logo

スタンプラリー開催に2/3の補助金。交付上限100万円。

ディグランド株式会社 2017年04月07日 12時40分
From PR TIMES

総額100億円のIT導入補助金対象サービスに認定されました(6月30日迄)



ディグランド株式会社が運営するMAPまとめアプリDigroundは、IT導入補助金対象サービスに認定されたことをお知らせします。
[画像1: リンク ]



【IT導入補助金とは】
ITツールを導入する経費の一部を補助することで、小規模事業者等の生産性向上を図ることを目的とした制度です。

【3つの安心ポイント】
◯ IT導入支援事業者(当社)が代理申請を行うので安心。
◯ 審査に通過したITツールなので安心。
◯ 契約締結は交付決定後なので安心。

【IT導入補助金対象 Digroundシリーズとは?】

補助対象となるのは、スタンプラリーやクイズラリーのような特殊なMAPを自由に作成できる、法人専用の編集管理システムです。作成したMAPは、連動するアプリケーション(MAPコレクションアプリDiground)上で公開・販売することができます。

[画像2: リンク ]



■4つの機能パッケージ

Digroundシリーズ(法人プラン)は、4つの機能パッケージから構成されます。

1.顧客コミュニケーション
2.条件付きクーポン配信
3.マーケティング管理
4.作成したMAPの販売

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



1. 顧客コミュニケーション

管理システムで作成した「スタンプラリー」や「クイズラリー」のイベント参加者(ユーザー)を対象に、プッシュ通知配信をすることができます。イベント参加者にプッシュ通知を配信することにより、次回のイベント呼びかけを効率よく行うことができるようになり、新規集客のコスト負担を軽減します。


[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



2. 条件付きクーポン配信

イベント参加者に向けて、位置情報と連動したクーポンの発行ができます。設定できる条件は、距離制限のほか、人数制限・時間制限です。使用例としましては、12月2日(時間制限)5名限定(人数制限)対象のお店から50m圏内(距離制限)の条件を満たすとクーポンを取得できる、といった設定が可能です。

[画像7: リンク ]


3. マーケティング管理

イベント参加者数・閲覧回数をリアルタイムで、管理画面上で確認できます。
「参加者数」の調査により集客の方向性が顧客のニーズと合致しているのかを確認することができ、「閲覧回数」の調査によりコンテンツの満足度を調査することができるようになります。 また、顧客満足度調査を実施することができます。

[画像8: リンク ]

4. 作成したMAPの販売

管理システムで作成したMAPに販売価格を設定して、アプリ上で販売することができます。電子的受注をすることで、従来のイベント会場において、人を配置せざるをえなかった「集金・代金回収業務」の負担を減らすことができ、多忙なイベント当日の進行をスムーズに進めることができます。
[画像9: リンク ]



【概要】
● 補助対象となる事業者様 中小企業、小規模事業者、商店街振興組合、特定非営利活動法人 等
● 交付申請期間 2017/3/31(金)~6/30(金) ※予算額100億円に達した時点で終了となります。
● 補助金額 導入費の2/3(上限100万円まで)
● 特設URL リンク

● お問合せはこちら
ディグランド事務局
担当:阿部
MAIL info@diground.com
TEL 03-4405-6802

ご質問やご相談など、お気軽にご連絡くださいませ。

[画像10: リンク ]


――――――――――――――――
【会社概要】

会社名:ディグランド株式会社
代表者:代表取締役 阿部 紘士
資本金:7,000,000 円
設立:2016 年12 月 1 日
所在地:〒164-0001 東京都中野区中野4丁目10−1
中野セントラルパークイースト1F(ICTCO・No.9)
TEL:03-4405-6802
Email:info@diground.com

【事業内容】

寄り道したくなる地図アプリ「Diground」の運営
●アプリ紹介ページ
リンク
●日本初!MAPまとめポータルサイト
リンク

対象アプリケーションのダウンロードはこちら
●iOSアプリの取得
リンク
●Androidアプリの取得
リンク

――――――――――――――

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事