logo

アドバンテック、インダストリー4.0 フォーラムを4月21日(金)大阪にて開催

プレジデント チェイニー・ホー(Chaney Ho)が来日し、IoTとファクトリーオートメーションのトレンドについて講演



[画像1: リンク ]

産業用コンピュータの分野で世界トップシェアであるアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、社長兼日本地区最高責任者:マイク小池、以下 アドバンテック)は、4月21日(金)にナレッジシアター大阪駅前にて、「アドバンテック インダストリー 4.0 フォーラム」を開催いたします。

人類史上4回目の産業革命、つまり「第4次産業革命(インダストリー4.0)」 は、国内産業の経済成長を助長する要として近年注目されており、国を挙げて注力する分野となっています。経済産業省は、2016年にドイツ経済エネルギー省との間で「IoT/インダストリー4.0協力に係る共同声明」への署名を行いました。

インダストリー4.0、IoT、スマートシティを3つの軸としてソリューションを提供するアドバンテックは、本イベントにて「第4次産業革命」の実現に向けてのステップ、および日本の経済産業市場における将来のビジョンと取り組みについて、日本国内でIoTに力を入れているパートナー企業様をお迎えしてフォーラムを開催いたします。当日はアドバンテック プレジデントを務めるChaney Ho(チェイニー・ホー)が来日し、IoTとファクトリーオートメーションのトレンドとアドバンテックの取り組みに関する講演を実施いたします。また、経済産業省 製造産業局 参事官 徳増 信二 様より「第4次産業革命に向けた製造業の課題と政府の取り組み」についてお話いただく他、三菱電機株式会社、マイクロソフト株式会社、インテル株式会社を始めとしたパートナー企業の方が登壇いたします。

アドバンテック インダストリー 4.0 フォーラム 大阪 開催概要
1. 開催日時 2017年4月21日(金)9:30~17:20
2. 場所   ナレッジシアター 北館4階 (大阪駅より徒歩3分)
3. 住所   〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪

当日登壇予定のゲスト一覧
・アドバンテック プレジデント  チェイニー・ホー(Chaney Ho)
・アドバンテック インダストリアルIoTグループ アジアパシフィック ディレクター ヴィンセント・チャン(Vincent Chang)
・経済産業省 製造産業局 参事官 徳増 信二 様
・三菱電機株式会社 名古屋製作所 オープンプラットフォーム リード・アーキテクト 楠 和浩様
・日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 菖蒲谷 雄 様
・インテル株式会社 IoTアジア・セールス IoTマーケット・デベロップメント・ディレクター 佐藤 有紀子様   他多数

プログラム

[画像2: リンク ]



イベント特設ページ(参加登録もこちらよりしていただけます)
リンク

■ アドバンテックについて  - インテリジェント・プラネットの実現が我々の使命です -
台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界23カ国94都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。また、グローバルな物流IT市場で確固たる存在感を持つ独DLoG社や、カジノ向けゲーム機器の分野で実績のある英Innocore社をグループに取り込むなど、積極的なビジネス拡大にも取り組んでいます。

また、近年コーポレートビジョンである「インテリジェント・プラネットの実現」を具現化するスマートシティ&IoTソリューション・ビジネスの開拓に注力する当社は、積極的な製品およびソリューション開発に務めるとともに、インテル社ならびにマイクロソフト社をはじめさまざまなエコパートナー企業とのパートナーシップの強化を図っています。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、- インテリジェント・プラネットの実現 - が、我々Advantechの使命です。(アドバンテック株式会社 ウェブサイト リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事