logo

Amazonプライム・ビデオで絶賛配信中の恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』いよいよ最終話まで残りあと4話!

アマゾンジャパン合同会社 2017年04月06日 10時00分
From PR TIMES

特別編「プレミアム・トークセッションSP~女性陣暴露大会編~」と「プレミアム・トークセッションSP~その後の2人編~」がラインナップに追加そのあらすじを発表

今田耕司氏と一緒に「プレミアム・トークセッション」を行う、
第9話から第12話までの豪華女性ゲストとコメントを発表



現在Amazonの恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』の第8話までをAmazonプライム・ビデオにて独占配信しており、第9話が4月7日より配信開始となります。本作はAmazonプライム会員のお客様だけでなく、全てのAmazon.co.jpのお客様が第1話と第2話をいつでもご覧いただけます。本編全12話に加えて配信される2つの特別編のあらすじと共に、今田耕司氏が司会進行を務める番組終了後の「プレミアム・トークセッション」の第9話から第12話までの女性ゲスト4名とコメントを発表します。「プレミアム・トークセッション」では、各話ごとに豪華女性ゲストを招いて、今田氏と共に番組を見ながら各々の恋愛価値観や過去のエピソードを交え、恋愛トークを繰り広げます。第9話は吉木りさ氏、第10話はIMALU氏、第11話は南海キャンディーズ しずちゃん氏、第12話は春香クリスティーン氏がゲストとして登場いたします。Amazonプライム会員は、Amazonプライム・ビデオの無料アプリを利用してお手持ちのAndroid/iOS端末、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、Fireタブレット、ゲーム機、スマートテレビにて視聴、またはダウンロードいただけるほか、オンライン(www.amazon.co.jp/bchr)でも視聴が可能です。

ついに最終話まで残り4話となり、終盤を迎えた『バチェラー・ジャパン』。一体どの女性が最後のローズを受け取ることができるのか。回を重ねるごとに緊張は高まり、張り詰めた空気が漂います。追加された2つの特別編内では撮影時の裏話や実際に現場ではどんな会話ややりとりが行われていたのかいう、リアリティ・ショーならではの”リアル”話をお届けします。

4月21日(金)より配信される「プレミアム・トークセッションSP~女性陣暴露大会編~」のあらすじは以下の通りです。
「バチェラー・ジャパン」総合プロデューサーの今田耕司が、毎回豪華なゲストを迎えて本作を語る「プレミアム・トークセッション」の特別編。豪華女性ゲスト吉木りさ氏、佐野ひなこ氏、高橋メアリージュンの3名に加え、なんと、これまでに番組に別れを告げてきた参加女性たち。名場面や珍場面を振り返りながら、「実はこのとき、こんな状況だった!」「このときあの子が嫌いだった!」など、これまで明かされていなかった毒舌トークを展開する。ラストにはバチェラーの久保氏も登場し、「あのときなんで私を振ったの!?」など、女性たちからの猛攻撃や、バチェラーの“思わせぶり”問題への恨みつらみを爆発させる。


4月28日(金)より配信される「プレミアム・トークセッションSP~その後の2人編~」のあらすじは以下の通りです。
「バチェラー・ジャパン」総合プロデューサーの今田耕司が、毎回豪華なゲストを迎えて本作を語る「プレミアム・トークセッション」の特別編。豪華女性ゲスト吉木りさ氏、佐野ひなこ氏、高橋メアリージュンの3名に加え、ラストエピソードでローズを受け取ることができなかった女性が登場し、叶わなかったバチェラーへの切ない思いを語ると、ローズの重みを知る女性たち全員が大号泣。その後、エンディングで結ばれたバチェラーと運命の女性が登場する。スタジオには、ある人物がサプライズで現れ、番組は思いもよらぬ新たなエンディングを迎えることとなる。
[画像1: リンク ]


