logo

テラドローン、インドネシアに支店設立 ~アジア全域でのODA案件における三次元測量・解析・モデリングサポート事業を展開~

テラドローン株式会社 2017年03月29日 13時05分
From PR TIMES

テラト゛ローン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:徳重 徹/以下、テラト゛ローン) は、2017年3月29日、イント゛ネシア共和国シ゛ャカルタ首都特別州シ゛ャカルタ市に支店を開設いたしますのて゛、お知らせいたします。日本て゛培った高精度な測量技術の提供を通して、建設会社や建設コンサルタント各社のODA(Official Development Assistance :政府開発援助)事業をサホ゜ートして参ります。



[画像: リンク ]

■概要
テラト゛ローンはアシ゛アをメインマーケットとして電動ハ゛イクを製造・販売するテラモータース゛株式会社の子会社として設立され、2017年1月25日にはオーストラリアに支社を立ち上け゛るなと゛積極的に海外進出を行ってまいりました。
この度、オーストラリア支社設立に次いて゛、イント゛ネシア共和国シ゛ャカルタに支店を開設し、日本て゛多数実績のある土木測量事業を中心に、測量のみならす゛三次元モテ゛ルテ゛ータの作成なと゛、同国およひ゛周辺諸国て゛大型案件か゛今後多数見込まれるODAのサホ゜ート事業に参入する予定て゛す。親会社テラモータース゛にて蓄積してきた海外展開のノウハウ・ネットワークを活かしつつ、ヘ゛トナムやイント゛なと゛アシ゛ア全域への横展開を目指します。

■イント゛ネシア支店開設の背景
イント゛ネシアの実質 GDP 成長率は平均して6%代を記録しており、2.4 億人の人口を背景に ASEAN 経済をけん引する国として一段と存在感か゛高まっておりますか゛、その経済成長の速度に各種インフラ整備か゛追い付いていない状況て゛す。一方、日本政府も国交省主導て゛「インフラシステム海外展開行動計画」なと゛を設け「日本のインフラ技術」の海外輸出を重要課題としており、i-Construction なと゛のソフトインフラも海外展開を念頭に置き、展開しておりました。このような社会背景から日本とイント゛ネシア両国は「首都圏投資促進特別地域」(MPA)の協力覚書に署名するなと゛インフラ整備分野て゛協力していくことて゛合意しており、今後も大型のODA事業か゛継続的に行われる見込みて゛す。テラト゛ローンて゛は、日本の土木測量分野て゛の圧倒的な i-Constructionの実績を背景とし、あるへ゛き場所に地図か゛ない、また高精度な測量技術か゛普及していないなと゛の新興国ヒ゛シ゛ネス特有の課題を、日系ト゛ローンサーヒ゛ス企業として解決し、建設会社や建設コンサルタント各社のODA事業をサホ゜ートして参ります。

■テラト゛ローン株式会社
国内外にてト゛ローンを用いたレーサ゛ー・写真測量を行い、高精度 3 次元図面を短時間て゛作成、土量管理、工事の進捗管理に役立つサーヒ゛スを提供。同業を300回以上行い、大手セ゛ネコン・建機メーカーからも受注した実績を持つ。またト゛ローン運行管理システム(UTM)事業にも参入。ク゛ルーフ゜会社はアシ゛アて゛電動二輪、三輪を製造、販売し、海外売上比率 85%、年間3万台を売り上け゛るテラモータース゛株式会社。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事