logo

【サイバー攻撃速報】Apache Struts2 脆弱性の公表から2週間後も攻撃は増加傾向15日経過後には世界各地からの攻撃増加を観測

株式会社サイバーセキュリティクラウド 2017年04月04日 13時00分
From PR TIMES



 株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大野 暉、以下「サイバーセキュリティクラウド」)は、各業界の企業に対してサイバーセキュリティに関する意識喚起をリアルタイムに実施するため、自社独自に集約したサイバー攻撃に関するデータを分析した「サイバー攻撃速報」を発表いたします。

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は3月8日(水)に、Apache Struts2に関する脆弱性を発表いたしました。Apache Strutsは、Javaのウェブアプリケーションを作成するためのソフトウェアフレームワークです。Apache Struts2 には、「Jakarta Multipart parser」のファイルアップロード処理に起因し、リモートで任意のコードが実行される深刻な脆弱性(CVE-2017-5638)が存在します。

 この度、Apache Struts2 の脆弱性を狙うサイバー攻撃が多発している状況に伴い、WebサイトやWebサーバへのあらゆる攻撃を遮断するクラウド型WAFのセキュリティサービス「攻撃遮断くん」にて観測した攻撃ログを集約し、分析・算出いたしました。
 本脆弱性を悪用する攻撃は、脆弱性発表から2週間経過後も増加傾向にあるため、脆弱性が発表された当初だけでなく、一定期間経過後でも注意が必要です。
[画像1: リンク ]

 また、国別の攻撃試行回数を計測した結果、当初は中国やアメリカからの攻撃が多数を占めていましたが、IPAがApache Struts2に関する脆弱性を発表して15日経過した3月23日(木)を境に攻撃元の国が増え、世界各地からの攻撃を観測しております。

[画像2: リンク ]

 今回の調査を踏まえ、本脆弱性の影響を受けるバージョンを使用している場合には、遠隔の第三者によってサーバ上で任意のコードを実行され、情報漏えい等の被害を受ける可能性があるため、修正済みのバージョンを適用することを強く推奨いたします。
 今後も各業界の企業に対してサイバーセキュリティに関する意識喚起をリアルタイムに実施するため、随時「サイバー攻撃速報」を発表してまいります。

「攻撃遮断くん」とは
「攻撃遮断くん」は、WebサイトやWebサーバへのあらゆる攻撃を遮断する、クラウド型WAFのセキュリティサービスです。開発から運用、サポートまで一貫して自社(国内)で実施しており、クラウド型のため保守・運用に一切の手間をかけることなく、24時間365日の高セキュリティを実現します。
サービス開始から約2年半で国内トップクラスのシェアを獲得し、NTTドコモ様やSBI証券様をはじめ、官公庁、大手金融機関など、業種や規模を問わず、多くの企業様に導入いただいております。

【株式会社サイバーセキュリティクラウド 概要】
■会社名       :株式会社サイバーセキュリティクラウド
■設立        :2010年8月
■資本金       :1億4,450万円 ※資本準備金を含む
■代表者       :代表取締役 大野 暉
■事業内容      :サイバーセキュリティ事業
           (1) Webセキュリティサービスの開発・運用・保守・販売
            (2) サイバー攻撃対策コンサルティング
■企業ホームページ  :リンク
■サービスページ   :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事