logo

SE向け検証環境をクラウドで構築しコスト削減を実現

TISインテックグループ 2017年03月30日 11時00分
From PR TIMES

~基幹系特化型クラウドサービス「CUVICmc2」を採用~

AJS株式会社(代表取締役社長:河崎 一範、本社:東京都新宿区、以下:AJS)は、SAP(R)エンジニア向け検証環境のクラウド基盤として、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、以下:CTC)の基幹系特化型クラウドサービス「CUVICmc2」を採用しました。AJSは、試験的な導入を経て2017年3月よりシステムエンジニアを対象に検証環境の利用を開始しています。

AJSは旭化成グループの情報システム会社として設立され、30年以上にわたるシステムの開発、運用・保守サポートの実績を持ち、近年はSAP(R) HANA DBを基盤としたSAP(R) S/4HANA分野に注力しています。SAP(R) S/4HANAへの導入および移行案件の増加に伴い、システムエンジニアが最新のSAP製品のスキル習得や検証を行える環境が必要となり、コスト削減とシステム管理者の負担軽減が図れるクラウドサービスの活用を検討していました。

CTCの基幹系特化型クラウドサービス「CUVICmc2」は、パフォーマンスに対する性能保証、高いセキュリティ、実使用量に応じた従量課金が特長です。「CUVICmc2」はシステムの利用頻度や負荷に応じて、メモリ数を1GB単位で柔軟に調整が可能です。AJSはSAP(R) S/4HANAのテンプレート開発を行う際に最適なスペックの環境として採用しました。
AJSでは、従量課金の特長を活かし、月額固定のクラウドサービスと比較して約2割のコスト削減を実現しています。本環境の活用により、増加するSAP(R) S/4HANA案件に迅速に対応し、システムエンジニアのスキル向上およびテンプレート利用(※1)によるコスト削減と短納期化によるビジネス拡大を目指しています。


※1 テンプレートは今後リリース予定です。
※ 記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


【伊藤忠テクノソリューションズについて】
CTCは常に新しい物事に挑戦する進取の精神を表した「Challenging Tomorrow's Changes」を略称として使用しおり、「リーディングカンパニーとしてIT産業の進化を担う」ことを目指しています。

【AJSについて】
TISインテックグループのAJSは、「経営に資するIT」の提供を目指し、SIビジネスの受託開発、クラウドなどのサービスソリューション提供、人事考課システムなどのパッケージソリューション提供を行っています。グループのブランドメッセージである「Go Beyond」を合言葉に、お客様の成長戦略を支えるITブレインとして、「デジタル経営」の進化と深化に貢献します。
リンク

【TISインテックグループについて】
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。


【製品に関するお問い合わせ】
AJS株式会社 営業本部
TEL : 03-6742-5900 E-mail: ajs-sales@isd.ajs.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事