「プレミアム・トークセッション」の女性ゲストとコメントは以下の通りです。

4月7日(金)より配信される第9話のプレミアム・トークセッションのゲスト、吉木りさ氏は次のようにコメントしています。
「最高に面白いですね!男女ともに同じ人数が参加するような番組はこれまでにもあったと思うんですが、たった1人の男性を25人の女性が奪い合うって、ものすごく見ごたえあります。参加女性の方はそれぞれ魅力的な人ばかり、その人たちのバトルは本当にリアリティがあります。凄いなぁと思ったのは、みんなハートが強いこと。メンタルにおいて、男性より女性が強いってよく言われますが、本当にそうだなぁって(笑)。また、回を重ねて見ていくなかで、この女性好きだなぁとか応援したくなる人も出てきました。それから、男性ってこういう言葉や行動をすると喜ぶのか!とか自分の恋愛の参考にしたくなることも沢山ありましたね。バチェラーの観察力にも驚きました。自分と一緒にいるときと、女性たちの中にいるときと、ちゃんと見ている。その人(女性)の本質を見ようとしているところが素敵、惚れちゃいます!」


[画像2: リンク ]

4月14日(金)より配信される第10話のプレミアム・トークセッションのゲスト、IMALU氏は次のようにコメントしています。
「アメリカバージョンのを見たことがあったので、番組自体は知っていました。ようやく日本でも番組が作られると聞いて、すごく楽しみにしていたんです。バチェラーの久保さんがとてもいいキャラクターで、かつとても紳士ですよね。久保さんはすべてを持っている男性、そういう人って自信があってちょっと鼻につくシーンとか出てくるのかな?って構えて見ていたんですが、久保さんはそれが全然ない!嫌みがない!素晴らしいキャラクター。参加女性のキャラクターもいいですよね。女性たちの嫉妬とか戦いって、自分が当事者になって巻き込まれるのは嫌ですけど(苦笑)、見ているのはすごく楽しい。面白いのは、最初はバトルを面白く感じていたのが、回を重ねるごとに人数が減っていって、その人の人生や久保さんの愛情が見えてくる、深くなっていく──前半と後半、感じることが違うのも見どころです。あと、デートの場所が豪華!ロマンチック!そして芸能界一のバチェラーである今田さんとのスタジオトークも楽しかったです。シリーズとして見ていきたいです。」
[画像3: リンク ]


4月21日(金)より配信される第11話のプレミアム・トークセッションのゲスト、南海キャンディーズ しずちゃん氏は次のようにコメントしています。
「みんなに見られている中で恋愛をするって、いったいどういう感覚なんだろう……って、最初は不思議な感覚で見ていましたが、女性たちのいろんな面が見えるのは楽しいですね。最初は25人という人数なので、全員をチェックするのは難しかったんですが、番組が進んでいくと人数も減っていくので、覚えやすくなりますし(笑)、その分、感情移入もしました。後半のエピソードには参加者の家族まで巻き込んだ「えっ!?」という内容もあって、ただただびっくりです。参加女性たちの結婚に対する真剣さがどんどん増していくのも興味深かったですね。デートの最中での女性たちの言動は、まるで漫画の世界というか、現実にそういうことやっちゃうの?という驚きもあって、自分も彼女たちのように行動できたらいいなぁと参考になりました。最初は1対25という設定に驚きますが、みんな真剣なので、回を追うごとに目が離せなくなります!恋愛したくなりました!」
[画像4: リンク ]


4月28日(金)より配信される第12話のプレミアム・トークセッションのゲスト、春香クリスティーン氏は次のようにコメントしています。
「ここまでやっちゃうの!?という驚きの連続、とても激しくてディープな女のバトルです!いろいろなタイプの女性がいるんだなぁと勉強になりますし、恋愛において、いろいろなアプローチの仕方があることも勉強になりました。私自身は普段、友人とそれほど恋愛について語ったりしないタイプなので、今田さんとのスタジオトークはとても緊張しました。でも、今田さんがご自身の恋愛経験を交えて楽しく話して下さるので、つられて恋愛観、結婚観を語っていました。私は極端な人見知りなので、もしもこの「バチェラー・ジャパン」に自分が参加したとしたら、速攻リタイアすると思います(苦笑)。この番組は、結婚をしたい男性と女性たちが参加しているわけですが、改めて結婚って(人生において)凄いことなんだなぁって思いましたし、女性って強い生き物なんだなぁっと感心しました。人を好きになると、人ってあんなに強くなるものなんですね。」
[画像5: リンク ]


