logo

IDT、信頼性と柔軟性を向上させ、システムコストを削減する最新のインダクティブ方式ポジションセンサーを発表

Integrated Device Technology, Inc. 2017年04月04日 18時50分
From JCN Newswire


SAN JOSE, CA, Apr 4, 2017 - ( JCN Newswire ) - IDT(R)(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、信頼性、柔軟性、保守性に優れ、システムコストの削減も実現する、高性能インダクティブ方式ポジションセンサーの新しい製品ファミリーを発表しました。これら3種類のZMID520xセンサー は、AEC-Q100 規格に準拠し、ISO26262 の ASIL-B の要件を満たす安全関連システムへの組み込みに対応します。

この最新式のセンサーは、車載、産業用、コンシューマ市場に理想的で、車両、ロボット、家電、スマート オートメーションなどの最終製品に使用できます。

ZMID520xセンサーは、安価なプリント回路コイルとシンプルな金属ターゲットを使用することで、通常、ポジションセンサーと共に使用される磁石を排除し、高い信頼性とコスト削減を実現します。さらに、IDTのインダクティブテクノロジーは、浮遊磁場―電磁妨害(EMI)の原因となる可能性があり、安全性に対するリスクを発生させる可能性のある寄生磁場の影響を受けません。高価で複雑なシールドも必要ありません。

「ZMID520x製品ファミリーは、ポジションセンシングの新しいスマートなアプローチです」と、IDTのオートモーティブ&インダストリアル製品部門のバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャ、Mario Montana は述べています。「私たちは、信頼性を向上しシステムコストを抑えるために、浮遊磁場の課題だけでなく磁石も不要にしました」  

柔軟な機械設計が、回転するシャフトの先端、サイドシャフト、リニア、アーク運動など、最小角度から360度まで可能になります。拡張性のあるコイル設計は、水平または垂直のいずれの方向での機械的なずれにも対応できます。センサーICは、+150度までの周囲温度でも動作し、埃や湿度などの過酷な条件にも耐えられます。さらにコイル自体が、150度を超える温度や、腐食性の液体やガスなどの、より過酷な環境におかれる可能性もあります。配線は3本のみで、センサーICをユーザーがプログラムすることができます。追加の配線や部品を必要とすることなく、最終的なシステムアセンブリを調整できます。

3種類のZMID520xセンサーの出力には、アナログ用のZMID5201、パルス幅変調方式(PWM)用のZMID5202、SENT(Single Edge Nibble Transmission)プロトコル用のZMID5203、と様々な出力を用意しています。ZMID520x製品ファミリーについては、こちらのビデオもご参照ください。 リンク 

IDT社について

IDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。RF、リアルタイムインターコネクト、ワイヤレス給電、シリアル・スイッチ、インタフェース、車載用ASIC、電源管理IC、センサーシグナルコンディショナICや環境センサーは、システムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器、車載、産業の用途向けに完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market(R)市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報は www.idt.com をご覧ください。Facebook、LinkedIn、Twitter、YouTube、Google+ でもお調べいただけます。

Facebook: リンク
LinkedIn: リンク
Twitter: リンク
YouTube: リンク
Google+: リンク

IDT、IDTのロゴおよびZMDIは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

<本プレスリリースに関するお問合せ先>
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-6453-3039
FAX: 03-6453-3011
E-mail: mayumi.honda@idt.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事