logo

1年次から資格を取得する学生が急増 -- 大阪電気通信大学の「実学道場プロジェクト」

大阪電気通信大学 2017年03月28日 08時05分
From Digital PR Platform


大阪電気通信大学では、多くの学生に資格取得の有効性を呼びかける「実学道場プロジェクト」を2014年に開始。以来、資格を取得する学生の数が年々増加しており、第一種電気工事士や、第一級陸上無線技術士、公害防止管理者(水質1種)などの難関資格をはじめ、1年次からICT(情報通信技術)関連の資格を取得する学生も増えている。


 大阪電気通信大学では「実学」を重視した教育のもと、就職に強い大学として資格取得環境の充実に力を入れており、2014年からは「実学道場プロジェクト」を開始。同プロジェクトでは多くの学生に資格取得の有効性を呼びかけ、学生が資格取得を通して得た知識の定着や達成感を体験することで、勉学に対する意欲を一層高めることを目的としている。

 同プロジェクトの具体的な取り組みの一つである「資格取得支援講座」では、教員はもちろん、各資格の分野に精通した元企業出身の熟練技術者である技術系職員からもサポートを受けることができ、より専門的な内容を学ぶことができる。既取得者である学生が未取得の学生に指導するという体制も作られており、双方の学生にとって学習の質を高める良い機会となっている。

 そのほか、資格を取得した学生には、学年やその資格の難易度に合わせて、学長や学部長からの表彰を実施。同大では、1年次から入門レベルのICT(情報通信技術)関連の資格取得を推進しており、ITパスポートやMOSといったICT関連の資格を取得した1年生には「学長奨励賞」を授与する。

 これらの取り組みにより、同大では1年次から資格取得に励む学生も多く、資格取得者の数は年々増加している。
 今後は、授業と授業時間外の学びをつなぐスペースとして「OECU Learning Space」を各キャンパスに開設。資格取得のための各種講座や学生同士の勉強会をより強化することを目指す。

《学長賞 取得者数》
・2014年度
 8人(資格数9件)
・2015年度
 23人(資格数24件)
・2016年度
 40人(資格数41件)
(※)学長賞対象資格…第一種電気工事士、第一級陸上無線技術士、公害防止管理者(水質1種)、第一種ME技術実力検定試験、宅地建物取引士 など

●大阪電気通信大学HP
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人 大阪電気通信大学 広報部広報課
 大阪府寝屋川市初町18番8号
 TEL: 072-824-3325
 E-mail: kouhou@mc2.osakac.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事