logo

人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」新たに小学校高学年向け教育プログラム(算数)の提供を開始

株式会社COMPASS 2017年03月30日 10時00分
From PR TIMES

人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」を提供する株式会社COMPASS(本社:東京都世田谷区、代表:神野 元基、以下 COMPASS)はこのたび、現在提供中の人工知能型タブレット教材「Qubena」での提供プログラムに、小学校高学年(4年生~6年生)向けの算数メニューを新たに開発し、提供を開始いたしました。これまで、塾での電子教材の導入には個別のコストがかかっていましたが、既存の提携塾では、同一アカウントで中学生のカリキュラムに加えてご利用いただけるようにしました。



「Qubena」は、各生徒がタブレットに入力するあらゆる情報(解答、解答プロセス、スピード、集中度、理解度など)を収集、蓄積、解析して個人に適応させる人工知能型教材タブレット教材です。「生徒が理解していない概念は何か?」や「何が得意で何が不得意なのか?」を解析し、生徒それぞれに合った最適な問題を出すシステムで、これまでにない効率的な学習を支援します。Qubenaは、現在は数学・算数に特化してサービス提供しており、自社が展開する「Qubena Academy(キュビナ・アカデミー)」のほか、全国の学習塾をはじめとし、広く注目、採用いただいております。


[画像1: リンク ]

また2017年夏の提供を目標に、小学校低学年向け、高校生向けの教材についても鋭意開発を進めており、子供たちが効率的に学習を進めて行ける環境を整えてまいります。
リンク

[画像2: リンク ]

■補足:「Qubena」開発背景について

[画像3: リンク ]


教育の現場では、高校生で7割、中学生で5割、小学生で3割の生徒が授業内容を理解できておらず、特に積み重ね学習が重要な算数・数学は理解の遅れを取り戻すのが難しいとされています。このような状況を解決するには、つまずいたところまで遡ってマンツーマン指導を受けるのが理想ですが、人件費などの事情でそうした対策が取られていないのが実情です。そこでCOMPASSは、人工知能を用いた算数・数学のタブレット教材「Qubena」を開発、さらに「Qubena」を活用しマンツーマン指導を低コストで行う「Qubena Academyを開校することにいたしました。

「Qunbena Academy」に通う生徒は、中学3年間の数学の学習範囲を、平均でわずか9ヶ月で修了しています。
また、全生徒は各学年カリキュラム終了時に数検受験を義務付けており、中学1年生で3級(中学3年生修了相当)に合格するなど、数検を受験した全生徒が本来の生徒の学年のレベル以上の級に合格しています。

■株式会社COMPASSについて
COMPASSは「未来の君に会いにいく」を創業時からのスローガンに、子どもたちが生きる未来を一緒に考え、人生を共に歩むことを教育理念としています。18世紀後半にイギリスで起こった産業革命に匹敵するほど劇的な変化が起こると予想される今後30年間の未来を、徹底的に考え抜いて教育を行うことで、全世界の子どもたちの幸せな未来をどこまでも追い続けます。

<会社概要>
会社名 : 株式会社COMPASS
代表  : 神野 元基
本社  : 東京都世田谷区太子堂2丁目15-1 野村三軒茶屋ビル5F
電話番号: 03-6805-5829
メール : info@compass-e.com
URL  : リンク

Copyright(C) COMPASS 
※「Qubena」は株式会社COMPASSの登録商標です。
※記載されている会社名、製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。
※画像はイメージ画像です。実際とは異なる場合がございます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。