logo

LINE、本社移転を完了し、新オフィスにて営業を開始事業の成長に集中し更なる”WOW”を創出するオフィスへ

LINE株式会社 2017年04月04日 19時50分 [ LINE株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

全ての従業員が力を発揮できる環境を設備と制度の両面から提供



LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、2017年4月1日に本社を新宿に移転し、正式に営業を開始いたしましたので、お知らせいたします。
[画像1: リンク ]

LINEは、2011年6月のサービス開始以降、世界で利用されるコミュニケーションアプリへと成長し、世界中の人と人、人と情報・サービスとの距離を縮める「CLOSING THE DISTANCE」をミッションに、LINEを入り口として生活のすべてが完結する「スマートポータル」の実現を目指し、事業を拡大しています。それに伴い積極的な人材採用を行っており、現在の従業員数は1,438名(LINE株式会社単体・2017年4月時点)となり、商号変更を行った2013年4月時点の約500名から4年間で3倍の規模へと増加しています。急激な従業員数の増加により、本社の近隣ビル数カ所にわたって増床を行っておりました。

この度、本社を東京都新宿区に移転することにより、分散していたオフィス機能を一箇所に集約させ、従業員同士の一層のコミュニケーションの活性化および業務効率化を図ります。全ての従業員が事業の成長に集中し、生産性を高め、活躍できる環境をオフィスの設備と制度の両面から整え、新オフィスから更なる“WOW(感動と驚き)※1”を生み出し、挑戦を続けてまいります。

新オフィスの概要
占有フロア:地上32階・地下2階建てビルの内、地上15階から23階
延床面積:19,446.58m2  (約5,893坪)
所在地:160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー23階
移転登記日:2017年4月1日
入居人数:約1600名
入居するLINEグループ会社および関連会社:
LINE Business Partners株式会社、LINE Pay株式会社、LINEモバイル株式会社、LINE MUSIC株式会社、
キャンプモバイル株式会社、SNOW Japan Corporation

■主な新オフィスの施設・設備の特長
・コミュニケーションラウンジ、ワークラウンジ
各フロアに、簡単なミーティングができるコミュニケーションラウンジを設置。偶然顔を合わせた従業員同士が
気軽にミーティングを行うことができ、業務の生産性やスピードを高めることができます。
また、自席以外で集中して仕事をするための個室も備えたワークラウンジも設置しています。防音設備を施した完全個室もあり、電話やオンライン英会話レッスンなど多様な活用ができます。


[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]






・自由に高さを調整できる昇降式デスクを導入
自分の体型に合わせた高さのデスクで仕事をすることができます。立ったまま仕事をすることも可能です。
[画像4: リンク ]



・独自の会議室システム
来客会議室は、LINEのスタンプを送信することで、照明・空調などをコントロールすることができるシステム(※2)を導入。社内会議室では、設置されたタブレットから、予約状況の確認をしたり、直接予約を入れたりすることができます。また、人感センサーによって、会議室が無人の場合は自動で予約がキャンセルされ、会議室が予約されているものの実際には使われていない「空予約」を減らし、効率的な運用が可能です。(※2順次導入中、画面はイメージです)


[画像5: リンク ]



・ビデオカンファレンスシステム
全ての社内会議室には最新のビデオカンファレンスシステムが搭載され、海外オフィスとのミーティングを簡単に行うことができます。対面で会話しているかのような体験ができるテレプレゼンスシステムを備えた会議室もあります。
[画像6: リンク ]



・オーディトリアム
最大300人収容可能な会議室。会議のほか、勉強会や各種イベントを開催することもできます。


[画像7: リンク ]



・カフェ
リラックスする場・仕事に集中する場など、人によって多様な使い方ができるスペースです。コーヒー等のほか、昼食時には、お弁当・サラダ・スープなど、健康的な食事の販売も行っています。カフェではスマホのおサイフサービス「LINE Pay」を利用し、スマートフォンを使った決済で買い物が可能です。また、最新のゲーム機器のほか、ビリヤードやダーツなど従業員同士のコミュニケーションを活性化させる「ゲームラウンジ」、様々な雑誌や書籍から情報収集ができる「ブックギャラリー」、LINE FRIENDSのキャラクターグッズが並ぶ「LINE FRIENDS STORE」も併設しています。
(サラダ提供:株式会社ノンピ、スープ提供:株式会社スープストックトーキョー)


[画像8: リンク ]



[画像9: リンク ]

・みどりの保育園
0~2歳の乳幼児を預けることができる事業所内保育園を新設。教育と保育を組み合わせた、0歳児からの「エデュケア」を実践し、1人ひとりに向き合いながら子どもたちの才能や可能性を引き出し、グローバルに活躍できる人間の育成に努めます。保育士と保護者はLINEを使って子どもの様子や、登園・持ち物等の連絡を行う予定です。子育て中の従業員は安心して子供を預け、仕事に集中することができます。(運営:株式会社ポピンズ)
[画像10: リンク ]



・スタジオ
ムービー用、スチール用の2つのスタジオを新設。ムービースタジオは、ライブ配信サービス「LINE LIVE」の配信にも利用できます。動画のオフライン編集や試写ができるスペースも併設しています。
[画像11: リンク ]



■主な制度
・業務に集中するための従業員サポート制度
-備品の貸し出し、修理など、社員の困りごとをサポートする「LINE CARE」の設置
-就労ビザ等の手続き、不動産契約など、外国籍従業員のあらゆるサポートを行う専門部署の設置

・健康を維持するための制度
-500円でオフィス近隣の提携スポーツジムを利用できる補助制度
-サラダバー、スープバー、種類豊富なお弁当など健康的な朝食・昼食の手配
-健康診断の再検査費用の補助制度

・従業員の家族をサポートする制度
-ベビーシッター費用の補助制度
-妊活のための特別休暇付与および治療費を補助する制度
-事実婚・同性パートナーの慶弔規程適用

詳しい制度についてはコーポレートサイト内ライフサポート紹介ページをご覧ください。
リンク

LINEでは、今後も設備・制度の両面からの支援を拡充することにより、これまで以上に全ての従業員が事業の成長に集中し、コーポレートミッションである「CLOSING THE DISTANCE」の実現を目指し、ユーザーと様々な情報やサービス、モノとの距離を縮め、心地よい関係性を創出してまいります。


※1詳細は、LINEの価値観をまとめた「LINE STYLE」をご覧ください
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事