logo

岡村製作所のPRECEDE、ContessaII、ALBROAD 23APタイプが 2017年 ドイツ レッドドットデザイン賞 受賞

株式会社岡村製作所 2017年04月03日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

2017年4月3日

株式会社 岡村製作所

岡村製作所の「PRECEDE」「ContessaII」「ALBROAD」23APタイプが
2017年 ドイツ 「レッドドットデザイン賞」受賞

株式会社 岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)のオフィスシステム「PRECEDE(プリシード)」が、2017年 ドイツ「レッドドットデザイン賞」のプロダクトデザイン部門の最高賞である「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞しました。「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」は、「レッドドットデザイン賞」全受賞対象の中から特に優れた製品にのみ贈られます。またオフィスシーティング「ContessaII(コンテッサ セコンダ)」、ロビーベンチ「ALBROAD(アルブロード)」23APタイプは「レッドドットデザイン賞」を受賞しました。
「レッドドットデザイン賞」はドイツの著名なデザイン機関「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」が主催する世界でも最大級かつ最も権威あるデザイン賞のひとつといわれており、1955年より毎年1回開催されています。2017年は、54ヶ国から史上最多となる5500点以上の応募があり、オカムラは2014年度から4年連続での受賞となりました。今回受賞した「PRECEDE」、「ContessaII」と「ALBROAD」23APタイプは、革新性、機能性、品質、人間工学などのさまざまな基準から審査され、優れた製品として認められました。


-「レッドドットデザイン賞」の概要-
この賞は、ドイツの著名なデザイン機関「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」が主催し、1955年より毎年1回開催されている、世界でも最大級かつ最も権威あるデザイン賞のひとつで、「プロダクトデザイン部門」「デザインコンセプト部門」「コミュニケーションデザイン部門」の3つの部門があります。世界中から集まった審査員が、革新性、機能性、品質、人間工学などのさまざまな基準から審査し、受賞製品は「the Red Dot Design Museum Essen」に展示されます。


-受賞製品の概要-
■「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」受賞 オフィスシステム「PRECEDE(プリシード)」
ワークデスク、ミーティングテーブル、エグゼクティブデスクとパーティションで構成された、本質を体現するこれからのオフィスシステムファニチュアです。色調、素材感、フォルムの調和をデザインし、ワーカー同士の心を通わせる心地いいオフィスを創出します。

■「レッドドットデザイン賞」受賞  オフィスシーティング「ContessaII(コンテッサ セコンダ)」
2002年に欧州で発表した、オカムラと「ジウジアーロ・デザイン」とのコラボレーションで生まれたオフィスシーティング「Contessa」。その流れるような美しいフレームラインは継承しながらも、現代におけるグローバル化やワークスタイルの多様化に応え、機能面や強度、品揃えを大きくアップグレードしたのが「ContessaII」です。一人一人が快適に座れるようフィット感ときめ細かい調整機能にこだわり、多彩なワークシーンに対応するカラーとバリエーションを取り揃えました。

■「レッドドットデザイン賞」受賞  ロビーベンチ「ALBROAD(アルブロード)」23APタイプ
ロビーチェア「ALBROAD」は、空港や駅などのパブリック空間向けのロビーチェアです。23APタイプは背座にインテグラルスキンモールドを採用することで、パブリック空間に求められる耐久性とメンテナンス性に加え、快適な座り心地とスタイリシュなデザイン性を実現しました。


□オカムラウェブサイト オフィスシステム「PRECEDE(プリシード)」
リンク

□オカムラウェブサイト オフィスシーティング「ContessaII(コンテッサ セコンダ)」
リンク

□オカムラ総合カタログ ロビーベンチ「ALBROAD(アルブロード)」23APタイプ
リンク
 



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。