logo

ギャラクシー・エンターテインメント・グループとモンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メールによる戦略的パートナーシップ締結について

ギャラクシー・エンターテインメント・グループ 2017年03月29日 16時00分
From PR TIMES

マカオとモナコのIR事業者による戦略的パートナーシップ締結

アジア有数の大手デベロッパー兼オペレーターであるギャラクシー・エンターテインメント・グループとモナコ公国のアイコニックな高級ホテル・リゾートの世界的に有名なオーナー兼オペレーターであるモンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メールが、アジア太平洋地区で統合型リゾート(IR)プロジェクトなどエンターテインメント事業の開発・運営で協力する相互コミットメントの合意を発表。2016年12月に日本で統合型リゾート推進法が成立したのを受けて、両社は日本におけるIRの設計・開発・運営において共同で取り組む可能性に言及。

香港およびモナコ公国 2017年3月29日

ワールドクラスの高級統合エンターテインメント・リゾート施設に関わるアジア有数の大手デベロッパー兼オペレーターであるGalaxy Entertainment Group(GEG)とモナコ公国のアイコニックな高級ホテル・リゾートの世界的に有名なオーナー兼オペレーターであるMonte-Carlo Societe des Bains de Mer(S.B.M.)は29日、戦略提携の正式成立を発表した。

この提携は、関連事業と両社ブランドを強化し、アジア太平洋地区で統合型リゾート(IR)プロジェクトなどエンターテインメント事業の開発・運営で協力する相互コミットメントを含んでいる。今回の合意発表は2015年7月のGEGによる対S.B.M.戦略投資に続くものである。

モナコ大公のアルベール2世殿下はGEG会長のルイ・チェウー博士、フランシス・ルイ副会長、マイケル・メッカ社長との会合に際し、Monte-Carlo Societe des Bains de Mer(S.B.M.)とGalaxy Entertainment Group(GEG)がアジア太平洋地区全域の未来プロジェクトなどいくつかの機会で協力する戦略提携(2015年7月24日調印)を全面的に支持すると繰り返した。

GEGとS.B.M.の発表は、日本に将来IRを導入する道を開く「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(統合型リゾート推進法案)を参議院が可決した約3ヶ月後に行われた。

モナコのセルジュ・テル国務相は最近訪問したマカオで、GEGのアジアで名高いワールドクラスの高級統合型リゾート、S.B.M.のモナコにおけるアイコニックで高い評判の豊かな歴史、および大公の決定に言及して、この戦略提携に対するモナコ政府の承認を確認し、両社が互いの事業ポートフォリオとブランドに提供できることを評価した。

GEG会長のルイ・チェウー博士とS.B.M.のジャン=リュック・ビアモンティ会長兼最高経営責任者(CEO)も、共同の取り組みへの相互コミットメントを繰り返した。

GEG会長のルイ・チェウー博士は「世界有数のアイコニックかつ高級ホスピタリティーブランド、S.B.M.の戦略パートナーとして協力できることは光栄である。われわれは2011年に旗艦施設のGalaxy Macauを開業して間もなく、世界で最も豪華な統合型リゾートのいくつかの開発、運営で定評を得ており、S.B.M.とともに、顧客が今後楽しめるさらに高級なホスピタビリティー・エンターテインメント体験をつくることを期待したい」と語った。

S.B.M.のジャン=リュック・ビアモンティ会長兼CEOは戦略提携について「S.B.M. とGEGの企業哲学には共通点がある。従業員と地域社会、環境をサポートする深いコミットメント、ワールドクラス・リゾートの設計・サービスの最高水準維持は全て、S.B.M.自身の企業理念を反映している。GEGのアジアにおける成功は、S.B.M.ポートフォリオの貴重な強化になるに違いない」とコメントした。

2016年12月に日本で統合型リゾート推進法が成立したのを受けて、両社は日本におけるIRの設計・開発・運営において共同で取り組む可能性に期待している。それはGEG、S.B.M.両社が提供する最高のものになるはずである。

