logo

Hytera社 本質安全防爆携帯無線機『PD798Ex』の国内販売スタート

Hytera Communications Co.,Ltd. 2017年04月06日 17時04分
From PR TIMES

国内初のアナログ・デジタル/デュアル方式本質安全防爆携帯無線機 『PD798Ex』

ハイテラ コミュニケーションズ(Hytera、中国深圳)は、爆発危険箇所を有する一般業務用無線の利用企業向けに本質安全防爆携帯無線機『PD798Ex』の日本国内販売をスタートします。



[画像1: リンク ]

 Hytera社(リンク)は、世界初のデジタル・アナログ/デュアル方式防爆携帯無線機「PD798Ex」の国内販売をスタートします。同製品は、「本質安全防爆構造 (*1)」電気回路を有し、国内認定機関である(公社)産業安全技術協会の防爆検定のほか、国際防爆規格(IECEx)、欧州防爆規格(ATEX)、中国防爆規格(CQST)、米国防爆規格(FM)の検定にも合格しています。
 「PD798Ex」は、国際デジタル通信規格であるDMR方式 (*2)に準拠・設計製造されており、デジタル・アナログ双方の通信に対応するため、アナログ方式の業務用無線利用ユーザーに対し、無理の無いデジタル移行を促進する製品で、世界各国で導入が進んでいます。日本国内では、これまでは、このようなデジアナ方式の国内防爆認定機が存在しなかったため、今般の販売スタートに伴い、石油コンビナート、化学・製薬工場、石油備蓄基地、火力発電所等、爆発危険場所を有する一般業務用無線の利用企業各社からは、デジタル移行方式の一つとして、早くも注目されています。

本質安全防爆構造 (*1)
正常状態及び仮定した故障状態において、電気回路に発生するアーク又は火花及び熱がガス又は蒸気に点火するおそれがないようにした電気機器の防爆構造です。

DMR規格(*2)
ETSI(欧州電気通信標準化協会)によって、Professional Mobile Radio(PMR)ユーザー向けに策定されたデジタル・アナログ/デュアル方式無線の国際規格です。
[画像2: リンク ]


本質安全防爆携帯無線機「PD798Ex」の主な特長は次の通り。
▽TDMA 4値FSK2多重方式による、アナログ比40パーセント増の運用時間と明瞭なデジタル音声
▽クラス最高の防爆基準IICT4
▽人間工学に基づいた握り損じを抑える筐体デザイン
▽デジタル暗号化技術による、秘話性の向上
▽厳選した帯電防止素材の堅牢筐体
▽完全シーリング・カバー設計のPCB基板
▽最新のIoTデジタル技術による豊富な付加機能
(GPS動態管理、テキストメッセージ、非常警報、マンダウンほか)


[画像3: リンク ]


本質安全防爆携帯無線機「PD798Ex」の主な仕様・諸元は次の通り。
▽型式名称=PD798Ex VHF / PD798Ex U(1)
▽周波数帯域=VHF(136-174MHz) / UHF(400-470MHz)
▽防爆構造の種類=本質安全防爆構造(ib)
▽対象ガスまたは蒸気分類と温度等級=IIC T4
▽チャネル間隔=12.5/20/25 kHz
▽電波の型式=アナログ:F2D、F3E / デジタル:F1D、F1E
▽動作電圧=DC7.4V
▽送信出力=1W
▽外形寸法=約(H)141mm×(W)55mm×(D)39mm(バッテリ含、アンテナ除)
▽質量=約495g(バッテリー/アンテナ含)
▽バッテリー=1800mAh(Li‐ion)
▽運用時間(5-5-90サイクル)=アナログ運用時:約14.5時間 /デジタル運用時:約17時間 (GPS稼働時15時間)
▽防塵・防水=IP67準拠
▽MIL-STD(米国軍用規格)=MIL‐STD‐810 C/D/E/F/G
▽使用環境=動作温度:‐20℃~+50℃、保管温度‐40℃~+85℃

(製品カタログ)
リンク


準拠規格と指針 :
◆ 「工場電気設備防爆指針 (国際整合技術2015)」
(平成 27 年 8月 31 日、基発 0831 第 2号、
独立行政法人労働安全衛生 総合研究所技術指針、JNIOSH -TR -46 -1及び 46 -6)
◆ 「電気機械器具防爆構造規格」
(昭和 44 年 4月 1日労働省告示第 16 号)

Hytera Communications Co.,Ltd. について
 Hytera Communications Co., Ltd.(中国深セン市場・証券コード002583) は1993 年設立され、現在世界120カ国以上の国と地域をカバーする販売ネットワークを持ち、全世界に子会社 9 社 (米国、英国、ドイツ、ロシア、オーストラリア、ブラジル、香港、ハルビン、カナダ)、10のオフィス、5500名以上の社員を有しています。さらに世界の4000以上のビジネス・パートナーとの協力体制を通し、お客様ニーズに迅速に対応しています。 弊社は 、これまでに2000 以上の大規模プロフェッショナル無線通信ネットワークを構築、600万以上の法人顧客に無線通信ソリューションを提供し、PMR (Professional Mobile Radio) 通信業界の主力メーカーに成長しました。
 また研究開発部門には 1700人以上の技術者が所属し、収益の 15% 以上は新製品・技術開発に費やされ、世界の3つの 主要デジタル標準方式であるTETRA、DMR と PDT全てを提供可能な、数少ない一社です。


[動画1: リンク ]



[動画2: リンク ]




Hytera Communications Co.,Ltd.
ハイテラ コミュニケーションズ 日本総合窓口
〒101-0021東京都千代田区外神田三丁目6-1
URL:リンク



[動画3: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事