logo

Cambrios、CAM Chinaを設立し、銀ナノワイヤーの普及をグローバルに促進

Cambrios 2017年03月28日 09時50分
From JCN Newswire


SUNNYVALE, CA AND XIAMEN, CHINA and MUNICH, GERMANY, Mar 28, 2017 - ( JCN Newswire ) - Cambrios Advanced Materials Corporationの親会社で銀ナノワイヤーインクの大手のCAM Holdingsは、最終製品での銀ナノワイヤー技術の活用を拡大・促進するため、中国アモイに子会社を設立することを発表します。業界の第一人者のCC Hsiaoが、チームを構築し率いるために入社しました。CAM Chinaでは、タッチセンサや太陽電池、OLED照明、スマートウィンドウなどの新機器に銀ナノワイヤーを使うお客様に、きめ細かいサポートを提供します。CAM Chinaではまた、米国にあるCambrios Advanced Materials Corpの補完として、銀ナノワイヤーインクの製造も行います。この第二製造拠点はアジアのお客様により近い場所にあるだけでなく、カリフォルニア州サニーベールの既存製造施設に不測の事態が発生して生産が中断した場合に、事業継続に役立ちます。

「CC Hsiaoの指揮の下でCAM Chinaを設立することにより、我々は最高品質の銀ナノワイヤーインクの提供を継続するだけでなく、アジアのお客様に近い場所にサポートチームを置くことができます。」と、CAM Holdings会長のMichael Chiangは述べました。

「中国での姉妹会社設立にたいへん喜んでおります。CAM Chinaのチームの皆さんは、お客様に専門家としてのアドバイスやサポートを行い、お客様の製品内でのClearOhm(R)インクおよびフィルムの認証取得や活用を促進し、サニーベールでの我々の活動を助けてくれるでしょう。」と、Cambrios Advanced Materials Corp社長兼CEOのJohn LeMoncheckは述べました。

「銀ナノワイヤー技術ではトップクラスの企業であるCambriosに入社し、たいへん光栄に思います。」と、CC Hsiaoは述べました。「私たちはお客様に第一級のサポートを提供し、ClearOhm素材を使用したフレキシブルディスプレイや太陽電池などの製品の生産開始を支援するため、経験豊富なチームを作り上げました。」

CC Hsiaoを含むCambriosのリーダーシップチームは、ドイツのミュンヘンで開催されるLOPECに参加します。John LeMoncheckは3月28日午前9:30に本会議開会スピーチを行い、Rahul Guptaは3月29日午後2時のTouch and Hapticsセッションの議長を務めます。ミュンヘンでCambriosチームとの会談をご希望の方は lopec@cambrios.com までご連絡ください。

参照資料
- Cambriosウェブサイト: www.cambrios.com
- LOPEC開催中のCambriosとのミーティングについては: lopec@cambrios.com

CAM Holdings、Cambrios Advanced MaterialsおよびCAM Chinaについて

CAM Holdingsは、子会社のCambrios Advanced Materials(米国カリフォルニア州サニーベール)とCAM China(中国アモイ)を通じて、ナノテクノロジーを使用した業界トップクラスの革新的ソリューションを提供しています。画期的な銀ナノワイヤーベースの透明導電体によって、エレクトロニクス製造が簡素化し、電子デバイスの最終製品のコストパフォーマンスが向上します。同社のClearOhm(R)製品は、従来の素材や手法よりも工学および電気性能が大幅に高い透明導電体です。ClearOhm素材の用途には、タッチスクリーン、EMIシールド、ePaper、OLED照明、薄膜太陽電池などがあります。

メディアお問い合わせ先
Neal Leavitt
Email: neal@leavcom.com
電話: +1-760-639-2900

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。