logo

ラドウェアがデータセンターからMicrosoft Azureへの容易な移行を支援

ラドウェアは、アプリケーション・デリバリ・ソリューションをクラウド環境に組み込むことが必要な企業に対して、Microsoft Azureで稼働するADC、Alteon NG仮想アプライアンス(VA)を発表しました。



(本リリースは、Radware Ltd. が 2017年4月5日に米国にて発表したプレスリリースの日本語訳です)

2017年4月5日ニュージャージー州マーワー:サイバー・セキュリティおよびアプリケーション・デリバリ・ソリューションのリーディングプロバイダーであるラドウェア:Radware(R)(NASDAQ: RDWR)は、アプリケーション・デリバリ・ソリューションをクラウド環境に組み込むことが必要な企業に対して、Microsoft Azureで稼働するアプリケーション・デリバリ・コントローラー(ADC:Application Delivery Controller)、Alteon NG仮想アプライアンス(VA)を発表しました。本製品には統合型移行ツールが搭載されており、クラウドの移行をシンプルかつ容易に行うことができます。

ラドウェアのAlteon NG VA for Azureを使用すると、プライベートおよびパブリッククラウドインフラにまたがってアプリケーションを利用できる一方、負荷分散機能やトラフィック管理機能を使用して業務用アプリケーションを利用するユーザーのQoE(クオリティ・オブ・エクスペリエンス)全体を改善できます。

このAlteon VAは、卓越した敏しょう性と優れた設置面積(フットプリント)パフォーマンス比を誇り、次世代型ADC機能を備えているため、Azure環境でアプリケーションをフル活用できます。Alteon NG VA for Azureでは、L7リライトからSSLオフロード、Webアプリケーションセキュリティに至るまで企業用アプリケーションの複雑な機能要件に対応しています。

ADCサービスは、数回のクリックでプライベートデータセンターとクラウド間を相互に移動させることができます。ラドウェアのvDirect自動化スイートを使用すると、ADCの場所(プライベートデータセンター、Azure、または他のクラウドソリューション上など)にかかわらず、トランジションコールを自動化でき、ある環境から別の環境に、コールを容易に相互転送できます。

ラドウェアのADC担当副社長Daniel Lakier は、次のように述べています。「統合型移行ツールが、クラウドベースADCの新たな付加価値となりました。」

「Alteon NG VA for Microsoft Azureで企業用アプリケーションのライフサイクルを補完し、オンデマンドでアプリケーションインフラの拡大縮小ができます。従量課金制で利用できるため、初期投資と運用コストを最適化できます。」

さらに、Alteon NG VA for Azureではアプリケーションのパフォーマンスやユーザーエクスペリエンスの監視を行うため、クラウド環境で提供するアプリケーションデリバリのサービス品質保証(SLA)を完全に制御できます。組み込まれたWebアプリケーションファイアウォール(WAF)と最先端のアプリケーションアクセラレーション機能により、アプリケーションはAzureで機敏に動作し、セキュアに保たれます。

マイクロソフトのコマーシャルコミュニケーション担当ディレクタAndrea Carl氏は次のように述べています。「Microsoft Azureの市場に、ラドウェア社のAlteon NG仮想アプライアンスが登場し、お客様の業務用アプリケーションのパフォーマンス向上のお役に立てることを喜ばしく思います。」

「データセンターとクラウド間で容易にADCサービスを転送できるため、企業は従来に比べて容易にビジネスニーズを満たすソリューションが備わったクラウド環境を整えることができます。」

ラドウェアのソリューションでは、あらゆるADC要因にわたる実用的パリティ機能と自動化ツールを組み合わせて、プライベートデータセンターとクラウド環境全体でアジリティを維持できます。自動化を通して、企業は自社の環境上で即座にADCサービスポータビリティが利用でき、あらゆるADCライフサイクル管理タスクをボタンをクリックするだけで簡単に行うことができます

Alteon NG VA for Azureは、Azure Marketplaceで簡単なアクティベーションプロセスを使用するBYOL(Bring-Your-Own-License)モデルが利用できます。

詳細については以下サイトをご覧ください。
Alteon NG VA for Azure: リンク

ラドウェアについて
ラドウェア:Radware(R)(NASDAQ: RDWR)は、仮想環境とクラウドおよびソフトウェア定義データセンターにおけるアプリケーションデリバリーおよびサイバーセキュリティソリューションのグローバルリーダーです。数々の受賞歴のあるソリューションポートフォリオで、IT効率を最大限にして、ビジネスクリティカルなアプリケーションを確実に実行できるよう高レベルのサービスを提供しています。ラドウェアのソリューションは、世界の10,000社を超える企業や通信事業者に採用されており、コスト削減と同時に、市場の課題への迅速な対応、事業継続および生産性の最大化に貢献しています。詳細については、www.radware.co.jp をご覧ください。


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
日本ラドウェア株式会社 広報担当:マーケティング
電話:03-5437-2371 メールアドレス:marketing@radware.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。