logo

Ruby on Rails 海外事情コラム > 第15回 Railsの習得が今でも良い選択肢である理由

CTC教育サービスはコラム「 Ruby on Rails 海外事情コラム > 第15回 Railsの習得が今でも良い選択肢である理由」を公開しました。

###
こんにちはー。野田貴子です。今月も海外のRailsブログで面白いものを意訳して紹介していきます。

今回はこちらのブログ記事を取り上げます。

『Railsの習得が今でも良い選択肢である理由』
(原題:Why Learning Rails Is Still a Great Choice in 2016)
リンク

たびたび似たような話題が登場しますが、Ruby on Railsの能力が高く人気が根強いことの証明ではないでしょうか。この記事の著者は初心者向けのRails勉強本も書いています。彼がRailsのどのような点に注目しているのかが、以下の要約にあらわれていると思います。

-----

Railsは12年以上も続いている。特にウェブ界隈ではソフトウェアは光の速さで変化しているにも関わらず、その中でRailsが生き残っている理由は何だろうか。今でもRailsを学ぶ価値があるのはなぜだろうか。

基本方針とビジョン
Railsの基本方針(Doctrine)がここにある。
リンク

Railsの主義を以下に引用する。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事