logo

自治体と広告主をつなぐ広告マーケットプレイス「LAMP」、WEBサイトをリニューアル

株式会社ホープ 2017年04月03日 09時00分
From PR TIMES

自治体に特化したサービスを展開する株式会社ホープ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:時津孝康、証券コード:6195)が運営する、自治体と広告主を直接つなぐエリア限定の自治体広告マーケットプレイス「LAMP」(URL:リンク)のWEBサイトをリニューアルいたしましたのでお知らせいたします。



[画像1: リンク ]


 当社は、自治体に特化したサービス会社として、自治体の遊休スペースを広告枠として買い取り、民間企業に販売するDSサービス(*)を提供し、自治体の財源確保に貢献してまいりました。しかし、主に人口20万人以上の大規模自治体及び3万人以上の中規模自治体にDSサービスを展開しておりますが、全国に1,000程度存在する人口3万人未満の小規模自治体については、収益性の観点からDSサービスの実施がほとんど出来ていないという現状がございます。

 この度、当社は小規模自治体にもご利用頂くことが可能な広告サービスとして、自治体と広告主を直接つなぐエリア限定の自治体広告マーケットプレイス「LAMP」の提供を2017年1月19日より本格的に開始し、この度WEBサイトをリニューアル致しました。


リニューアル点

■今までよりももっと見やすく
 広告を募集したい方、出稿検討中の方など各ページを作成することで、特徴や流れなどがより充実し、
 見やすくなりました。

■トップページの新着情報
 トップページに新着情報が表示されるようになり、情報収集がしやすくなりました。

■資料がダウンロード可能に
 広告募集・広告出稿を希望される企業・代理店、自治体・媒体社様の「LAMP」についてのご案内資料が
 ダウンロードできるようになりました。


「LAMP」でできること



■広告募集

[画像2: リンク ]

 「広告スペースを有効的に販売したい」「広告枠がなかなか埋まらない」など、広告出稿先を募集したいけれど、ノウハウがない、広告枠が埋まらないなど広告募集で悩んでいる自治体様や代理店様がいらっしゃると思います。「LAMP」を活用していただくことで、今までお申込みがなかった広告スペースや自社の媒体をご登録いただくことで、広エリアに広告媒体をアピールすることが可能となります。
広告媒体をご登録いただく自治体様や代理店様は「無料」にてご利用頂けます!

■広告出稿
[画像3: リンク ]

 自治体広告に出稿したいけれど、「申し込みが大変そう」「どこに問い合わせすればよいかわからない」など、広告出稿に至らない企業様やクライアントへの提案ができずにいる代理店様も多いと思います。「LAMP」はエリア広告に特化しているため、広報誌などターゲットやエリアが明確な媒体など、数多くの媒体の中からWEBで検索からお申し込みまで可能となります。「LAMP」を活用することで作業効率の向上やさまざまな広告媒体より比較検討できるためクライアント様の意向に沿った提案が可能となり、顧客満足度向上が見込めます。広告出稿を検討す企業様は「無料」にて、広告媒体の検索等が可能となります。※代理店様の二次利用に関しては有料でのご利用可能となりますので、予めご了承ください。

広告の募集や出稿でお悩みの自治体様、企業様、代理店様はぜひ一度お問い合わせください。


[表1: リンク ]



■株式会社ホープについて
社名 : 株式会社ホープ
代表者 : 代表取締役社長 時津 孝康
所在地 : 福岡県福岡市中央区薬院1-14-5 MG薬院ビル7F
資本金 : 246,945千円
事業内容 : Public Private Sharing(PPS)事業
-自治体が所有している遊休スペースを財源に変える「財源確保支援サービス」の運営
-自治体の広告事業を活性化させる、企業と広告のマッチングサイト「LAMP」の運営
-自治体の広報紙や新着情報を閲覧できるアプリ「マチイロ」の運営
-自治体から民間企業まで幅広く問題解決をする「BPO支援サービス」の運営
URL : リンク


[表2: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。