logo

TOEFL iBT(R)テストの4スキルスコアアップのためのより効果的な学習方法を学ぶ TOEFL iBT(R)テストスキルアップセミナー in 広島

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部 2017年04月03日 10時01分
From PR TIMES

TOEFL(R)テスト開発・運営元ETS公認トレーナーから学べる無料セミナー

TOEFL(R)テスト日本事務局と海外ボランティア・海外研修等を手がける国際教育交流団体の国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部(所在地:東京都渋谷区、代表:大竹 和孝)は、このたびTOEFL iBT(R)テスト受験者を対象とした「TOEFL iBT(R)テストスキルアップセミナー in 広島」を開催します。



[画像: リンク ]


■TOEFL(R)テスト開発・運営元ETS公認トレーナーから学べる無料セミナー
TOEFL(R)テストは、英語を母語としない人々の英語運用能力を測ることを目的に作成された、世界で有数の実績を持つ試験です。現在はインターネット形式で実施されており、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に測定しています。
今回の「TOEFL iBT(R)テストスキルアップセミナー」では、「TOEFL iBT(R)テストの構成」に関する説明に加え、「スコアアップのためのより効果的な学習方法」についてETS公認トレーナーが過去の問題を使いながら解説します。受験予定・受験経験者の方は、ぜひ、ご参加ください。

■「TOEFL iBT(R)テストスキルアップセミナー in 広島」概要
日 時:2017年5月20日(土)13:30~16:30(受付開始13:00~)
会 場:広島大学 東広島キャンパス 理学部 E104教室(〒739-0046 広島県東広島市鏡山1丁目−3−2)
対 象:TOEFL iBTテスト受験予定・受験経験者の方
定 員:60名(先着順)※定員になり次第、締切前でも申込受付は終了します
参加費:無料
内 容:―TOEFL iBTテストの構成説明
    ※事前にTOEFLテスト日本事務局Webサイト(リンク)をご覧ください。
    ―TOEFL iBTテストの4セクション(Reading/Listening/Speaking/Writing) の問題体験と効果的な学習方法の紹介
    ―ETS作成のサンプル問題配布
講 師:TOEFLテスト開発・運営元 米国Educational Testing Service(ETS)公認トレーナー
    神戸女学院大学 共通英語教育研究センター専任講師 田岡千明先生
申 込:下記Webサイトより申込フォームに必要事項を入力し送信してください。
    リンク
申込締切:2017年5月11日(木)
お問合せ先:国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部  TOEFL事業部  E-mail: seminar@cieej.or.jp


TOEFL(R)テスト
TOEFL テストは英語能力を評価する試験として、世界の幅広い国で受け入れられているテストです。現在、130か国、9,000 以上の機関が導入し、累計3,000万人以上がTOEFLテストを受験しています。TOEFL iBTテストは大学レベルの英語運用能力の測定が可能なテストで、学業において「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を複合的に使用できるかを測定します。


【団体概要】
国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部  Council on International Educational Exchange
代表  : 大竹 和孝
所在地 : 〒150-8355 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山
Tel : 03-5467-5501
Fax : 03-5467-7031
Webサイト : リンク
創立 : 1947年本部 アメリカ・ニューヨーク州、1965年日本代表部 東京
事業内容 : TOEFL(R)テスト開発・運営元の米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)の委託を受けTOEFL(R)テストの広報活動、TOEFL ITP(R)テストの運営、教材の販売やライティング指導ツールCriterion(R)の提供を行うほか、海外交流事業では、主に大学生を対象とした海外ボランティアプログラム、短大や大学の委託を受け企画・運営している短期海外研修、教職員を対象とした研修などを通して年間約3,000名の派遣や受入を行っています。2015年にCIEE日本代表部設立50周年、海外ボランティアプログラム開始以来20周年を迎えました。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事