logo

アデルのオープニングアクトを飾った美声の持ち主!カメロン・コルヴェット待望の日本デビューアルバム『Inside Out』ついに本日発売!

株式会社onepeace 2017年03月31日 12時11分
From PR TIMES

今年のグラミー賞では5冠を獲得した世界的シンガー アデルや、70年代から活躍するソウルの女王チャカ・カーンなどのオープニングアクトの経験を持つカメロン・コルヴェットの日本デビューアルバム『Inside Out』が本日リリース!



 
[画像: リンク ]

今か今かと待たれた今回の日本デビュー作品『Inside Out』は臨場感あふれる豪華なサウンドが凝縮された1枚となっており、聴くものを一瞬でコンサートホールにいるかのような錯覚に浸らせる。
聴いただけで今作に込めたカメロンの意気込みが伝わってくる極上のR&Bソング「Going Under」、ファルセット全開のバラード「Did It For You」、ギターサウンドが印象的なミッド・チューン「Led Me To You」、そして2007年にKanye Westのレーベルからメジャー・デビューを果たしたラッパーConsequenceを客演に迎えた「Leave It Like That (Remix)」など豪華すぎると言っても過言ではない全12曲を収録している。

 今回の日本デビュー作品リリースに関してカメロン本人は、
「本当に嬉しいよ。最高の気分だし、日本のみんなに聴いてもらえる日が待ち遠しいね。今回の作品に収録されている楽曲はどれも自分の経験に基づいて書いた曲だから、 アルバムを聴いた人には僕の”隅から隅まで(Inside Out)”を理解してもらえるんじゃないかな。」
とコメントを寄せている。

最近では90年代後半のヒップホップシーンに新風を巻き起こしたヒップホップグループ、Slum Villageの楽曲に客演として参加するなど、R&Bの枠に留まらず活動を続けるKameron Corvet。今後も各方面での活躍が期待されている彼の日本デビューアルバム『Inside Out』、一度チェックしてみてはいかがだろうか。


【Kameron Corvet 独占インタビュー】

● 日本デビュー作品でもあるファーストミニアルバム『Inside Out』が3/31にリリースされますが今の心境はいかがですか?
“Inside Out”がリリースできる事になって本当に嬉しいよ。最高の気分だし、みんなに聴いてもらえる日が待ち遠しいね。

● アルバムのタイトルの由来を教えていただけますか?
タイトルに関してはごく自然に頭に浮かんだんだよね。
このアルバムに収録されている楽曲はどれも自分の経験に基づいて書いた曲だから、アルバムを聴いた人は僕の”隅から隅まで”(Inside Out)を理解できるんじゃないかって思うんだ。

● アルバムに収録されている12曲の楽曲を、それぞれ簡単でいいので解説してもらえますか?
1.Going Under – この曲は、特別な人と一緒にいる時、お互いに惹かれ合って触れずにはいられなくなる、そんな魔法のような瞬間について歌った曲だよ。

2.Did It For You – 恋人と別れた後に、彼女のために自分は変わったんだと気付く、そんな感情を書いた曲だよ。

3.Legends Of The Fall (CJ Remix)-この曲は、恋愛やデートに関して、まわりの意見ばかりを気にするあまり、うまく恋人と恋愛関係が築けない、そんな女性について書いた曲だよ。

4.Nothing At All- この曲は、愛する人と言い争いしたって何の意味も無いだろっていう歌だよ。

5. Leave It Like That- 感情的になってすぐに別れ話を切り出したけど、自分は本当はこんなことがしたいわけじゃないのに、、、と気付く、そんな歌だよ。

6.Led Me To You- 俺を運命の人へと導いてくれる為に、これまで付き合ってきた彼女たちは俺と別れたんだと気づいて、少し感謝の気持ちがわいてくる、そんな感情を描写した歌だよ。

7.War Within- 君の心が他の誰かのものになっていく、そんな胸の内の葛藤を書いた曲だよ。

8.Throw the Rest Away- 恋に溺れないように、必要のないものは投げ捨てて今この瞬間を楽しもうぜっていうメッセージの曲だよ。

9.Wish I Could- 人を愛することも、人に愛されることも、思った通りにはならないってことを知っていく、そんな歌だよ。

10.Kiss and Make Up- 喧嘩したり気まずい時でも一緒に過ごさなければいけない状況を描いた曲で、どんなときでも、お互いの関係が一番大切なことなんだっていうメッセージだね。

