logo

立正大学の学生が道の駅「めぬま」を拠点に作成した、歴史・文化・自然を楽しむ地域情報パンフレットを熊谷市長に贈呈 -- 連携の成果を地域に還元

立正大学 2017年03月28日 08時05分
From Digital PR Platform


立正大学(東京都品川区 学長:齊藤昇)は、同大熊谷キャンパスの地球環境科学部地理学科の学生「町なかゼミと自然有志」が、道の駅「めぬま」との連携企画によりを作成した地域情報パンフレット「めぬまっち」「妻沼自然教室」の贈呈式と連携成果報告を3月30日(木)午後1時から熊谷市役所にて開催する。


 同学科では国宝・妻沼聖天山を有する熊谷市妻沼地区をフィールドに、5年前から「観光まちづくりへの貢献」をテーマとした地域連携を進めており、平成27年度は道の駅「めぬま」との連携企画で観光マップ「妻沼観光案内図」「めぬま自然発見」を作成した。平成28年度は、引き続き道の駅「めぬま」との連携企画を進め、妻沼の歴史・文化・自然を楽しむ2種類の地域情報パンフレット「めぬまっち」「妻沼自然教室」を完成させたもので、各3千部を熊谷市に贈呈する。

■立正大学と道の駅「めぬま」の連携成果報告・贈呈式
・日 時: 3月30日(木)午後1時から
・会 場: 熊谷市役所
・内 容:
   連携企画についての説明  立正大学地球環境科学部教授 片柳勉
   学生制作パンフレット「めぬまっち」「妻沼自然教室」の紹介
                立正大学地球環境科学部学生代表
   熊谷市に「めぬまっち」「妻沼自然教室」(目録)を贈呈
                熊谷市 富岡清市長

■「めぬまっち」「妻沼自然教室」の入手方法
「めぬまっち」はA5判カラー(観音折り)、「妻沼自然教室」はB4判カラーで各6千部を発行、うち各3千部を熊谷市に贈呈。同パンフレットは、道の駅「めぬま」、熊谷市観光案内所、熊谷市役所、立正大学熊谷キャンパスで配布する。

■立正大学(りっしょうだいがく)
・学長:齊藤昇(さいとう のぼる)
・開校144年を迎えた8学部15学科、7研究科、9研究所の総合大学。
・品川キャンパス: 東京都品川区大崎4-2-16
 仏教学部/文学部/経済学部/経営学部/法学部/心理学部
 文学研究科/経済研究科/法学研究科/経営研究科/心理学研究科
・熊谷キャンパス:埼玉県熊谷市万吉1700
 法学部/社会福祉学部/地球環境科学部
 社会福祉学研究科/地球環境科学研究科
・日蓮聖人の「立正安国論」をその校名の由来とする立正大学の建学の精神は、下記の三つである。
 一、真実を求め至誠を捧げよう
 一、正義を尊び邪悪を除こう
 一、和平を願い人類に尽そう

▼取材のお問い合わせ先
 立正大学 リンク
 立正大学研究推進・地域連携課
 熊谷市万吉1700
 TEL:048-536-6019
 学長室広報課
 東京都品川区大崎4-2-16
 TEL: 03-3492-5250
 FAX: 03-3493-9068
 E-mail: contact@ris.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事