logo

スペイン王室御用達ワイナリー「コドーニュ」より「BARCELONA(バルセロナ)1872」日本限定発売

キリン株式会社 2017年03月27日 14時00分
From Digital PR Platform


メルシャン株式会社(社長 横山清)は、カバ(スペイン産スパークリングワイン)の本場スペインNo.1ブランド※1であり、スペイン王室御用達ワイナリーである「コドーニュ」から「BARCELONA(バルセロナ)1872」を、6月27日(火)より全国で発売します。
※1 金額ベース、2016年スペイン国内販売実績、IRI調べ

日本におけるスパークリングワインの市場/消費量は堅調に推移しています※2。この背景には幸せな時間を誰かと共に楽しみたいお客さまの心理が後押ししていることが当社調べで分かりました。当社とコドーニュ社は、「スパークリングワインのある幸せな時間」を楽しんでいただくことを目的に、両社にとって初の試みとなるコンセプト立案からの共同商品開発を行いました。
※2 インテージSRI スパークリングワイン市場 推計販売規模(金額・容量) 2012年1月-2016年12月/全国/業態(SM計)

「BARCELONA(バルセロナ)1872」は、お客さまがスパークリングワインを飲むシーンや、その際に感じられている期待・価値などの心理を調査し、それらに対応出来るスパークリングワインとして具現化した新商品です。コドーニュ社が本拠を置くBARCELONA(バルセロナ)の明るくオープンな雰囲気をイメージしたパッケージや、スペイン王室御用達ワイナリーによる果実味あふれる確かな味わいが、開発コンセプトである「親しい人たちと手の届く幸せな時間の扉を開けるスパークリングワイン」を表現しています。「BARCELONA(バルセロナ) 1872」を通じてスパークリングワインを楽しむシーンを創出し、多くの方にワインの楽しさに触れていただくことで今後のワイン市場のさらなる活性化を図ります。

●コドーニュ社について
1551年に創業された、バルセロナ近郊、ペネデスのサン・サドゥルニ・デ・ノヤに本拠を構えるワイナリーです。コドーニュ社は、1872年にスペインで初めてシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵製法によるスパークリングワインを製造し、これが『カバ(CAVA)』の誕生となりました。1897年にカバで初めてのスペイン王室御用達ワイナリーに指定され、今日に至るまで王室にカバを供給し続けています。2017年、メルシャン社とコドーニュ社は販売代理店契約開始から40周年を迎えます。

●中味について
スペインの太陽の下で育まれたブドウを使用。「コドーニュ」らしいはつらつとした果実味とシャルドネ由来のシャープさのバランスに優れた味わいです。瓶内二次発酵による細やかな泡立ちが楽しめる辛口スパークリングワインです。

●パッケージについて
お客さまの声から立案した商品コンセプトをもとにコドーニュ社が本拠を置くバルセロナをイメージしたパッケージデザインです。親しい人達と乾杯をする楽しい時間をより華やかに演出します。

〔商品概要〕
1.商品名・色・アルコール 「コドーニュ BARCELONA(バルセロナ) 1872」・白・11.5%
2.容量・容器 750ml・びん
3.カテゴリー分類 果実酒
4.発売日 6月27日(火)
5.発売地域 全国
6.価格 オープン価格

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。