logo

熱中対策水シリーズから「熱中対策ソーダ グレープフルーツ味」を4月17日(月)より新発売!

赤穂化成株式会社 2017年04月03日 14時00分
From Digital PR Platform


 赤穂化成株式会社(本社:兵庫県赤穂市、代表取締役社長:池上良成)では、熱中対策に重要な水分・塩分を手軽に美味しく補給できる「熱中対策水」シリーズから、炭酸飲料「熱中対策ソーダ グレープフルーツ味」(ペットボトル:容量500ml/税抜価格140円)を、2017年4月17日(月)より全国のスーパー・ドラッグストアなどで発売します。
                          
「熱中対策ソーダ グレープフルーツ味」は、夏の暑い季節にすっきりした炭酸と、爽やかな後味をお楽しみいただける商品として開発しました。味は塩味との相性が良いグレープフルーツ味を採用しています。気象庁の発表によると、2017年の夏は例年よりも暑くなることが予想されています。そのため、例年よりも熱中対策を意識して行うことが重要です。

「熱中対策水」シリーズは汗で失うイオンを補給し、体内から汗で失われた「水分」と「塩分」を簡単に補給できる飲料として、発売以来、多くの方からご愛顧いただいています。また、厚生労働省や環境省・農林水産省などが推奨する熱中症予防の塩分濃度*1に適合し、原料には、赤穂伝統の製塩技術(差塩(さしじお)製法)を生かした、あら塩「赤穂(あこう)の天塩(あましお)」*2を使用しています。

「熱中症」とは、高温環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調整機能が破綻するなどして発生する障害のことです。毎年4~5万人が熱中症により救急搬送されており、暑さに慣れておらず、地面からの熱の影響を受けやすい子どもは特に注意が必要です。

新商品「熱中対策ソーダ グレープフルーツ味」の商品概要は、次の通りです。

*1 厚生労働省や環境省などが推奨する熱中症予防の塩分濃度: 0.1~0.2%であり、本品は0.17%のため合致。
*2 赤穂の天塩(あこうのあましお):世界自然遺産 オーストラリアのシャークベイから海水を引き入れた塩田で、太陽と風の力だけで結晶した「天日塩」を原料とし、塩のまち「赤穂」の伝統的製法(差塩製法)でにがりを含む美味しい塩に仕上げています。

<『熱中対策ソーダ グレープフルーツ味』商品概要>
■商品名: 熱中対策ソーダ グレープフルーツ味
■発売日: 2017年4月17日(月)
■容量: 500ml
■価 格: 140円(税抜)/151円(税込)
■主な特長:
(1)汗で失う成分を補給
汗で失う成分(ナトリウム、塩化物)を補給できます。
(2)「塩分」補給に最適な塩分濃度
厚生労働省や環境省・農林水産省などが推奨する熱中症予防の塩分濃度(0.1~0.2%)に適合。
(3)「赤穂(あこう)の天塩(あましお)」を使用
(4)爽やかなグレープフルーツ味の炭酸飲料
暑い日にも美味しく熱中対策できるように、塩味と相性の良いグレープフルーツ味を採用しました。また炭酸なので、身体をスッキリとリフレッシュできます。
(5)カロリーゼロ
カロリーゼロなので、体型を気にする方にも安心してお飲みいただけます。
■販売場所 :スーパー・ドラッグストアなどでの販売を予定しております。
■お客様からの商品に関するお問い合わせ先:
赤穂化成(株)お客様相談室 0120‐40‐4139

(グラフ1)気象庁 平成29年3月24日発表「全国 3か月予報(4月から6月までの天候見通し)
リンク
(参考)2017年夏は例年より猛暑になる見込みとなっています。

<会社概要>
・社名:赤穂化成株式会社
・所在地:
-本社/兵庫県赤穂市坂越329番地
 TEL.0791-48-1111(代)
-東京支店/東京都新宿区百人町2丁目24番9号 アマシオビル3階
 TEL.03-5330-2911(代)
-赤穂工場/兵庫県赤穂市坂越329番地
 TEL.0791-48-1721
-深層水事業所/高知県室戸市室戸岬町1828-5
 TEL.0887-24-2820
・資本金:3,000万円
・従業員数:200名
・代表者:代表取締役社長  池上 良成
・事業内容:健康事業、調味事業、化成品事業、食品事業
・URL:リンク

忠臣蔵で名高い赤穂は、古来より製塩や苦汁工業が盛んで、その流れをくむ企業が数多くあります。弊社は、その中でも核となる食塩や苦汁を中心とした無機ミネラルの総合メーカーとしての豊かな基礎技術をもとに、一貫して堅実な経営を行い、創業時の精神をよりどころに事業を守り育てて参りました。そして現在、これまで培ってきた『海洋科学の開発技術』をベースに新事業の展開を進めております。これからも弊社は、「ミネラル」と「健康」をテーマに「海洋文化をお届けする」ことを目指し、お客様に提案できる商品創りに努めて参ります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事