logo

大京、モデルルーム営業職の定休日に3連休を導入

株式会社大京 2017年03月30日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口陽、以下「大京」)は、4月1日より、新築分譲マンションおよび新築戸建を販売するモデルルームの営業職を対象に、毎月原則第2木曜日を法定外休日と設定し、3連休とすることとしましたので、お知らせいたします。

新築マンションや新築戸建をモデルルームで販売する営業職は、土日祝日はお客さまをお迎えするため、平日に休日を取得しております。これまでは法定休日を原則水曜日に、法定外休日を原則火曜日に設定し、月曜日から金曜日にかかる祝日の振替休日をフレックス休日として個人が任意に設定し取得してきました。しかし3連休の取得がしにくく、特に決算期を迎える3月は繁忙期を迎えるため取得が難しい状況がありました。
今回3連休を導入することで、休日を確実に取得できるほか、あらかじめ休日が決まっているため、各自の予定が立てやすくなります。また、モデルルームを1日クローズすることで、業務効率化も図ることができます。
併せて、国の推進する「プレミアムフライデー」についても、同営業職で取得しやすい毎月原則第2月曜日に独自設定し、年休取得やノー残業デーを推奨してまいります。

当社グループは、中期経営計画「Make NEW VALUE2021~不動産ソリューションによる新・価値創造~」を昨年10月に発表しており、社会への貢献と事業規模の拡大を目指すには、社員が意欲的かつ全力で仕事に取り組める職場環境・組織づくりが重要であると考えています。全社を挙げた「職場改革プロジェクト」も始動しており、今後も社員一人ひとりが働きがいのある職場づくりに向けて取り組んでまいります。

※詳細はリリースをご参照下さい

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。