logo

建設現場の施工管理をICTで支援するサービス「Buildee」をリリース!

株式会社イーリバースドットコム 2017年04月03日 17時39分
From PR TIMES

~ 現場のペーパーワークを紙からクラウドへ 生産性向上に貢献 ~

株式会社イーリバースドットコム(本社:東京都江東区 代表取締役社長:高橋 巧 以下「当社」)は、建設現場での日々の作業内容や各種資機材の使用計画、各種帳票をクラウド上で作成・管理・共有することができる新サービス「Buildee(ビルディー)」(以下「本サービス)を本日より提供開始しましたのでお知らせいたします。



■背景と目的
建設業界ではアベノミクス及び2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックによる需要増加により、建設ラッシュが続いている一方、技能労働者の高齢化や新規入職者の減少が急速に進み、建設現場での人手不足の解消と生産性の向上が大きな課題となっています。近年、タブレットやスマートフォンの普及により建設現場での活用が進んでおりますが、いまだに紙やエクセルを使った工程管理や帳票作成を行う現場は多く、ゼネコンやサブコンの現場担当者の負担は年々大きくなっています。

当社は建設現場の生産性向上への支援を目的に本サービスを企画・開発し、昨年秋にβ版をリリースいたしました。本年より複数の建設現場で試験運用が始まっているほか、ICT活用に積極的な鹿島建設株式会社様では2017年度中に全建築現場で導入することを目標に本サービスの本格採用が決まっており、その他複数の大手ゼネコンや大手ハウスメーカーでも導入に向けた試験運用が今後計画されております。

■本サービスの概要
ゼネコンやサブコンの現場担当者が毎日行う工程管理のほぼ全ての作業をWeb上で行うことができます。作業計画や現場配置計画、ゲート・揚重機・資機材の使用計画、現場の巡視記録などをタブレットやスマートフォンの画面から作成することで、簡単に情報共有と帳票出力が行えるようになり、毎日の作業の連絡調整会議もスムースに実施することができます。また、ゼネコンやサブコンの本社や支店管理者は、導入中の現場の工程管理実績を一覧で参照することができ、現場情報を分析し調達計画などに活用することができます。

<その他の特徴>
・マルチデバイス対応
・iPhone/Andoroid アプリの提供(2017 年度中に提供予定)
・1 つの ID で異なるゼネコンの現場画面にもアクセスが可能(サブコン向け機能)
・マスタの管理
・電子承認
・安全パトロールの記録と是正管理
・帳票カスタマイズ(有償)

<価格>
・初期費用 1 支店につき 50,000 円
・月額基本料 1 支店につき 30,000 円
・月額現場利用料 1 現場につき 9,800 円
※上記はゼネコン向け価格となります。2017 年 4 月 3 日現在、サブコン向けの価格は 無料とさせていただきます。

URL. リンク

■今後の展開
当社では本サービスの普及に努めるとともに、建設現場での生産性向上に貢献したいと考えております。ユーザーにとって使いやすい機能/サービスの企画と開発を進めて参ります。

■株式会社イーリバースドットコムについて
当社の主力事業である電子マニフェストWebサービス「e-reverse.com」は、2017年2月現在で、鹿島建設、大成建設、大林組、竹中工務店などをはじめとした、ゼネコントップ100社のうち9割近くが利用し、全体でも6,000社を超える企業に利用されており、圧倒的なシェアを築いております。


当社のミッションは、お客様が本業に専念できる環境を構築し、共に悩み、解決する企業として、社会インフラと地球環境の発展に貢献することです。建設業界の業務におけるあらゆる課題に対し、ICTを中心とした柔軟かつ多様な解決力で応え、お客様の期待を超え続けることで、唯一無二の環境貢献企業を目指します。

会社名 :株式会社イーリバースドットコム
代表者 :代表取締役 高橋 巧
所在地 :東京都江東区豊洲 5-6-36 ヒューリック豊洲プライムスクエア 9F
設 立 :2007 年 6 月 28 日
事 業 :建設業界向け Web/SaaS、コンサルティングサービスの提供等
資本金 :1 億円
URL  :リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
社長室 広報担当:五十嵐、打木
TEL:03-3532-5877 Email: publicrelations@e-reverse.com


以上

(参考画面イメージ)

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。