンだったこともあり、電子書店としてなんとか協力できないかと、講談社に直訴。「全力で作品を応援したい!」と水面下で交渉し、なんと、「月刊少年シリウス」編集長から「BOOK☆WALKERのキャンペーンツイートが1万RTに到達したら、シリウス本誌に『ガタガール』の特別編を復活掲載する」という約束を獲得しました。

また、同時に2巻刊行決定を受けて、1巻99円という大規模な価格施策を中心とした発売キャンペーンを展開します。
埋もれた名作『ガタガール』を知っていた方はもちろん、知らなかった方はこの機会に作品を知っていただき、ぜひ、連載誌への復活掲載のためにリツイートの協力をお願いいたします。


-----月刊少年シリウス編集長のコメント-----
打ち寄せる波のように、盛り上がりを見せる読者の皆さんの「気迫」を爽やかな潮風を感じる心もちで
しかと受け止めております。これがさらなるビッグウェーブとなって小原先生を再び舞台に立たせられたら、なんとも痛快だと思います。よろしくお願いします!

-----BOOK☆WALKERコミック担当者のコメント-----
いち書店ができることは限られています。BOOK☆WALKERだけで、連載終了を覆すほどの数を売ることはおそらく不可能でしょう。SNSが発達して、読者の気持ちや想いを作り手に直接届けることは、昔にくらべて容易になりました。作者と読者が直接繋がることも可能な現代の社会で、書店が存在する意味、書店ができることはなんだろうと、BOOK☆WALKERは常に考えてきました。
今回の10,000RTチャレンジは、著者や出版社と読者を繋ぐ役割を持つ書店だからこそ、挑戦する意義があることだと信じます。
「『ガタガール』をもう一度読みたい…!」
その想いをBOOK☆WALKERにぜひぶつけてください。


『ガタガール』応援企画 目指せ10,000RTキャンペーン
期間:2017年4月7日(金)0:00~2017年4月20日(木)23:59

1. 編集長公認 目指せ10,000RT
期間中に、該当のツイートが10,000RT達成したら、『ガタガール』特別編が月刊少年シリウスに掲載。ツイッターにて「#1万RTでガタガール新作」を検索。下記URLからも開くことができます。
リンク
RT方法:該当ツイート下部真ん中にあるRTボタン『↱↲』をクリックしてください。
※ツイッターへのログインが必要となります。

2. 描き下ろしデジタルメッセージペーパープレゼント
『ガタガール』2巻を購入で、小原ヨシツグ描き下ろしデジタルメッセージペーパーをプレゼント。

3. 特別価格99円
期間中、『ガタガール』1巻が99円で販売。

キャンペーンページはコチラから
リンク


「BOOK☆WALKER」とは:
出版社直営の総合電子書籍ストアです。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館をはじめとした、さまざまな出版社の人気の電子書籍を、スマートフォン・タブレット端末およびPCにてお楽しみいただけます。
今後も作品ラインナップの充実とともに、出版社直営の総合電子書籍ストアとして、新しい読書スタイル、より良いサービスの提供を目指してまいります。




プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。