『バチェラー(bachelor)』とは独身男性のことで、本シリーズではある一人の幸運な独身男性が真の愛を見つけ出すチャンスを得ます。25人の女性たちが彼の心を勝ちとるために競うドラマと情熱に溢れた最高にロマンチックな体験をバチェラーと一緒に視聴者までもがシリーズを通して体感、グループ・パーティーや二人きりのデートを経て、バチェラーは最後に自分に一番相応しいと思う女性を決めることになります。今回『バチェラー・ジャパン』のバチェラーに選ばれた幸運な独身男性は、成功を収めたIT企業の元社長で、素顔は気さくな久保裕丈氏(35)です。久保氏は先ごろ、自身が立ち上げたミューズコー株式会社を売却し、今は次の冒険を、そして理想の女性を追い求めています。

『バチェラー・ジャパン』公式SNSアカウント
■Instagram:リンク
■Twitter:リンク
■Facebook:リンク

Amazonは、プライム・ビデオのオリジナル・コンテンツ開発に力を入れております。ドラマ、バラエティ、ドキュメンタリー、キッズ向けの各ジャンルを含む、20本以上の新しい作品を発表しています。日本のプライム会員は、『仮面ライダーアマゾンズ』シリーズ、はぴまり~Happy Marriage!?~』、『宇宙の仕事』、『福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-』、『クレヨンしんちゃん外伝』シリーズ、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シリーズ、『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』、『石ちゃんのSAKE旅』、『バチェラー・ジャパン』などの作品をご覧いただけます。詳しくは、www.amazon.co.jp/PrimeVideoをご覧ください。

Amazonビデオについて
Amazonビデオは、プレミアムなオンデマンド・エンターテイメント・サービスです。お客様が、見たい作品を見たい方法でご覧いただけるよう多様な選択肢をご提供しています。
・プライム・ビデオ:数千本もの人気映画やテレビ番組、また、各賞を受賞したAmazonスタジオ制作による、オリジナル・ドラマ『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』、『高い城の男』、『トランスペアレント』、子ども向けシリーズ『タンブルリーフ』、日本オリジナル作品『仮面ライダーアマゾンズ』シリーズ、『はぴまり~Happy Marriage!?~』、『宇宙の仕事』、『福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-』、『クレヨンしんちゃん外伝』シリーズ、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シリーズ、『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』、『石ちゃんのSAKE旅』、『バチェラー・ジャパン』などを、Amazonプライム会員であれば見放題でご覧いただけます。また、現在プライム・ビデオは、www.primevideo.comにて世界の200以上の国・地域で視聴可能です。
・レンタルおよび購入:Amazonをご利用されるお客様は、数万本の新作映画やテレビ番組をオンデマンドでレンタルまたは購入いただけます。
・どこでも視聴:Amazonプライム・ビデオのアプリをご利用いただければ、対応するテレビ、モバイルデバイス、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、Fireタブレット、オンラインなどで、どこでも視聴いただけます。ご利用いただけるデバイスのリストは、リンクをご参照ください。
・プレミアムな特長:4KウルトラHDやHDRに対応。モバイルデバイスにダウンロードすればオフラインでも視聴いただけます。

プライム・ビデオに加え、Amazonプライム会員は、年会費3,900円(税込)で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで何度もご利用いただけるほか、100万曲以上の楽曲や何百ものプレイリスト、プライムラジオをお楽しみいただけるPrime Music、容量無制限に写真を保存できるプライム・フォト、毎月1冊無料でお読みいただけるKindle オーナーライブラリーのほか、タイムセールへの早期参加、プライム会員限定の特別セールへの参加や割引きなどをご利用いただける会員制プログラムです。プライムに関する詳細と30日間無料体験はwww.amazon.co.jp/primeをご覧ください。

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメントby Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindleダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fireタブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事