logo

日本初のIoTデバイスを集結させたスマートホステル「&AND HOSTEL」が東京浅草北に4月上旬にオープン!

and factory株式会社 2017年03月27日 11時25分
From PR TIMES

~新たなコラボレーションによりユーザー体験価値がより進化した施設に~

and factory株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:小原崇幹 以下「and factory」)は、日本初となるIoT体験型宿泊施設であるスマートホステル「&AND HOSTEL」の2号店を4月上旬に東京・浅草北に開業します。「&AND HOSTEL」はand factoryがプロデュースする最先端IoTデバイスを1ヶ所に集結させた「日本初のスマートホステル」です。本施設は近未来のIoTルームを設置することにより部屋自体がエンターテイメント空間となり、宿泊体験を観光目的の一つとしてお楽しみ頂ける内容となっています。



[画像1: リンク ]

「&AND HOSTEL」は単なる宿泊施設としてだけではなく、以下の3つの価値を創造する日本初のユニークな《場》となっています。

1 日本のIoT技術力を世界へ発信するプレゼンテーションの場
2 IoTデバイスの技術開発/実証実験の場
3 IoTプラットフォーム構築の研究/改善の場

and factoryは、2016年8月に「&AND HOSTEL」第一号店を福岡・博多でプロデュースし、九州大学を始め、福岡市を拠点とする研究機関・NPO法人・企業と連携を図り、将来にあるべきIoTプラットフォームの構築や新たなIoTビジネスモデルの創出に向けた活動を推進しております。

今回、初の首都圏での出店に際し、現在も下町情緒を感じさせる観光の街として訪日外国人に人気の高い浅草エリアを選定し、4月上旬に開業することにしました。浅草北での出店を機に、施設内に組み込まれているIoTデバイスを連携させ、統制・制御するプラットフォーム「&IoT」を改良し、連携するIoTデバイスの追加とユーザー体験の進化を実現しています。また、複数のIoTデバイスを組み込んだ客室(IoTルーム)だけでなく、共有のダイニングラウンジスペースにも多数のIoTデバイスを設置することで、宿泊客だけでなく、「&AND HOSTEL」への来客者すべての方々がIoT体験できるようになっています。

さらに、浅草北出店では、様々な企業とコラボレーションし、新たな取組を実施していく予定です。「&AND HOSTEL」をこれまでの宿泊施設の概念を超えたIoTを基軸としたスマートホステルブランドとして成長させて参ります。※「&AND HOSTEL」はand factory株式会社の商標または登録商標です。
※本施設「&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH」はand factoryと株式会社PLAY&co(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木学 以下PLAY&co)が共同で推進する事業であり、運営主体はPLAY&coとなります。

【採用IoTデバイス一覧】
※デバイス連携イメージ
[画像2: リンク ]

・ MESH / ソニー株式会社
スイッチやセンサーの機能を搭載した7つの電子タグを、MESHアプリにつなげて操作することでIoTの仕組みをつくることができます。
[画像3: リンク ]


・ iRemocon / 株式会社グラモ
スマホやタブレットと連携できるネットワーク接続型の高機能学習リモコンです。
[画像4: リンク ]


・ Qrio Smart Lock / Qrio株式会社
世界最小の接地面積で様々な条件のドアに取り付けられるスマートキーです。
[画像5: リンク ]


・ Philips Hue / フィリップスライティングジャパン合同会社
スマホを使い、調光や1600万色以上もの調色ができるスマートLED照明です。
[画像6: リンク ]


・ mornin' / 株式会社ロビット
スマホで設定した時刻にカーテンが自動で開き、太陽の光で快適に目覚めることができます。
[画像7: リンク ]


・ タッチ型ディスプレイ / KDDI株式会社
大型のマルチタッチディスプレイでインタラクティブなコンテンツが提供可能です。
[画像8: リンク ]


・ FLOOME / 2045Tech
呼気中アルコール濃度を測定し、スマートフォンに直接結果を送信します。
[画像9: リンク ]


・ Petcube /  Petcube, Inc.
スマートフォンを通じてどこからでもペットたちを見守り、話しかけ、遊んであげられます。
[画像10: リンク ]


・ SOUND TABLE / KAMARQ HOLDINGS PTE.LTD
天板全体が、スピーカーになっている新規技術を搭載したテーブルです。
[画像11: リンク ]


・ meural
アートや写真など2万点以上の作品を映し出すデジタルキャンパスです。
[画像12: リンク ]



【IoTを活用したユーザー体験】
現状、IoTデバイスを動かすアプリは各々専用アプリが必要です。「&AND HOSTEL」では、採用デバイスの横断的なプラットフォームとして「&IoT」を開発しました。「&IoT」のアプリひとつで、客室の至るところに設置してあるデバイスの操作が可能です。
※&IoTアプリ画面例
[画像13: リンク ]

1、 スマートフォンで客室の鍵を制御
2、 客室内のTV,エアコン,空気清浄機などの家電を制御
3、 シャワールーム・共有洗濯機の空き状況確認とシャワールームの予約
4、 日の出と連動したカーテンの自動開閉などの目覚まし機能
5、 快適な入眠状況を作り上げるナイトモード機能
6、 客室内の温度/湿度を感知してアラートを上げる 等々


【&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH 概要】
住所:東京都台東区日本堤2-4-7
交通:東京メトロ日比谷線「南千住」駅徒歩6分、「三ノ輪駅」徒歩8分
面積:212.79平米
定員:36名
客室:Dormitory3,000円 / TwinRoom8,000円 / IoT SemiDouble 7,500円 / IoT TwinRoom 8,500円
公式WEBサイト : リンク
企画・プロデュース:and factory株式会社
運営:株式会社PLAY&co

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事