logo

Huawei、グローバルデジタルマーケティング戦略強化のためにSDL Marketing Solutionsを採用

SDL Plc 2017年03月31日 16時24分
From 共同通信PRワイヤー

Huawei、グローバルデジタルマーケティング戦略強化のためにSDL Marketing Solutionsを採用

AsiaNet 68013

ブランドイメージの統一とオンラインコンバージョン率の最大20%向上をSDLがサポート

米国マサチューセッツ州ウェイクフィールド、英国メイデンヘッド - 2017年3月30日 - SDL(リンク )は本日、大手ICTソリューションプロバイダであるHuawei(リンク )が、グローバルデジタルマーケティング戦略を強化するために、SDL Marketing Solutionsを採用したと発表しました。

Huaweiの法人向け事業部門であるEnterprise BGでは、行政・公共機関、金融、エネルギー、交通、製造などの企業・産業顧客にICT製品を提供しています。 地域に関連性の高いデジタルコンテンツやメッセージの提供を目指すグローバルブランドとして、同社は、グローバル規模での管理と地域的なニュアンスの理解の両方を実現したデジタルマーケティングエクスペリエンスを作り出す必要がありました。

Huawei EBGのSales&Marketing部門シニアマネージャーであるQian Jinsong氏は次のように語っています。「SDLは、14か国を対象とした当社のウェブサイトの運営とコンテンツの最適化のために、独自のすばらしいローカルリソースネットワークを活用して、コンテンツ管理ソリューションやローカリゼーションサービスを提供してくれました。 今では、これがHuaweiのグローバルマーケティング戦略の重要な役割を担っています。 SDLのソリューションにより、現場のセールスマネージャーやマーケティングマネージャーのニーズに迅速に対応できるようになりました。 また、このソリューションによって、すべての市場でウェブサイトのトラフィックやコンバージョン率も向上しています」

SDLは2015年より、Huawei Enterprise BGが事業展開している14か国に多言語マーケティングのシニアスペシャリストを投入し、次の重要な3つの分野で同社をサポートしています。
  
1.    サイトコンテンツのグローバルパブリケーションを同期:全コンテンツを対象に地域との関連性を確認し、問題一覧の提示と追跡、コンテンツ更新プロセスの管理を行い、多言語コンテンツのオンラインパブリケーションをスケジュールどおりに高い品質で実施。
2.    トラフィックとコンバージョン率を統合管理:検索エンジンのキーワードを現地市場向けに最適化し、トラフィック監視機能の導入とその結果データの分析を行い、トラフィックとコンバージョン率を向上。
3.    マーケティングコンテンツを地域向けに最適化:マーケティングコンテンツが地域の文化や習慣、伝統などの考慮事項を反映したものになるように、マーケティングのケーススタディを書き直し、ミニサイト、電子ダイレクトメール(EDM)、マルチメディアコンテンツを制作。

1年も経たないうちに、Huawei Enterprise BGのグローバルサイトの訪問者数、閲覧時間、コンバージョン率が10%以上増加しました。20%も増加した国もあります。

SDLのCEOであるAdolfo Hernandezは次のように述べています。「Huaweiは、世界を舞台に急成長している中国拠点企業の代表格と言えます。 その成功により、個々の市場に関連性の高いマーケティングコンテンツを提供し管理するという複雑な課題も生み出されています。 各国のニュアンスや文化的な相違の理解は簡単でありませんが、SDLはHuaweiと密に連携して、その実現をサポートしています」

Huaweiのケーススタディは、こちら(リンク
をクリックしてご確認ください。


Huawei Enterpriseについて
Huaweiの3大ビジネスグループの1つであるHuawei EBGは、企業・産業顧客向けに特別に設計された製品およびソリューションのマーケティング、セールス、サービスを担当する管理・サポート組織です。 また、業界向けソリューションの計画、設計、検証も担当し、効果的な成長や高い市場競争力の確保、製品やサービスに対する法人顧客からの高い顧客満足度を実現しています。
Global Sales Dept.、Partners Business Dept.、Marketing and Solution Sales Dept.、Enterprise Technical Service Dept.、Quality&Operation Dept.などのサポート部門がHuawei EBGの傘下に入っています。

###

連絡先:
SDLジャパン株式会社
大橋 聖子
sohashi@sdl.com


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事