logo

あえて言葉にしないけど、愛する夫にいつまでも健康でいて欲しい! 濃いめの味が大好きな夫を持つ妻の小さな挑戦に密着したドキュメンタリー動画「減塩料理|言葉にできない愛を足そう。エスビー食品」公開

エスビー食品株式会社 2017年03月30日 14時00分
From PR TIMES

約76%の人が塩分を気にしているが、毎回減塩している人は約17%程度! 内緒で減塩料理を作ることも愛情だと9割以上の夫婦が思っている!などの調査結果も公開

 エスビー食品株式会社(以下、エスビー食品)は、人々が抱えている「食の悩み」にカレー粉の力で挑戦する「香りとカレーができることPROJECT」を2015年に立ち上げました。
そしてこの度、カレー粉も含むスパイスやハーブの力で挑戦する「香りとスパイスができることPROJECT」としてその提案領域を拡大し、実際のご家庭で「香りとスパイスができること」に挑戦する様子に密着したドキュメンタリー動画「減塩料理|言葉にできない愛を足そう。 エスビー食品」(リンク)を3月30日(木)より公開します。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



 エスビー食品が既婚者女性を対象に独自に調べた調査では、塩分を気にしている人は76.1%という結果や、実際に減塩を常に行っている人は17.4%しかいないという、減塩は意識しているが実際はそこまで行われていないという結果が明らかになりました。
 さらに「『減塩料理』と分かると抵抗があるか?」「気付かない程度の『減塩料理』であれば食べたいか?」との問いには、40代男性では「すごく抵抗がある(15%)」「気付かない程度ならぜひ食べてみたい(37.0%)」と、どちらも30代~50代男性の中で最も多くの回答が得られました。
 そんな悩ましい40代男性の調査結果が出るなか、「夫に内緒で『減塩料理』を作ることは妻の愛情だと思うか」の問いに対する、妻側からの意見を聞くと、実に9割以上が「(夫に)減塩料理を内緒で作ることは愛情だと思う(94.9%)」ということが明らかになりました。

 減塩料理をおいしく楽しむには、どうしたらいいいか。
 エスビー食品では、濃いめの味が大好きな夫に内緒で、スパイスやハーブを活用した『減塩料理』を勉強し、毎日おいしく食べさせてあげたいという妻の小さな挑戦に密着したドキュメンタリー動画を公開することになりました。

ドキュメンタリー動画「減塩料理|言葉にできない愛を足そう。 エスビー食品」

■動画概要
・タイトル:減塩料理|言葉にできない愛を足そう。 エスビー食品
・動画URL:リンク
・公開日:3月30日(木)
・出演者:東京都 齋藤家
     管理栄養士 女子栄養大学生涯学習講師 弥冨(いやどみ)秀江先生

■動画ストーリー
食塩の摂りすぎと健康の関係に関するメッセージから始まり、妻が夫の健康に関する悩み事を切々と語ります。
[画像3: リンク ]



最近夫のお腹が出てきたこと、濃いめの味が好きで醤油やお塩をすぐに使うこと。

[画像4: リンク ]

血圧も125位だったのが2年前から133に…。主人のために頑張ってなかった部分があったかも。

[画像5: リンク ]

だから「おいしい!」と思ってくれて体に良いものを作ってあげたい。
キッチンスタジオにて、弥冨(いやどみ)先生が登場。「スパイスやハーブの香りなどが塩味の物足りなさを補ってくれます」などをレクチャーしてくれます。
[画像6: リンク ]

実際に調理したのち、味見をしてみるとあまりの美味しさにビックリ。その間、夫も仕事に集中。

[画像7: リンク ]

家に帰り、濃いめの味が大好きな夫には減塩料理であることを伝えず、早速習ったばかりの調理法で腕を振るいます。食べる夫、そして、その姿を不安と期待が入り混じる表情で見つめる妻。

[画像8: リンク ]

開口一番「おいしいっす!」の言葉に思わず笑顔がこぼれる妻。彼女が覚えた『減塩料理』は10種類。

[画像9: リンク ]

レシピの紹介。そして再び家族の団らん。「ドレッシング使ってないんだよ。」と得意げな妻。
そして。「『減塩料理』を食べていることを、ご主人は今も知らない。」というコピーで動画は終了。


[画像10: リンク ]


■出演者プロフィール

[画像11: リンク ]

管理栄養士 女子栄養大学生涯学習講師 弥冨(いやどみ)秀江先生

女子栄養大学 生涯学習講師、公益社団法人 日本栄養士会 会員、一般社団法人 女子栄養大学 栄養クリニック 関連講師。長年の病院・企業での豊富な指導・臨床経験をもとに、出版・執筆活動、企業の食品開発・メニュー開発にも携わり、食事療法の新しい領域を創造している。


特設サイト
「香りとスパイスができることPROJECT」(減塩料理おいしくしたい!)
特設サイトURL:リンク

■スパイスとハーブの香りでおいしい減塩料理を。

[画像12: リンク ]


1日の塩分摂取量が、男女ともに厚生労働省が定める目標値を上回っている日本。
塩分をおさえて、その分スパイスやハーブの香りなどで、おいしくて、しかも体にうれしい料理はできないのか!
という思いで管理栄養士の弥冨(いやどみ)秀江先生と一緒においしい減塩料理にチャレンジしました。
[画像13: リンク ]



プロジェクトで使用した「スパイス&ハーブ」について

[画像14: リンク ]


参考資料:調査結果

Q1. 普段の食事で塩分を気にしていますか。
[画像15: リンク ]

Q2. 普段の食事で減塩をどの程度行っていますか。

[画像16: リンク ]



<Q1~Q2の調査概要>
・地域:全国
・対象:20代~50代の主婦 計1,032名
・調査時期:2016年12月
・インターネットによる調査

Q3.「減塩」だとわかる「減塩料理」だと抵抗はありますか。
  また食べていて気が付かない程度の「減塩料理」であれば食べてみたいと思いますか。
[画像17: リンク ]

[画像18: リンク ]



Q4. 夫の健康を気遣い、夫に内緒で「減塩料理」を作ることは妻の愛情だと思いますか。
[画像19: リンク ]

[画像20: リンク ]



<Q3~Q4の調査概要>
・地域:全国
・対象:30代~50代の男女 計600名
・調査時期:2017年3月
・インターネットによる調査

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事