11.Sophia Quinn- 愛する娘と一緒に暮らしたいけど、その為には別れた女性に戻ってきてもらわないといけない、そんな曲だよ。

12.Leave It Like That Remix feat. Consequence- この曲は「Leave It Like That」にコンシークエンスをゲストに迎えたリミックスバージョンだよ。

● 制作陣についてメインプロデューサーの一人であるPierre Medorは過去にNelly、Usher、Mary.J.Bligeなどを担当している大物プロデューサーですが、彼との制作秘話など教えていただけますか?
彼は本当に素晴らしいプロデューサーだよ。彼自身もミュージシャンであり、ソングライターなんだ。だから僕のヴィジョンをうまく形にしてくれるし、コラボレーションしやすかったよ。僕たちは長い間お互いを知っているから本当の友達に近い存在だね。

● 「Leave It Like That (Remix)」ではConsequenceを客演に迎えていますが、Consequenceを起用した理由をおしえてもらえますか?もしくはConsequence以外にラッパーの候補がいましたか?
僕はずっとConsequenceのアーティスト性やライターとしての作品のファンだったんだ。
実はこれまでにも何曲か一緒に曲をつくっていて、彼をフィーチャリングに迎えてリミックスを作れないかなと思いついて、ありがたいことに彼も同意しれくれたんだよ。
伝説のグループのSlum VillageのメンバーT3をフィーチャリングしたバージョンもあるよ。

● こういったコラボレーションの流れでの質問ですが、今後コラボレーションしたいアーティストや一緒に制作したいプロデューサーはいますか?
沢山のアーティストやプロデューサーとコラボレーションしたいと思っているよ。
アーティストとしては、Lenny Kravitz、Erykah Badu、Kendrick Lamar、Andre3000。
プロデューサーとしては、No I.D.、Pharrell、Salaam Remi、Raphael Saadiq、Dr.DreやBabyfaceだね。

●最後に一言、日本のファンに向けてメッセージをお願いします。
日本のファンの皆、僕の音楽を聴いてくれてありがとう!楽しんでもらえたら嬉しいな。応援してくれて本当にありがとう。いつかコンサートで会えることを祈っているよ。


------------
【アーティスト】Kameron Corvet
【タイトル】『Inside Out』
【発売日】2017年3月31日(金) / iTunes、Apple Music限定配信
【トラックリスト】
1. Going Under
2. Did It For You
3. Legends Of The Fall (CJ Remix)
4. Nothing At All
5. Leave It Like That
6. Led Me To You
7. War Within
8. Throw the Rest Away
9. Wish I Could
10. Kiss and Make Up
11. Sophia Quinn
12. Leave It Like That Remix Feat. Consequence

【価格】 ¥ 1,200 (※3/31~4/14の2週間期間限定 ¥900) 

iTunesリンク:リンク

------------
【YouTube】
・Kameron Corvet 『Inside Out』(STAR BASE INTERNATIONAL Official Trailer)
リンク

・Leave It Like That(Official Video)
リンク

・Nothing At All (Official Video)
リンク
------------
【プロフィール】
アメリカ、ルイジアナ出身のシンガーソングライターKameron Corvet (カメロン・コルヴェット)。
音楽一家に生まれ、幼少期より音楽に囲まれて育ち、自然と教会や学校でパフォーマンスを始め、高校時代に両親からクラシックギターをプレゼントされたと同時に、ソングライティングを始める。
2006年にインディーズから1stアルバム「Sayingthings」をリリース。アメリカ国内だけでなく、世界中のインディーソウルシーンで注目を集め、その後も数々の作品をコンスタントに発表。
自身のアーティスト作品だけでなく、ソングライターとしてFreddie JacksonやAvery Sunshineなどの大物アーティストへも楽曲を提供している。
またAdeleをはじめ、Bilal、Dwele、Tamia、Chaka Khanのオープニングアクトとして、世界中でパフォーマンスも行う。最近ではクラシック・ヒップホップのSlum Villageの楽曲に客演として参加するなど、多方面へ活動の場を広げている。
----------------------------
【STAR BASE INTERNATIONAL SNS】
Facebook: リンク
Instagram: リンク
Twitter: リンク
Ameba Blog: リンク
WEB: リンク
----------------------------

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事