logo

NANDフラッシュ向けソフトウェア・エラー訂正(ECC)パッケージ販売開始

NANDフラッシュ向けソフトウェア・エラー訂正(ECC)パッケージ販売開始

ポジティブワンは、NANDフラッシュ向けソフトウェア・エラー訂正(ECC)パッケージ販売開始いたします。SEGGER製emFile File SystemまたはUSBメモリスティックやファイルシステム製品などの他の方法で保存させるストレージ層だけで使用することができます。

ポジティブワン株式会社は、ソフトウェア・エラー訂正(ECC)パッケージを採用し、NANDフラッシュの全スペクトルをマイクロコントローラベースの組み込みシステムで使用できるようにする、ソフトウェア・エラー訂正(ECC)パッケージの販売を開始します。 サポートするメモリチップは、高容量、低価格の一般向け用NANDフラッシュです。

マルチレベル(MLC)またはトリプルレベルセル(TLC)テクノロジによる一般向け用NANDフラッシュは、最大40ビットのエラーを検出して訂正できるエラー訂正コードが必要です。 これまで、これには、MLC NANDフラッシュ・コントローラを内蔵した高価なアプリケーション・クラスのマイクロプロセッサが必要でした。

SEGGERの新しいエラー訂正ライブラリにより、標準の32ビットマイクロコントローラはMLCとTLC NANDにアクセスできるようになり、設計時の選択肢が幅広いホストマイクロコントローラとフラッシュメモリへ拡大しました。

この新しいソフトウェアパッケージは、限られたフラッシュと(特に)RAMを搭載した組み込みプロセッサをベースに設計されていますが、最高25 MB /秒の高性能を有します。 このソフトウェアはあらゆる組み込みシステムに簡単に統合できるので、大容量ストレージを低コストで必要とするアプリケーションでナンバーワンの選択肢となります。

この技術は、SEGGER製emFile File SystemまたはUSBメモリスティックやファイルシステム製品などの他の方法で保存させるストレージ層だけで使用することができます。

ストレージのギガビットを必要とするIoTデバイスの増加と、ボードスペースと高いコストを重視することにより、SEGGERのソリューションは、ターゲットデバイスを幅広くから選択することができ、それが大きな違いを生み出すのです。

emFileについて
SEGGER製emFileは、リソースの使用とパフォーマンスに最適化した非常に効率的なファイルシステムです。 FATファイルシステムと、ロイヤルティーなしで長いファイル名を使用できる独自のファイルシステムEFSの2つのバージョンを用意しています。
emFileのドライバレベルはフェールセーフ装置を備え、データが破損するリスクを排除します。 上位ファイルシステムにフェールセーフ装置を追加するには、EFSとFATの両方に高性能のジャーナリングオプションが必要です。
一般的なフラッシュメディアはすべてemFileでサポートされます。 SDカード、MMC、コンパクトフラッシュなどの取り外し可能なメディアだけでなく、NOR、NAND、データフラッシュなどの内部フラッシュメモリもサポートします。 内部フラッシュメモリのドライバには、洗練されたウェアレベリングアルゴリズムが含まれます。 ウェアレベリングは、ファイルが異なる頻度で修正される可能性も考慮に入れています。

【Segger製品紹介ページ】
リンク

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL リンク

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。