logo

インスタ映え女子の9割が付き合う男、ニューメッシー、カゼオコッシーとは?

合同会社SNAPLACE 2017年04月01日 00時00分
From PR TIMES

SNS映え投稿分析のスナップレイス(本社:東京都品川区 代表:椛島恵里香)は、SNSの様々なデータを独自のアルゴリズムで分析し、インスタ映え女子の9割が付き合う男をあぶり出しました。その結果、絶滅したといわれていたメッシーやアッシーなどが形を変えて、ニューメッシーやニューアッシーとして存在していることが判明しました。



インスタグラム、略してインスタは写真や動画を中心としたSNSアプリで、全世界で若い世代を中心に利用者を増やしています。日本では、特に女性を中心とした若い世代で人気のコミュニケーションツールになっており、おしゃれカフェでのランチや可愛いお菓子の写真などが多く投稿されています。

インスタグラムでは、投稿した写真を見た人は、その人の写真が気に入ったら、「いいね」といって、ハートのボタンを押します。そのいいね、つまりハートがたくさん付くような写真は、SNS上で受けがいい、評価が高い写真となります。そういう写真をインスタ映えする写真と呼んでいます。

そういったインスタ映えする写真を投稿することに命を懸けている女子をインスタ映え女子と呼んでいます。そういった女子の間で今特に話題となっているのが、「ニューメッシー」や「ニューアッシー」という彼氏です。

「メッシー」や「アッシー」はバブル世代にはなじみの深い言葉で、それぞれ、女性がおなか空いたときに食事を奢ってくれる彼氏を「メッシー」、女性がどこかに行きたいときに車で送り迎えをしてくれる彼氏を「アッシー」と呼んでいましたがバブル崩壊とともに消え去り、今や死語になっています。しかし、アベノミクスを背景とした景気の回復傾向、それに伴う消費の活性化に伴い、インスタ映え女子の間で新たな「ニューメッシー」や「ニューアッシー」という新しい彼氏の形が出てきています。

Snaplace(スナップレイス)ではそういった新しい彼氏の形をインスタグラム投稿分析によりあぶりだしました。あぶりだした結果、なんと10タイプもの新種の彼氏の形があることが判明しました。今回はその10タイプの新しい彼氏の形をご紹介します。
[画像1: リンク ]

パシャッシー 「撮影なら俺に任せろ!」
インスタグラムは何といっても写真が命。今や自撮りをするための自撮り棒は女子には必須の道具になっています。一方で、今どきのインスタ映え女子はそんなものでは満足できないようです。彼女たちはとっておきの写真を撮ってもらうためだけに付き合っている彼氏、通称「パシャッシー」がいるようです。パシャッシーは彼女が「LINE」で「撮影お願い」とメッセージを送るとどんな場所にも基本的に約5分以内で駆けつけます。某有名通販サイトもびっくりの早さです。パシャッシーは彼女のために必死で写真を何枚も撮り、彼女のOKが出るとすぐにまた帰宅します。しかし、帰宅しても24時間体制で彼女の連絡を待機し、寝ていてもすぐに駆けつけられるようにするため、いつでも外に出られる格好で寝ています。
[画像2: リンク ]

ライティングッシー 「真夜中でも昼間のように照らしてやるぜ!」
写真は何といってもライティングが命です。たとえ、いいアングル、いい場所、いい表情で撮影できたとしても、光量が少なければ残念な写真になってしまいます。そこで今どきのインスタ映え女子は、写真の明るさを上げるためだけに付き合っている彼氏、通称「ライティングッシー」がいるようです。ライティングッシーは彼女が「LINE」で「ちょっと光が足りない」とメッセージを送るとどんな場所にもすぐに駆けつけます。ライティングッシーは彼女のために自分の使っている携帯のフラッシュモードを常にONし、また旧型の契約の切れた携帯をいくつも保持し、充電100%を維持しています。それらのライトを組み合わせ、彼女や撮影したい料理などにライトを浴びせます。撮影が終わるとすぐにまた帰宅します。
[画像3: リンク ]

