logo

「eCata」 電子書籍制作に加え、電子書籍取次サービスを開始。 期間限定でEPUB制作料金無料の特別プランの提供を開始。

PRESS RELEASE
報道関係各位
平成29年3月28日
株式会社ダイレクトクラウド

「eCata」 電子書籍制作に加え、電子書籍取次サービスを開始。
期間限定でEPUB制作料金無料の特別プランの提供を開始。

電子書籍ソリューション「Wisebook」の開発販売を手掛ける株式会社ダイレクトクラウド(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:安 貞善)は、拡大し続ける電子書籍市場において、国内の出版各社より収集した電子書籍を、アマゾンKindle及び楽天KOBOなどの電子書店へ流通させる電子書籍制作・電子書籍取次サービス「eCata」を2017年4月3日より開始いたします。


eCata電子書籍取次サービスでは、これまでに出版社から集めた電子書籍を幅広く電子書店へ配信することで、電子書籍資源を有効活用いたします。

出版社に対しては、ダイレクトクラウドが複数の電子書籍ストアに取次ぎ、電子書籍制作代行を行います。面倒な作業をすること無く、スピーディかつスムーズにサポートしていきます。
また、ダイレクトクラウドが電子書籍の取引実態・販売実績を含め電子書店ごとの売上を一括管理することで、煩雑化した業務の効率化や、配信してからの販売収益管理までトータルにサポートしますので、販売に関する専門的な難しい知識を必要としません。

4月3日~5月31日までの期間限定となりますが、EPUB形式のデータをお持ちでない場合、EPUB制作料金無料の特別プランのお申込みを受付中です

関連ページ
リンク

電子書店へは、豊富なタイトルを各端末に向けたフォーマットを用意しております。電子書籍の獲得・制作コストの運用負荷を軽減し、配信の妨げとならないEPUB3に準拠した完全データの提供が可能となります。


電子書籍、電子カタログの制作代行サービス「eCata」について

■「eCata EPUB書籍プラン」の3つの特徴

電子書籍や電子カタログの制作代行サービスである「eCata」で提供しております「EPUB書籍プラン」では、リフロー型のEPUB書籍はもちろん、動画/音声/画像/HTMLなどのオブジェクトが埋め込まれたインタラクティブなフィックス型のEPUB書籍も制作可能です。

1. あらゆる電子書籍のレイアウトに対応することができます。
書籍の特性に合わせて固定レイアウトもしくは可変レイアウトを選択することができます。
固定レイアウトの場合、デジタル教材、雑誌、参考書、問題集等のデザインやレイアウトに対応しています。

2. 既存のデータを利用して、EPUB形式の電子書籍を作成することができます。
PDFファイルを、そのままEPUB形式の電子書籍に変換することができます。
Quark、InDesign等のデータ形式であっても、PDFファイルに変換後EPUB形式の電子書籍に変換することができます。

3. 国内外のグローバル流通社を通じて販売可能な電子書籍を作成することができます。
EPUB3、MOBI形式をサポート。Amazon Kindle、楽天kobo、Apple iBooks、Google Playブックス、ソニー Reader Store、BookLive!、honto等、幅広い環境で販売が可能です。

詳しい料金については、下記サイトに記載。

・電子書籍制作・電子書籍取次サービスサイト 
サイト名:eCata   リンク

・EPUB書籍制作価格表
リフロー型EPUB書籍プラン リンク
固定レイアウト型EPUB書籍プラン リンク


■会社概要
株式会社ダイレクトクラウド
本社   : 〒160-0022 東京都新宿区新宿6-29-20 マツダビル 6F
代表者  : 代表取締役社長 安 貞善
設立年月日: 2004年 5月
資本金  : 99,100,000円
URL   :リンク 

■本プレスリリースに関するお問い合わせ
株式会社ダイレクトクラウド ワイズブック事業部
担当:坂本、柴田
TEL  : 03-5287-1866
FAX  : 03-3209-9455
Webサイト :リンク
Email :sales@ecata.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。