logo

マネーツリーの金融インフラプラットフォーム「MT LINK」が横浜銀行の「横浜銀行残高照会アプリ」へ新機能を追加!

マネーツリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役: ポール チャップマン、以下、 「マネーツリー」)の⾦融インフラプラットフォーム「MT LINK」を、株式会社 横浜銀行(代表取締役頭取:川村 健一、以下、「横浜銀行」)が「横浜銀行残高照会アプリ」で採⽤することとなりましたので、ご報告します。



このたびの採用により、横浜銀行の銀行アプリに「一生通帳 by Moneytree」が機能追加されることになります。預金口座の情報が銀行APIを用いて提供されることで、ユーザーの皆さまは預金口座の情報を安全かつ迅速に閲覧できるようになり、横浜銀行以外にも取引金融機関をもっているユーザーの皆さまは、横浜銀行以外の金融機関の情報についても、アプリ上で一元管理できるようになります。マネーツリーが持つアカウントアグリゲーション技術が、横浜銀行のバンキングアプリの魅力を高めることとなります。

(イメージ図)
[画像: リンク ]

国内⾦融機関は「フィンテック」分野への取り組みを加速化しています。弊社が、独⾃のテクノロジーと他に類を⾒ないセキュリティ技術のもとで開発した、個人資産管理アプリ「Moneytree」の基幹技術をAPIプラットフォームとして提供しているのが、⾦融インフラプラットフォーム「MT LINK」です。本日の発表を含めて、MT LINKの連携会社は公式で21社になりました。

既に会計業界においては国内大手の会計会社を含む10社が採用し、業界一のプラットフォームとなっていますが、従来の勘定系システムの資産を生かしつつ、開発費用と期間を縮小することが可能となるため、金融業界では、みずほ銀行、三井住友銀行のメガバンクでの採用に続き、池田泉州銀行、そしてこの度横浜銀行でサービスを開始することとなりました。

マネーツリーは「MT LINK」事業を拡大するもとで、「MT LINK」の顧客のユーザーの皆さまおよびマネーツリーのユーザーの皆さまが、様々な外部サービスを、さらに活用しやすい環境を構築していければと考えております。今後も、マネーツリーは、MT LINK を広く提供するもとで、⽇本の⾦融サービスのユニバーサル化に貢献してまいります。

【横浜銀行残高照会アプリについて】
「横浜銀行残高照会アプリ」は、横浜銀行のキャッシュカードを所有していれば、その場ですぐに24時間、「残高照会」・「入出金明細照会」がおこなえるスマートフォン用アプリです。 入出金明細照会の自動取得機能をONに設定しておくと、入出金明細の更新をお知らせ通知を利用することができます。

【マネーツリーについて】
2012年に、人々とお金のあり方を劇的に変えることをミッションに日本で起業。2013年よ り、銀行、カード、電子マネー、マイル・ポイント、証券を自動で一括管理する個人資産管理サービス「Moneytree」を提供し、AppleのBest of 2013、Best of 2014を2年連続で受賞。2015年より、金融インフラプラットフォーム「MT LINK」を開始し、三大メガバンク系ファンドから一斉に投資を受け、IBM および 米MasterCardの公式パートナーとして選出される。日本国内に限らず、大きくビジネスを変え、もっとも信頼されるユニバーサルなプラットフォームを目指す。

【MT LINKについて】
MT LINKは、国内 2,600社以上の銀行口座(個人、法人)、クレジットカード、電子マネ ー、マイル・ポイントカード、証券口座の金融データを標準化し、API として提供することで、既存のシステムとシームレスに接続。IBMのBluemixと初の公式ファイナンスAPI として連携し、会計、金融、不動産賃貸管理、自動車整備、経費精算、請求書発行、資産運用などの領域で、顧客に新しい価値を提供する金融インフラプラットフォーム。利用しているMoneytreeと同じアカウント情報で、MT LINKと連携しているサービスへ自身の情報にアクセスができるという利便性、業界最高水準のデータ更新スピードとプライバシー保護方針、また業界での中立性が高く評価されている。現在、弥生、TKCなどの大手会計会社、みずほ銀行、三井住友銀行などのメガバンク、地方銀行、セールスフォース・ドットコム、オラクル、カシオなど合計21社に提供している。

【会社概要】
会社名:マネーツリー株式会社
代表取締役:ポール チャップマン
資本金: 13.3 億円(資本準備金を含む)
設立日: 2012年4月23日

【サービス】
「Moneytree」個人資産管理アプリ
「Moneytree Work」経費精算、法人口座用モバイルデータアグリゲーションサービス
「MT LINK」企業向け金融インフラサービス

Moneytree ウェブサイト
リンク
MT LINK ウェブサイト
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。