カゼオコッシー 「俺は嵐のような男だぜ!」
インスタ映えする写真は雑誌のように美しいモノばかりです。最近のインスタ映え女子は、シーンに合わせて躍動感のある写真を撮影することも得意としています。それに一役かっているのが、写真撮影の時に風を起こしてもらうことを目的に付き合っている彼氏、通称「カゼオコッシー」です。カゼオコッシーは微風から暴風までありとあらゆる強さの風を起こすことができます。そのため、うちわから強力な扇風機まであらゆる風起こし器具をリュックに詰め込んでいます。カゼオコッシーは彼女からLINEで「風がほしい」とメッセージを受けると30秒以内に即レスし、どんな場所にも駆けつけます。カゼオコッシーは彼女が求める強さに応じて風の強さをコントロールするスキルが必要なので、日々家の中では彼女に見立てたカツラをかぶったマネキンに風を当てて、どの風量だとどのくらい髪の毛がなびくかを研究しています。
[画像4: リンク ]

サクラッシー 「世界を敵に回しても俺はお前の見方だぜ!」
インスタ映え女子のストレスって、写真を投稿しても「いいね」の数が少なかったり、コメントが付かなかったりすることなのです。それを避けるために今どきのインスタ映え女子は、「いいね数」、「フォロワー数」や「コメント数」を増やすためだけに付き合っている彼氏、通称「サクラッシー」がいます。サクラッシーは通常インスタアカウントを同時に10個程度運用しています。また、優秀なサクラッシーの中にはなんと同時に100個以上のアカウントを運営している人もいるようです。サクラッシーは彼女が投稿するとすかさず、全アカウントで「いいね」を付け、必要に応じてポジティブなコメントをすぐさま書き込みます。「すごくかわいいですね」とか「めっちゃうらやましい!」とかそんな感じです。そして、彼女のアカウントに否定的なコメントが書き込まれるとすぐさま援護するコメントを書き込みます。このようにサクラッシーは24時間体制で彼女のアカウントを監視しています。
[画像5: リンク ]

フィルタッシー 「どんな写真も歴史的な1枚にしてやるよ!」
パシャッシーやライティングッシー、カゼオコッシーの努力によってもどうしてもいい写真が撮れないこともあります。でもフィルタッシーがいれば大丈夫です。フィルタッシーはどんな写真もすぐさま加工し、最高の写真に仕上げてくれます。ベテランのフィルタッシーは常にパソコンの前でフォトショップを立ち上げて待機しており、彼女から件名無題、本文無しで写真だけ添付されているメールが来ると約3分以内に画像処理を施し、まるで別人、別シーンかのように美しい写真を返信します。
[画像6: リンク ]

オオドウッグッシー 「俺がいればどんな場所もベニスの街並みだぜ!」
ビーチにカラフルな貝殻、ハワイのビーチでピンクの可愛い浮き輪。これも実はオオドウグッシーの力によるものかもしれません。オオドウグッシーはどんな場所でもおしゃれなシーンを作り出します。住宅街の公園の砂場も、カラフルな貝殻と浮き輪でハワイのビーチに、大衆食堂も木目調の板と花びらを組み合わせておしゃれなカフェに早変わりです。オオドウグッシーは貸倉庫を1つや2つもっているのが常識で、その中には撮影のための小物を大量に預けています。彼女から「今日はハワイ」とのメッセージが来るとすかさず、砂や貝殻、浮き輪をもって彼女のもとに駆け付けます。
[画像7: リンク ]

ニューメッシー 「俺の胃袋はエーゲ海より広いぜ!」
バブル世代のメッシーは女子がご飯を食べたいときやおなかが空いたときにおごってもらう彼氏として活躍していました。しかし、今の時代はそれだけでは不十分です。今どきのインスタ映え女子は、小食でも写真撮影のためだけにフォトジェニックなグルメやビッグパフェを頼んで撮影をします。その時のお勘定に加えて、その大量の料理を残さず食べるためだけの通称「ニューメッシー」と呼ばれる男と付き合っています。料理の撮影の際に重要なことは「この後スタッフが美味しく召し上がりました」という一言を言うことです。食べ物を粗末にしてはいけないという日本独自の空気を読むため、ニューメッシーはいつなんどきでもどんな量の食事でも残さず食べる必要があります。もし残してしまうものなら、ニューメッシーの地位はすぐに失われます。どんなに満腹でも残さず食べるという、ニューメッシーの難易度は時代と共に大きく高まりました。
[画像8: リンク ]

