logo

「メ~テレ」×「宣伝会議」 コラボプロジェクト 企業の“想い”と全国のクリエイターの“発想力”を繋ぐ動画コンテスト「モノがたりアワード」を実施

メ~テレ 2017年03月24日 16時58分
From PR TIMES

メ~テレ(名古屋テレビ放送)は、公募形式のコンテストについて豊富な運営実績をもつ、株式会社宣伝会議と連携し、2017年度から動画コンテスト「モノがたりアワード」を実施します。



[画像: リンク ]


魅力的な商品やサービスには、必ずそれが生み出された背景(物語)があります。
「モノがたりアワード」とは、“商品やサービスの背景にあるストーリー”=「モノがたり」を、クリエイターの発想力を活かした動画コンテンツとして映像で表現、発信してもらう公募コンテストです。
誰もが影響力のある動画の発信者となれる時代、各企業が自社の商品やサービスに込める“想い”と、まだ世に埋もれているクリエイターの“発想力”をメ~テレが繋ぎ、世界に通用する動画コンテンツとして名古屋から全国へ、世界へと発信します。

◎募集から作品発表の流れ
【募集】
参加各社の募集用の「課題(モノがたり)」を設定⇒各社からのメッセージなどのオリエンテーション動画を制作、HPにて紹介。
  ↓
【応募】
そのメッセージを受けて、全国のクリエイターが独自の視点で作品(動画コンテンツ)を創作。
  ↓
【発表】
さまざまなクリエイティブアイデアの中から“モノがたり”=モノにまつわるストーリーを評価。テレビ番組、雑誌、WEBにて受賞作品を発表。


作品募集用のオリエンテーション動画は、メ~テレが取材・制作して特設HP上で紹介し、クリエイターの共感や応募意欲を高めます。
募集告知から審査、結果発表まで、宣伝会議とメ~テレが連携して行います。
受賞作品は、2017年秋以降に宣伝会議の発行媒体で発表すると共に、メ~テレの特別番組にて紹介します。


◆「宣伝会議×メ~テレ」の強力タッグ
●「宣伝会議」の強み
・クリエイターとのつながり(プロ・セミプロ・アマ)
・公募形式のコンテストの豊富な運営実績(宣伝会議賞、BOVAなど)
 ⇒安定した運営および応募者の質の確保

●メ~テレの強み
・モノにまつわる“ストーリー”の取材、紹介(映像制作)
・地上波での募集…広範囲、新規のクリエイター発掘
・優秀作品の発信(特別番組のOA)
 ⇒情報とコンテンツの強力な「出し口」


【宣伝会議とは】
1954年に日本で最初の宣伝・広告の専門誌として月刊「宣伝会議」を創刊。以来、宣伝・広告分野の最新動向から、コミュニケーション戦略、マーケティング活動に役立つケーススタディなど、マスコミ・広告界で働く方々にとって役立つ情報を総合的に提供しています。


<第1回「モノがたりアワード」概要>  主催:メ~テレ 宣伝会議
◆作品募集期間: 2017年7月~9月
◆募集告知: オフィシャルサイト、宣伝会議発行媒体、メ~テレ制作番組・告知CMなど
◆応募方法: 各社とも下記の2形式を受付
   1.動画(動画ファイル) 2.コンテ(絵コンテ、写真コンテ)
◆入賞作品の発表: 2017年11月~
   オフィシャルサイト、宣伝会議発行媒体、メ~テレ特別番組
◆賞およびその内容: グランプリ(1点)/協賛企業賞/審査員特別賞/学生特別賞
◆審査員: 広告界代表者、テレビ番組制作者など

<今後のスケジュール(予定)>
■6月:オフィシャルサイトオープン
■7~9月:応募受付
■10月:審査
■11月~:受賞作品決定~授賞式、宣伝会議発行媒体での発表、特別番組放送

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。