logo

サムスン電子の宋旼錫氏、Cogent Labsの取締役並びにディレクター・オブ・テクノロジー就任のお知らせ

株式会社Cogent Labs 2017年04月06日 16時00分
From PR TIMES

サムスン電子で機械学習チームを率い、同社による人工知能関連企業の買収案件の評価も担当した宋氏、Cogent Labsに参画。



[画像1: リンク ]


株式会社Cogent Labs(東京都渋谷区、以下コージェントラボ)は、サムスン電子の宋旼錫(ソン ミンスク)氏を取締役、ディレクター・オブ・テクノロジーに採用しました。

宋氏は、ビジュアル・ディスプレー部門の機械学習チームの責任者を務め、サムスン電子による人工知能関連企業のM&Aタスクフォースのメンバーとして、世界中のスタートアップの技術とビジネスモデルを評価していました。

サムスン電子での17年に及ぶキャリアにおいて、宋氏は、ビジュアル・ディスプレー部門の中に機械学習チームを創り上げ、研究・開発をリードしました。同時に、多国籍なメンバーから成り、多地域にまたがる、大規模なソフトウェア開発プロジェクトを、数多く管理した経験を持ちます。人工知能に関して広範な知識を持つことから、サムスン電子による韓国内外の人工知能関連企業のM&A検討において、重要な役割を果たしました。

宋氏
「非常に競争の激しいビジネス環境で成功するためには、最先端の技術を活用していくことが不可欠だと考えています。同時に、最先端の技術を実用化し、ビジネスに幅広く応用することも非常に重要です。コージェントラボには、その両方の要素があり、研究・開発とビジネスの双方の柱が魅力的です。

コージェントラボがお客様の困難な課題を解決しながら、人工知能分野における有数の企業へと成長し始めるこの時期に、ディレクター・オブ・テクノロジーとして、コージェントラボに参画できることに、大きな期待を抱いています。世界水準のリサーチとエンジニアリング・チームを擁し、ビジネスを理解しているコージェントラボなら、素晴らしい取組みを実現できると確信しています。」

コージェントラボは、2017年3月にシリーズAで13億円を調達し、研究・開発体制をさらに強化する一環として、宋氏の採用を位置づけています。

[画像2: リンク ]


株式会社Cogent Labsについて
コージェントラボは、人工知能を活用して人々の働き方や生活の未来を形作ることに取り組む、日本のスタートアップ企業です。実生活の課題を解決する、使いやすくて直感的なソリューションを提供することをミッションに、時系列データを活用した予測、情報抽出、自然言語と音声処理、強化学習など、多分野にまたがる専門性を活用することで、最新の研究内容を実ビジネスに応用します。

代 表:飯沼 純 / エリック ホワイトウェイ
所在地:東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA LAB
U R L: リンク

本件に関するお問い合わせ先
担 当: 大隅 文貴
メール: contact@cogent.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。