logo

2.5スロットサイズの大型クーラーとIP5X対応防塵ファンで強力に冷やすオーバークロック仕様のGTX 1080 Tiビデオカード「ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING」を発表

ASUS JAPAN株式会社 2017年03月31日 12時00分
From PR TIMES



 ASUSTeK Computer Inc.(略称ASUS)は2017年3月31日、NVIDIA CorporationのNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiを搭載するビデオカード「ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING」を日本市場向けに発売することを発表いたしました。2017年4月1日より販売を開始する予定です。

○発表製品
------------------------------------------------------------
製品名 :ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING
グラフィックスコア :NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti
ブーストクロック :1,683MHz(定格の1,582MHzからクロック向上)
※付属ソフトを使用して1,708MHzでの動作が可能
ベースクロック :1,569MHz(定格の1,480MHzからクロック向上)
※付属ソフトを使用して1,594MHzでの動作が可能
メモリクロック :11,010MHz
※付属ソフトを使用して11,100MHzでの動作が可能
メモリインターフェース:352bit
ビデオメモリ :GDDR5X SGRAM 11GB
出力インターフェース :DisplayPort 1.4×2、HDMI 2.0×2、DVI-D×1
価格 :オープン価格
予定発売日 :2017年4月1日
------------------------------------------------------------

○製品の特長
・ゲーマーの要望に応えるROGブランドのビデオカード
 「ROG(Republic of Gamers)」ブランドの製品は、ASUSの製品の中では最上位の製品であり、PCゲーマーおよびオーバークロッカー向けに特別に設計を行った製品です。本製品は、そんなROGブランドのビデオカードとして、ゲーム用に特化したビデオカードとなっています。

・2.5スロットサイズの大型クーラーで冷却性能を向上
 PCの拡張スロットを2.5スロット分占有する大型のクーラーを搭載することで冷却性能を向上しました。従来の2スロット占有タイプのクーラーと比べて、放熱フィンの面積を40%拡大しており、強力な冷却性能を実現しています。

・防塵規格のIP5Xに対応する「IP5X対応防塵ファン」を搭載
 防塵規格のIP5Xに対応する「IP5X対応防塵ファン」を搭載しています。粉塵が浮遊する環境であっても問題なく動作でき、ホコリが集まりやすいPCケースの中でも、長期間にわたって性能の劣化なく使い続けることが可能です。

・独自形状の「ウイングブレード」ファンブレードで約2倍の風圧を実現
 ファンブレードの先端部分に航空機のウイングレットのような曲げを加えた、独自形状の「ウイングブレード」を搭載することで、ファンの風圧を一般的な形状のファンの約2倍(105%)に向上しています。通常のファンと比べて、同じ回転数でもより強力な風を送ることができ、低い回転数でも十分な冷却性能を実現できます。

・GPU温度が低いときにはファンを自動停止する「ゼロノイズ」機能を搭載
 GPUの温度が低いときに自動でファンを停止する「ゼロノイズ」機能を搭載しており、2Dゲーム程度の負荷であれば無音でビデオカードを使用できます。ファン停止機能はハードウェアで実現している機能なので、特別なソフトをインストールする必要はありません。ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMINGでは、54℃以下でファンが停止する設定になっています。

・GPUとヒートスプレッダの接触面積を約2倍にした「MaxContact」技術を採用
 ヒートスプレッダの接触面を一般的なヒートスプレッダの約10倍も滑らかにすることで、GPUとの接触面積を約2倍に拡大しました。この「MaxContact」技術によって、従来のクーラーよりも効率良くGPUからクーラーに熱を伝えることができます。

・オーバークロックにも対応できる10+2フェーズ電源回路を搭載
 10+2フェーズ構成の高性能電源回路を搭載しており、高負荷での連続使用でも安定した動作を行えます。また、オーバークロック状態での高負荷動作であっても余裕のある安定した電力供給が可能です。

・基板への部品取り付けを機械化する「AUTO-EXTREME」技術で究極の精度を実現
 本製品では、クーラーを除くすべての部品の取り付けを機械で自動で行うことで、人の手では実現できない高い製造精度を実現しています。また、従来は2回行う必要があった基板に対する加熱工程を1回に減らすことで、コンデンサなどの熱に弱い部品に起こる製造時の性能の劣化を最小限に抑えました。フラックス(ハンダ用の油)の利用を完全に廃止したことも革新的な特徴であり、ビデオカードを長期間使用する際に発生するフラックスによる腐食が起こらないため、製品の耐久性が向上しています。製造の自動化により製造精度が飛躍的に高まったことで、設計時に想定したオーバークロック性能などを実際の製品でも容易に実現できるようになりました。

・高性能高耐久なASUS独自部品の「Super Alloy Power II」を使用
 「Super Alloy Power II」は、ASUSが独自にカスタマイズを行った高性能高耐久部品の総称です。たとえばチョークコイルの「Super Alloy Power II Choke」は、使用する素材の改良と高密度製造によってコイル鳴きを極限まで抑えています。

・LEDでビデオカードを鮮やかに光らせる「Aura」機能を搭載
 ビデオカードの表側のファンの周りと、裏側のROGロゴは使用時に美しく光り、さらに付属ソフトで光の色と光り方を自由に変更できます。淡く明滅させたり、GPUの温度に応じて色を変えさせたりすることもでき、ビデオカードをよりスタイリッシュに演出することが可能です。

・Aura機能搭載マザーボードとLEDの光り方を同期できる「Aura Sync」機能を搭載
 「Aura Sync」機能は、Aura Sync対応マザーボードとLEDの光り方や色を同期できる機能です。マザーボード経由でAura Sync対応キーボードやマウスやPCケースとも同期でき、統一性を持たせたスタイリッシュなイルミネーションを実現できます。

・リアルタイムハードウェアモニタ&OCツールの「GPU Tweak II」を付属
 「GPU Tweak II」は、リアルタイムハードウェアモニタ機能とリアルタイムオーバークロック設定機能を搭載する、ビデオカード設定ソフトです。GPU Tweak IIを使用すれば、Windows上からビデオカードの状態を細かく把握でき、また詳細なオーバークロックの設定も行えます。ビデオカード自体の設定のほか、Windowsのバックグラウンドで動いているサービスプログラムを停止させて、より多くのCPUパワーをゲームに使用させる機能も搭載しています。

・ゲーム動画の配信を行える「XSplit Gamecaster」のライセンスを付属
 ゲーム画面をリアルタイムにインターネット配信できる、SplitmediaLabsの「XSplit Gamecaster」ソフトのライセンスを付属しています。動画配信のほか、ゲームのフレームレートやGPU負荷などをゲーム中にリアルタイムに表示する機能も搭載しており、ASUS版のオリジナル機能として、GPU Tweak IIで予め保存しておいた設定プロファイルをゲーム中に適用することも可能です。付属ライセンスは1年間のPremiumライセンスなので、すべての機能を1年間無料で使うことができます。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。