logo

「爛漫桜マジック!お花見幹事必携お役立ちアプリ『桜のきもち』」

鈴与シンワートは吉田幸助氏のコラム「大人のアプリ広場」の最新号「爛漫桜マジック!お花見幹事必携お役立ちアプリ『桜のきもち』」を公開しました。

###
「クローン桜 誕生!」

最新科学の話?

違います。江戸時代、とある村の話。ここで生まれた一本の桜が、
やがて世界を席巻することになります。

◆一本の苗が世界の桜を変えた!
日本の桜の大半は「ソメイヨシノ」という品種。他の品種を押しのけ、
圧倒的な占有率です。割合実に80%強!

多くの方が『桜』と言った場合は、この品種ではないでしょうか?
アメリカのワシントン記念塔に植えられた桜もこの品種。

ただこのソメイヨシノ、歴史はそこまで古くなく、たった一本の苗木から
複製(クローン)により増やされたものだと、みなさんご存じですか?

◆ええ!ルーツは○○??
始まりは江戸時代。そんなに古くない。起源は諸説ありますが、
当時『染井村』と呼ばれた場所で、とある園芸家(名前はよく分かってない)が
交配により誕生させた品種と言われております。

その時つけた名前が『吉野桜』。だから『ソメイヨシノ』と。

ちなみに『染井村』とはどこか?

なんと『駒込』です!

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。