logo

「ニューススイート」、日本の広告主向けの海外プロモーション用広告販売をスタート

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 2017年03月29日 11時18分
From PR TIMES

リンク



 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する、無料ニュースアプリ「ニューススイート」(News Suite)は、日本の広告主向けの海外プロモーション用広告販売を2017年3月よりスタートしました。

 「ニューススイート」は、インストール総数5,000万、世界70か国で展開し、月間アクティブユーザー数として、700万人が利用しています。BBC、New York Times、Figaroほか数多くの世界の著名ニュースメディアと提携し、各国のローカルニュースを読むことができます。
 この度、海外を含めた広いエリアをカバーする「ニューススイート」の特徴を活かし、日本の広告主向けに、北米、ヨーロッパ圏、ロシアを中心とした日本国外における純広告販売をスタートしました。日本のアカウンティング・オペレーションで、「ニューススイート」を通じて、世界各国に広告主のサービスや商品のブランディングやプロモーションが可能です。「ニューススイート」のユーザーを通じて、海外でプロモーションを行うグローバル企業に適した広告メニューです。
[画像1: リンク ]


英語版「ニューススイート」
[画像2: リンク ]


■海外で展開可能な広告メニュー
既に日本で提供している広告メニューと同様のメニューを、同様の手続きにて、簡単に展開できます。
[画像3: リンク ]


1. ネイティブAD
ニュース記事同様のフォーマットで広告が流れる「インフィード広告」です。記事閲覧に馴染んだ自然な体験から、直接広告主のページへユーザーを誘導する事が可能です。

2. タイアップ広告+プッシュ通知
広告主のメッセージを、「ニューススイート」ユーザーに有益な「タイアップ記事」として「ニューススイート」編集部で制作し、ネイティブADおよびプッシュ通知を通じてお届けするメニューです。

3. スポンサードタブ
ニュースのカテゴリタブひとつを一定期間、まるごと提供する商品です。広告主にフィットしたテーマのニュースタブを「ニューススイート」編集部で編成・作成します。同スペースには広告主のサイトへ誘引するネイティブADに加えて、広告主が発信されているオウンドメディアコンテンツやキャンペーンもニュースの形式で流すことができ、ユーザーへの長期的なエンゲージメントを実現します。

■「ニューススイート」展開国
[画像4: リンク ]


アメリカ、ロシア、EU諸国を中心に世界に展開しているニュースアプリならではの、世界に向けた広告配信が手軽に実現可能です。月間アクティブユーザー数は全世界700万人にのぼります。

■「ニューススイート」ユーザーの特性■
多くの国において、「ニューススイート」ユーザーの特性は類似傾向にあります。経済力があり、デジタル分野への消費の多い、プレミアム志向の男性ユーザーが多く利用しています。

例)「ニューススイート」の英国ユーザーの関心(一般に比して活動的)
[画像5: リンク ]


例)「ニューススイート」の英国ユーザーのオンラインサービスの消費傾向(一般に比して高い)
[画像6: リンク ]


■無料アプリ「ニューススイート」について
「ニューススイート」はいま知りたい「世の中の出来事」と「自分の関心事」、そのどちらにも簡単にアクセスできる、生活のオンオフのニュースが一式(Suite)揃うニュースアプリです。幅広い分野の"いま"がわかる「ニュース」タブと、気になるキーワードに関するトピックスや趣味の専門記事が読める「お気に入り」タブの “2 in 1” クイック切替えが特長です。
2017年1月23日からは日本においてiOS版の提供も開始。 同年3月にはテレビCMも開始。

■「ニューススイート」公式サイト
リンク

■「ニューススイート」アプリのダウンロードサイト
・iOSリンク
・Android版:リンク
※ソニーのXperiaスマートフォンではプリインストールされています

■対応機種
・iOS 9.0以降のiPhoneおよびiPad(日本のみ)
・Android 4.1以降のスマートフォンおよびタブレット

※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

-----------------------------------------------------------------
■海外での広告出稿に関するお問い合わせ
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 「ニューススイート」広告担当
newssuite_ad@jp.sony.com
-----------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事