logo

人工知能(AI)の研究開発へ4月1日付で「AIリサーチセンター」を新設

TKC 2017年03月27日 09時00分
From PR TIMES

―― 社長直轄の専門組織で、製品・サービスへの活用めざす ――

株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:角 一幸)は4月1日付で、人工知能(AI)の研究開発を行う専門組織「AIリサーチセンター」を新設します。



これは日進月歩で発展するAIの最新動向を収集・分析し、社内利用および当社が提供する製品・サービスへの活用を図るために開設するものです。社長直轄の組織とすることで、実用化に向けた研究開発を加速させていきます。

TKCでは、2016年11月にシステム開発部門を中心とした「ビッグデータ・AI活用検討プロジェクト」を立ち上げ、AI活用の可能性について検討を進めてきました。
この成果を踏まえて、製品・サービスへの実装を早めるためにAIリサーチセンターを設置したものです。AIリサーチセンターでは先端技術や製品の研究を行うとともに、1~2年後の実用化を見据えて社内外から活用アイデアを募り、それをもとにプロトタイプ版の制作・評価、機能搭載への技術的支援などに取り組みます。
また、ビッグデータ・AI活用検討プロジェクトは、新組織の下で活動を継続します。

こうした活動を通じて、当社では今後も“安全・安心・便利”な製品・サービスの提供に努め、お客さまの事業活動をご支援してまいります。

【新組織の概要】
1.組織名称 AIリサーチセンター(TKC栃木本社内に設置)
2.開設日  2017年4月1日
3.活動内容
●先進技術・製品についてより深く調査研究し、その成果を社内で共有する
●AI活用アイデアを収集し、プロトタイプ版の作成・評価を行う
●社内システム、提供する製品・サービスへの機能搭載の技術的支援を行う

■取り組みの背景
昨今、ICTの世界は、これまでにない速度で進化しています。
なかでもAIについては、多くの企業や組織において研究・実証実験が盛んに行われており、当社でも昨年、ビッグデータ・AI活用検討プロジェクトを立ち上げ次世代サービスの基盤や活用のあり方などの検討を続けてきました。
この成果を踏まえて、社内での活用はもちろん、当社のお客さま(会計事務所や中小企業、中堅大企業、地方公共団体、弁護士など)向けの各種製品・サービスにおいてAIを活用した“より便利な機能”を提供すべく、社長直轄の専門組織AIリサーチセンターを設置して研究開発を進めることにいたしました。

■組織およびプロジェクトの関連図

[画像: リンク ]

                                                以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。