バッテリッシー 「バッテリー切れという言葉は俺の辞書にはない!」
インスタ映えの女子はスマホのバッテリーが切れるとただの女子になってしまいます。スマホのバッテリー残量はインスタ映え女子の命といっても過言ではありません。バッテリッシーはインスタ映え女子のスマホの電池残量が70%を切るとすぐさまバッテリーをもって駆けつけます。ベテランになると彼女の行動パターンからそろそろ70%を切りそうだなというところでタイミングよく駆けつけます。ベテラン曰く、彼女のスマホの電池残量を40%未満にするのは人間としてあり得ないと話していました。素人バッテリッシーは40%未満にしてしまい、彼女からいきなり別れを告げられることもしばしばあるとか。バッテリーは彼女の命。彼女の命をないがしろにするような男には女性と付き合う資格なんてないのかもしれませんね。
[画像9: リンク ]

ニューアッシー 「絶好のロケーションを用意してやるぜ!」
バブル世代のアッシーは女子が行きたい場所に送り届けてあげることで活躍していました。しかし、今の時代それだけでは彼氏にはなれません。今どきのインスタ映え女子は、インスタ映えする流行りの店の予約、そしてベストロケーションの席の確保までしないとニューアッシーとして認定してくれません。ニューアッシーの一日は彼女から行きたいお店の連絡を受けるとすぐに店に連絡を取り、撮影に絶好の一番良い席を抑えます。席の確保ができないときは開店前に店に並び、その席を彼女が来るまで確保します。食事を注文せずに長居をすることはできないため、夕方の彼女の撮影までの間、朝食から昼食、おやつ、そして夕食まで1日4食をそのお店で済ませることが必要な時もあります。
[画像10: リンク ]

ロケッシー 「インスタ映えする場所を探し出すぜ!」
インスタ映え女子は、インスタ映えするようなカフェやスポットを常に探しています。その場所を彼女に変わって探してくれるのがロケッシーです。ロケッシーはインスタグラムなどのSNSを巡回し、最近のSNSで流行っているお店やおしゃれなお店を探し出して彼女に伝えます。しかし、最近ではSNS映えするスポットだけを集めて紹介する「Snaplace(スナップレイス) リンク 」というサービスが登場し、ロケッシーの出番が少なくなってきています。ITの浸透により、将来なくなる職業はいろいろありますが、ロケッシーという彼氏も将来はITによって置き換えられ、絶滅してしまうのかもしれません。
[画像11: リンク ]

全10タイプの彼氏に対するSNS映え3人組のコメントはこちらから
リンク

調査内容について
4月1日は、エイプリルフールです。しかし、景気がよくなると本当にこんな彼氏出てくるかもしれませんね。

Snaplace(スナップレイス)とは
Snaplace( リンク )とは、あらゆるSNS投稿を分析し、SNS映えするスポットだけを地図上に表示するサービス。サービス開始から初月40万PV超の人気サイト。大手旅行会社H.I.S.とも協業し、フォトジェニックなスポットをマッピングしたタビジョマップ( リンク )も運営。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せる。また、スポット毎に、InstagramやTwitter等の投稿を一覧し、口コミを確認できる。各スポットは、おしゃれ(Cool!)、ネタ(Haha!)、定番(Basic)の3種類に色分けされ、地図上に表示されている。また、観光スポットとレストラン・カフェも簡単に見分けられ、各スポットの特徴が3秒で分かる。女の子13タイプ別東京のデートスポット( リンク )、女の子10タイプ別関西のデートスポット( リンク )などの記事も紹介。
[画像12: リンク ]

本件に関するお問い合わせ
合同会社SNAPLACE 椛島(カバシマ)
TEL:03-6869-4001
MAIL:info@snaplace.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事