logo

チェコにスニーカーで来る理由

チェコ政府観光局 - チェコツーリズム 2017年04月03日 14時39分
From Digital PR Platform


チェコは、歴史、自然、そして美味しい料理のみならず、スポーツ体験も充実しています。中でも最近のヒットはジョギング、コンディショニングラン。チェコ国内では一年を通して様々なイベントが開催されますが。チェコにおいでの際には、スニーカーも忘れずにご持参ください。チェコでもっと健康になりましょう!

【フォルクスワーゲン・マラソン・ウィークエンド】
今年で第23回を迎える人気のプラハ・マラソンは、プラハの歴史地区のみならず、レースに合わせて奏でられる美しいライブ音楽をも楽しめるユニークなスポーツ・イベントです。2017年5月6日、7日の2日間、オーソドックスなマラソン・レースのほか、ファミリー・ミニマラソン、あるいは犬の散歩レースなど様々なイベントが開催されます。ランニング前後のマッサージや、レース当日の公共交通機関無料乗車、指定美術館・博物館への無料入場などランナーへの無料サービスも充実。レースの後は観光や文化的体験も楽しめます。ユネスコ世界遺産に登録された街を走り抜けるという経験は、人生でもトップレベルの思い出となるでしょう! レースへの申し込みは日本語でできるのでとても簡単です。日本からのマラソンツアーもありますので、詳しくは下記リンクをご確認ください。

【チェコでハーフマラソン】
フルマラソンはハードルが高すぎるという方はハーフマラソンをお楽しみください。スパ・タウンとして有名なカルロヴィ・ヴァリで健康を手に入れるには、今回は温泉を飲むのではなく、カルロヴィ・ヴァリ・ハーフマラソンに参加しましょう(2017年5月20日開催)。テプラー川と温泉町に立ち並ぶ美しい建物に沿って走り、美しいコロネーダでゴールを迎えます。もちろん、レースの後はスパで体を癒すのも良いでしょう。もしもチェコビールが大好きなら、チェスケー・ブジェヨヴィツェ・ハーフマラソン(2017年6月3日開催)へ。曲がりくねった中世の通りが、ランナーたちをまるでおとぎ話の中でレースをしているような感覚にさせます。そしてブドヴァル・ビールを一気に飲み干して体力を回復させましょう。2017年6月24日開催のオロモウツハーフマラソンは、穏やかな景色を楽しみたいランナー向けです。ヨーロッパ最大のワイン生産地域の一つでもあるモラビアの古代首都で、バロック建築や太陽の光が降り注ぐぶどう園の中を走り抜けましょう。

【カラー・ラン】
2017年6月3日(土)は、プラハの5 km走に挑戦してみませんか?勝ち負けは一切競わないこのイベントは、既に世界中でファンを獲得しています。その特徴は健康的な運動と色とりどりのパウダーという遊び要素のコンビネーション。カラー・パウダーが、参加者全員の特別な体験を与えてくれます。ビギナーからベテランまで全ての人が楽しめるイベントです。白いTシャツを用意して、カラフルになりましょう!

【森を走れ】
走るのが好き、レースが好き、でも町中を走るのはあまり好きではないという方には、快適な、柔らかい土を踏みしめて走る「ビェヘイ・レスィ」(Běhej lesy、「森を走れ」の意)と呼ばれるイベントがお勧め。これは、ブルディ(Brdy)やカルルシュテイン城、レドニツェ城などの周辺の森で開催されます。森の新鮮な空気を吸って、忙しい毎日から解放されましょう!

【プラハの公園散策】
春はマラソン・レースのみならず、満開の花を観賞しながらゆっくりと歩く散策にも最適の季節です。そんな散策にお勧めの場としては、プラハ郊外の公園・プルーホニッツェやヴルトバ庭園(Vrtbovska zahrada)などが挙げられます。またプラハ植物園では、スイセンやチューリップ、ラン科のプレイオネ、モクレン、さらには桜など満開の春の花を楽しめます。公園を散策しながら2度目の花見を楽しみましょう。

***プレスツアー参加者募集***
チェコ政府観光局は、5月開催のプレスツアー「モラヴィアのバロック遺産」への参加者を募集します。プレスツアー詳細、応募要項はこちらの下記リンクからご確認ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。