logo

日本×東南アジアの映画・映像専攻学生がフィリピンで共同制作した短編映画をウェブで公開!

独立行政法人国際交流基金 2017年03月30日 14時03分
From 共同通信PRワイヤー

2017年3月30日

国際交流基金アジアセンター

日本×東南アジアの映画・映像専攻学生が
フィリピンで共同制作した短編映画をウェブで公開!
「…and Action! Asia#03: 映画・映像専攻学生交流プログラム」実施

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンター リンクは、日本と東南アジアで映像制作や映画理論を学ぶ学生を集め、グループワークを通してアジアで共に生きる者としての共感や共生、そして将来の作品作りの糧となるグローバルな視野を育むことを目指し、「...and Action! Asia:映画・映像専攻学生交流プログラム」を2015年より実施しています。

3年目となる本年は、フィリピン大学フィルム・インスティトゥート(University of the Philippines Film Institute)と共催、アテネオ・デ・マニラ大学(Ateneo de Manila University)、デ・ラ・サール大学聖ベニルド校(De La Salle -College of St. Benilde)の協力を得て、今年2月末からの13日間にわたり、フィリピンにて、プログラムでは初めてとなる日本国外での映画制作ワークショップを行いました。

ワークショップには日本、フィリピン、インドネシア、タイ、マレーシアの5カ国から映画・映像を専攻する学生19名が集まり、3本の短編映画制作が行われたほか、フィリピン映画界を牽引する映画監督や脚本家らによる特別講義が行われました。完成した3本の短編映画がフィリピン大学Cine Adarnaにて上映された際には、作品に対する講評もなされました。
本短編映画は、本日からオンライン上で公開を開始しました。
(URL: リンク

「…and Action! Asia#03: 映画・映像専攻学生交流プログラム」
【日 程】2017年2月26日(日)~3月10日(金)
【場 所】フィリピン大学(University of the Philippines Film Institute)、
    アテネオ・デ・マニラ大学(Ateneo de Manila University)ほかフィリピン・マニラ圏内
【主 催】国際交流基金アジアセンター
【共 催】フィリピン大学フィルム・インスティトゥート
【協 力】アテネオ・デ・マニラ大学、デ・ラ・サール大学聖ベニルド校
【協 賛】Sony Philippines
【参加校】フィリピン/フィリピン大学、アテネオ・デ・マニラ大学、デ・ラ・サール聖ベニルド校
    インドネシア/ジョグジャ・フィルム・アカデミー(Jogja Film Academy)
    タイ/バンコク大学(Bangkok University)
    マレーシア/マレーシアサラワク大学(Universiti Malaysia Sarawak)
    日本/日本映画大学、名古屋学芸大学、東北芸術工科大学、早稲田大学
【特別講師】ビアンカ・バルブエナ(プロデューサー)
      カルロス・シギオン・レイナ(映画監督)
      アルマンド・ラオ(脚本家)
【映画公開URL】リンク

【…and Action! Asia#03: 映画・映像専攻学生交流プログラムについて】
2015年、日本を含むアジアの映画・映像分野を学ぶ学生による活発な対話や交流のプラットフォームを構築し、これによりアジア域内での交流の裾野を広げ相互理解を促進し、将来的な国際共同製作の可能性を導き出すことを目的として開始した映画交流プロジェクト。2020年に向けて毎年、日本または東南アジアのいずれかの国で各国の学生と教員が集い、その協働プログラムを通して、世界に向けた国際的感覚を培うとともに、各国間の映像教育における継続的なネットワークの形成と交流を促進することを目指します。
Webページ: リンク
Facebookページ:リンク

【国際交流基金アジアセンターについて】 リンク
独立行政法人国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、全世界を対象に総合的に国際文化交流事業を実施する日本で唯一の専門機関です。アジアセンターは2014年4月に設置され、ASEAN諸国を中心としたアジアの人々との双方向の交流事業を実施・支援しています。日本語教育、芸術・文化、スポーツ、市民交流、知的交流等さまざまな分野での交流や協働を通して、アジアにともに生きる隣人としての共感や共生の意識を育むことを目指しています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。