logo

「一帯一路」音楽祭が町にやって来る

Shenzhen Culture, Sports and Tourism Administration 2017年03月27日 14時55分
From 共同通信PRワイヤー

「一帯一路」音楽祭が町にやって来る

AsiaNet 67938 (0446)

【深セン(中国)2017年3月24日新華社=共同通信JBN】Shenzhen "Belt and Road”International Music Festival(深セン「一帯一路」国際音楽祭)が3月25日開幕する。音楽祭の主催者によると、会期中16回のコンサートが開かれ、「一帯一路」地域の約30カ国から傑出したミュージシャンが公演する。

内外12の芸術グループからの700人を超えるミュージシャン、アーティストがShenzhen Concert Hall、Shenzhen Grand Theater、Shenzhen Poly Theater、Shenzhen Children’s Palaceの4会場で3週間にわたり公演する。

同市の文化・スポーツ・観光局長であるチャン・へユン氏は「音楽祭は音楽を架け橋として『一帯一路』に沿った64カ国間のコミュニケーションと友情を高めることを目指している」と述べた。

チャン氏によると、音楽祭出演者は全員が「一帯一路」沿いの国々の出身で、公演はシルクロードの歴史と文化と密接につながるものになる。

3月25日に行われるShenzhen Concert Hallでの開幕コンサートでは、アルバニア、ルーマニア、エジプト、チェコ、スロバキア、ベトナム、タイなど10カ国のミュージシャンが深セン・シンフォニーオーケストラと共演する。

ウィーン交響楽団、Bollywood Film Song and Dance Company、カナディアン・ブラス(Canadian Brass)、リトアニア室内管弦楽団など世界的に知られたオーケストラやチームがフェスティバルの間、テーマ別のコンサートを開く。

フランスの音楽家グザヴィエ・ドゥ・メストレは4月8日、Shenzhen Concert Hallでハープのソロコンサートを開く一方、ポーランドの有名なピアニスト、アダム・コシュミエヤは4月14日Shenzhen Grand Theaterでソロコンサートを開く。

中国音楽も音楽祭では重要な役割を果たす。伝統的な中国の弦楽器と木管楽器のコンサートが4月15日Shenzhen Grand Theaterで上演され、3月28日には香港中楽団(Hong Kong Chinese Orchestra)がShenzhen Concert Hallでコンサートを開く。

この音楽祭は深セン市政府と中国音楽家協会の共催で、4月16日に閉幕する。最終日は、深セン・コンサートホールで中国国家交響楽団の公演で締めくくられる。

深セン住民は4会場の公式サイトでチケットをオンライン予約できる。各会場のサイトは、Shenzhen Grand Theater(www.szdjy.net )、Shenzhen Poly Theater(www.polytheatresz.com )、Shenzhen Concert Hall(www.szyyt.com )、Shenzhen Children's Palace(www.szcp.com )。

ソース:Shenzhen Culture, Sports and Tourism Administration

画像のリンク先は
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事