logo

U-Boat Worx:  深海へダイビング可能、パーソナル潜水艇シリーズを発表します

U-Boat Worx 2017年04月04日 11時03分
From 共同通信PRワイヤー

U-Boat Worx:  深海へダイビング可能、パーソナル潜水艇シリーズを発表します

AsiaNet 68064

2017年4月4日、アムステルダム オランダの潜水艇メーカーU-Boat Worxが、個人の探検家や海洋研究機関向けに、深海探査が可能な新しい潜水艇5種を発表いたします。

リンク

リンク


新しいC-Researcherシリーズの深海潜水艇「C-Researcher 2」は2人乗りで、深度2,000メートルまで潜水が可能です。

3人乗りは480メートル、1,100メートル、および1,700メートルの深度で設計されていますが、2人乗りモデルにはまた深度500メートルの機種もあります。

C-Researcher潜水艇における主要な2つの技術的な革新は、 耐圧リチウムイオン電池技術と自動トリム重量システムです。

U-Boat Worxが独自に開発した電池システムは、鉛蓄電池を使用した従来の潜水艇と比較した場合、電池容量が350%増加します。 この技術は水深4,000メートルでの試験を完了し、コンパクトな電池モジュールに合計62 kWhを蓄電します。 豊富な電源により、より多くの強力な電動スラスターを利用し、ミッション時間を延長し、追加のライトを取り付け、また水面から海底までの移動時間を半分とすることが可能になりました。

C-Researcherの設計には、U-Boat Worxの特徴である、乗員向けに超広角の視野を取り入れています。 これは、アクリル製の球面を潜水艇の前面と自動トリム重量システムに配置することによって達成しました。

U-Boat Worxの創設者兼会長であるBert Houtmanは、こうコメントしています。「最新の技術革新を、世界最大の潜水艇フリートを設計、構築、そして操作してきた12年の経験と組み合わせて、当社の新しいC-Researcherシリーズは、スーパーヨットのオーナーや、深海調査コミュニティーに、水中探査のための最速、最高の性能、そして最も贅沢な潜水艇を提供します」

各潜水艇は、多数の安全機能を搭載し、優れた安全率で設計されています。 また、船級協会 DNV GL による独立した認定が、国際的認定と評価を保証します。

既存のU-Boat Worx潜水艇は、すでに世界のヨットオーナー、研究機関、そしてクルーズ船によって利用されています。 最初の新しいC-Researchersは、2018年夏に発売予定です。

###以上


モデルの概要

・C-Researcher 2 - 500 (リンク
・C-Researcher 2 - 2000 (リンク
・C-Researcher 3 - 480 (リンク
・C-Researcher 3 - 1100(リンク
・C-Researcher 3 - 1700(リンク


画像と仕様は、
www.uboatworx.com/pressroom をご覧ください。


U-Boat Worxについて

オランダを拠点とするU-Boat Worxは、最も高度な個人用潜水艇を構築し、21世紀の水中探査の基準を打ち立てています。 シリーズで構築し、数百もの部品を細心の注意を払って組み立て、市場でも最も安全で、最も贅沢な潜水艇を顧客に提供しています。


メディア連絡先:

マーケティング マネージャー
Roy de Boer  
+31(0)627979173  
press@uboatworx.com


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事