logo

この唄を歌うのは、ありがとうを伝えたい人がいる、「君」だ!UNISON SQUARE GARDENが君のためにオリジナルソングを創る

TOKYO FM 2017年04月06日 00時00分
From PR TIMES

『スクールソング プロジェクト supported by カルピスウォーター』『SCHOOL OF LOCK!』 毎週水曜23:10頃~ 『ユニゾンLOCKS!』

TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局で放送中の10代向け人気番組『SCHOOL OF LOCK!』(月-金22:00-23:55)では、UNISON SQUARE GARDEN(講師名:「鍵のスクール・ドクター」)のレギュラーコーナー、『ユニゾン LOCKS!』が4月5日(水)からスタートし、同時に『スクールソング プロジェクト supported by カルピスウォーター』を始動しました。『スクールソング プロジェクト supported by カルピスウォーター』は、日々誰かのために頑張っている「裏方のヒーロー」に唄でエールを送るプロジェクト。10代のリスナーから「いつも自分を支えてくれる人への感謝のエピソード」を募り、そのエピソードからUNISON SQUARE GARDENがオリジナルソングを創作、応募者が歌で届けます。どうぞお楽しみに!



[画像1: リンク ]

◆ユニゾンが創作するオリジナルソングを歌うのは、「ありがとう」を伝えたい人がいる、「君」。
UNISON SQUARE GARDENが講師をつとめる、水曜のレギュラーコーナー『ユニゾン LOCKS!』の初回の放送では、講師名が「鍵のスクール・ドクター」であることが告げられ、さらに、『スクールソング プロジェクト supported by カルピスウォーター』が始動しました。このプロジェクトでは、『SCHOOL OF LOCK!』の卒業ライブ「Whistle Song」への出演や、高校生バンドへライブ指導を行う企画「軽音LOCKS!」の講師などを経て、番組と繋がりの深いUNISON SQUARE GARDENが担当し、リスナーのエピソードからオリジナルソングを創作します。募集するのは、「日々、誰かのために頑張っている‘裏方’のヒーローのエピソード」。運動部の応援のために、毎日声を枯らして練習する応援団、100人の部員をたったひとりで支える野球部のマネージャー、縁の下や水面下で陰ながら支援してくれる顧問の先生。いつも支えてくれる人に伝えたい感謝の気持ちから、UNISON SQUARE GARDENがオリジナルソングを創り、応募者自身がサプライズで歌うことにより届けます。
応募の詳細は特設サイト(リンク)から。
プロジェクトについては、毎週水曜の『ユニゾン LOCKS!』内で放送していきます。どうぞお楽しみに。

【番組「SCHOOL OF LOCK!」とは】
[画像2: リンク ]


“全国の蒼き若者たちの未来の鍵(LOCK)を握るもうひとつの学校!”をコンセプトに、パーソナリティのとーやま校長・あしざわ教頭ほか、人気アーティストやタレントをレギュラー講師陣に迎え、TOKYO FM をはじめとするJFN38局ネットで放送中のラジオ番組。2005年10月の番組開始以来、ラジオとWEB、時にイベントや出版も連動させた内容でネット世代の若者を中心に支持を得ている人気番組です。
◇放送日時: 毎週月曜日~木曜日 22:00~23:55 / 毎週金曜日 22:00~22:55
◇放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット ※一部ローカル
◇ホームページ: リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。