logo

広東の観光産業一体化が着実に前進、予備的成果も

Tourism Administration of Guangdong Province 2017年04月05日 17時48分
From 共同通信PRワイヤー

広東の観光産業一体化が着実に前進、予備的成果も

AsiaNet 68081(0502)

【広州(中国)2017年4月5日新華社=共同通信JBN】広州の観光は近年、黄金時代に入り、産業の一体化が観光発展の現実的選択である。このため、広東省政府はオールフォーワン観光の開発を省の統一戦略に組み込んだ。

観光は110業種以上と関係がある。オールフォーワン観光は、ある行政区域で地域資源の有機的統合を実現し、産業開発を強く一体化し、全社会の参加を実現するために観光が有利な先導的業種の役割を果たすことを意味する。オールフォーワン観光は地域観光開発の新しい考え方、モデルであり、観光産業が総合的な経済・社会開発を後押しし、あるいは主導することを通じて観光と他の産業の徹底的な一体化が達成できる。

7つの都市と県、具体的には深セン、珠海、中山各市と恵州市の博羅県と竜門県、江門市の開平県と台山県が2016年、「National All-for-one Tourism Demonstration Zone(全国オールフォーワン観光実証地帯)」に選ばれ、指定された。

現在、観光統合開発の恩恵により、江門観光産業の予備的で有益な成果が明らかになっている。健康観光と産業観光の開発により、新会の陳皮(Pericarpium citri reticulatae)村では干した柑橘類の皮の小片が金のような価値があり、非常に多くの観光客が訪れる。中国農業発展銀行江門支店は観光産業に資金を投入、江門観光プロジェクトに56億人民元、Chikan Old Town(赤坎鎮)保全開発プロジェクトに19億5000万人民元を融資し、観光産業への資金誘導を助長している。台山の那琴半島は奇怪なギザギザの岩や珍しい景色を楽しめ、結婚の記念写真など撮影の名所になっている。江門のすばらしい景色はますます多くの若者を引き付け、人生の美しい瞬間を記憶させている。

広東省観光局のゼン・インルー局長は、広東は2017年、オールインワン観光開発戦略と緊密に連携し、沿岸都市、沿岸行楽地、冬のレジャー観光、海洋温泉、その他の新たな形態の開発を強化し、広東、香港、マカオ湾岸地区の世界レベルの観光地域の計画を立案して広東に最も美しい魅力的な海岸観光地帯を建設することに重点を置くと述べた。

ソース:Tourism Administration of Guangdong Province

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。