logo

「木の次世代茶室コンペティション」最優秀作品 -- 大阪工業大学の学生がデザインした茶室を保育園に設置

大阪工業大学 2017年03月30日 08時05分
From Digital PR Platform


昨年11月に開催された「木の次世代茶室コンペティション」(主催:日本木材青壮年団体連合会)で、大阪工業大学(学長:西村泰志)工学部空間デザイン学科インテリアデザイン研究室(指導教員:大石容一教授)所属の学生たちの共同作品が最優秀賞に輝いた。最優秀作品はプロの建築会社によって実際の茶室として建てられ、3月7日、吹田市くすのき保育園(大阪府吹田市)に設置された。


 同コンペは、園児が生活の中で日本の伝統文化と触れる機会を作り、日本文化教育の再構築を目指すことを目的に、幼稚園・保育園に設置する茶室が課題。

 学生たちは、構想期間を含め約2カ月をかけ、次世代茶室「たく庵」を設計した。コンペのテーマである「次世代」というキーワードから、これまでの茶室の四角く閉じられた部屋のイメージを一新する丸いドーム状の茶室をデザインした。茶室独特の雰囲気を損なわないようにドームの骨格には竹を使用し、竹林をイメージした茶室へのアプローチを設置することで落ち着きのある和の空間を創出。季節の行事の際には、装飾を施すこともでき、園児の情操を養い、好奇心を刺激する作品となっている。

▼本件に関するお問い合わせ先
 学校法人常翔学園 広報室(松下、上田)
 TEL: 06-6167-6208

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事