この世界的でアイコニックかつ高級なリゾート・エンターテインメントの2社からは今後、事態の進展に関するニュースが発表される。

Galaxy Entertainment Group(HKEx stock code: 27)について
Galaxy Entertainment Group Limited(GEG、またはグループ)は世界有数の大手ホスピタリティー・ゲーミング企業で、主としてマカオのホテル、ゲーミング・統合型リゾート施設を開発、運営している。グループは香港証券取引所に上場され、ハンセン株価指数銘柄である。GEGはマカオの営業許可取得企業6社のうちの1社で、革新的で目を見張る業界トップの資産、製品、サービスを提供した実績がある。それは一貫して大市場を上回る「World Class, Asian Heart(世界一流、アジアの心)」というサービス哲学で支えられている。GEGはマカオで3つの旗艦施設-コタイにある世界最大級の統合型リゾートGalaxy Macau(TM)(ギャラクシーマカオ)、隣接する新設ホテル・エンターテインメント・リテールランドマーク、Broadway Macau(TM)(ブロードウェイマカオ)、半島の受賞歴ある高級施設、StarWorld Macau(スターワールドマカオ)-を運営している。グループはマカオの営業権保有者の中で最大の開発パイプラインを持っている。コタイ不動産区画の第3、第4段階が完成すれば、コタイにおけるGEGの専有面積は200万平方メートル以上に倍増する。GEGはまた、マカオに隣接する横琴島の2.7平方キロの区画に国際レベルの低層、低密度観光リゾートを開発する包括協定を結んだ。このリゾートはマカオのGEG施設を補完して同業他社と差別化し、観光とレジャーのワールドセンターになるというマカオの構想をサポートする。GEGはさらに、特異な「World Class, Asian Heart」ホリデー体験をゲストに提供し、事業展開地のコミュニティーのために持続的な未来を構築することにコミットしている。グループに関する詳しい情報はwww.galaxyentertainment.com を参照。

Monte-Carlo Societe des Bains de Merについて (code ISIN MC0000031187‑BAIN)
欧州高級観光の主要事業者であるMonte-Carlo Societe des Bains de Mer(モンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メール)は、モナコ随一の施設を保有している。伝説的なCasino de Monte-Carlo(カジノ・モンテカルロ)を含むカジノ4軒、Hotel de Paris Monte-Carlo(オテル・ド・パリ・モンテカルロ)、Hotel Hermitage Monte-Carlo(オテル・エルミタージュ・モンテカルロ)、Monte-Carlo Beach(モンテカルロ・ビーチ)、Monte-Carlo Bay Hotel & Resort(モンテカルロ・ベイ・ホテル&リゾート)のホテル4軒、名誉あるミシュランのスター計6つを獲得した4店を含むレストラン33店である。150年に及ぶ歴史がこの伝説的なリゾートの情熱を形成し、ギャンブルおよびエンターテインメント、高級フランス料理、名高いホテル、ぜいたくなショッピング、ウェルネス、不動産の卓越したイメージと国際的な評判をつくり上げた。国家の経済、社会、文化発展の守護者として歴史的な役割を担ってきたMonte-Carlo Societe des Bains de Merは2018年12月、Hotel de Paris Monte-Carloの華麗なリノベーションを披露する。グループはまた、新区画One Monte Carloの開発を主導している。住宅、オフィス、会議室、レストラン、ショップからなる新築ビル7棟は2019年に完成する予定。Monte-Carlo Societe des Bains de Merはフォーミュラ1レース、モンテカルロ・マスターズなどモナコで行われる主要イベントのキーパートナーの1つでもある。グループは現在、4100人以上の従業員を抱え、2015-2016事業年度に4億6140万ユーロの売上高を記録した。グループに関する詳しい情報はwww.montecarlosbm.comを参照。

ギャラクシー・エンターテインメント・グループ
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。