logo

新居探しに大活躍!住みたいエリアを指でなぞるだけ SUUMOアプリ「なぞって探す」がリニューアル 条件の絞り込み拡充、住戸の名寄せ等に対応し使い勝手が向上

株式会社リクルート住まいカンパニー 2017年04月06日 17時33分
From Digital PR Platform


株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:淺野 健)は、日本最大級の不動産・住宅情報サイト「SUUMO」のアプリ版で好評の機能「なぞって探す」をリニューアルしました。これにより、駅やエリアといった通常の物件探しと同様の詳細な条件絞り込みや住戸名寄せへの対応、一覧のサムネイル表示などユーザビリティを一層向上いたしました。

---

【SUUMOアプリ「なぞって探す」リニューアル概要】

賃貸物件の契約者のうち、部屋探しに利用した情報源として「スマートフォンサイト・アプリ」と回答した人の割合は29.6%(※弊社調べ「2015年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実際調査」より)に上り、その数は年々増加しています。そのような中、日本最大級の不動産・住宅情報アプリ「SUUMOアプリ」では、2012年の機能追加以来、気になるランドマークの近くや駅の特定の出口側など「なんとなくこの辺に住みたい」という条件で土地勘がなくても探せるわかりやすさ、そしてスマートフォンらしい操作感で人気の「なぞって探す」機能をリニューアルしました。

【「なぞって検索」リニューアルのポイント】

●検索条件の絞り込み機能の拡充
 “駅から探す”、”エリアから探す”といった通常の検索導線のときと同様、家賃や間取り、広さはもちろん、「礼金なし」や「家具付」、「女性限定」、「DIY可」といった人気のこだわり条件を設定して検索が可能に。

●住戸名寄せに対応
 同一の物件が掲載店舗別に複数表示されていたものを同一物件として一括りにまとめる住戸名寄せに対応。より多くの物件を効率的に閲覧できる。

●物件一覧のサムネイル表示
 これまで物件のピンをタップした際に駅徒歩と家賃のみが地図上に表示されていたものが、サムネイル表示で写真、間取り、面積、築年といった情報も一緒に表示可能になり探しやすさが向上。


【サービス概要】

■アプリ名: SUUMO-賃貸、不動産、住宅情報アプリ
■対応OS:iOS 8以上、Android 4.2以上(※iOS向けは現在申請中)
■サービス紹介URL:リンク
■利用料金:無料

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事